第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 Aさん(43歳、女性、公務員)。乳癌で手術を受け、手術後1か月で職場復帰となった。復帰後も仕事を継続しながら化学療法、放射線療法、ホルモン療法を行う予定である。
 Aさんが利用できるのはどれか。2つ選べ。

1.医療扶助
2.傷病手当金
3.介護保険制度
4.高額療養費制度
5.確定申告による医療費控除

解答4・5

解説
1.× 医療扶助
2.× 傷病手当金
3.× 介護保険制度
4.〇 正しい。高額療養費制度
5.〇 正しい。確定申告による医療費控除

 

 

 

 

 

32 介護老人福祉施設から保健所に、インフルエンザを発症する入所者が増加しており集団感染が懸念されるので、どのように対応したらよいかとの相談があった。
 感染拡大防止のために保健所が施設に行う指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.未発症の入所者にN95 マスクを着用させる。
2.発症した職員の復帰は解熱の翌日からとする。
3.インフルエンザワクチン未接種の職員は自宅待機させる。
4.多数の入所者が集まって実施しているレクリエーション活動を休止する。
5.職員および面会者が入所者の部屋へ入退室する時にアルコールで手指消毒を行う。

解答4・5

解説
1.× 未発症の入所者にN 95 マスクを着用させる。
2.× 発症した職員の復帰は解熱の翌日からとする。
3.× インフルエンザワクチン未接種の職員は自宅待機させる。
4.〇 正しい。多数の入所者が集まって実施しているレクリエーション活動を休止する。
5.〇 正しい。職員および面会者が入所者の部屋へ入退室する時にアルコールで手指消毒を行う。

 

 

 

 

 

33 自治体の保健師が行う業務管理はどれか。2つ選べ。

1.地域活動計画と他部門の計画との整合性を判断する。
2.活動の評価結果を翌年度の計画に反映させる。
3.専門性を向上させるための研修を実施する。
4.地域のニーズを踏まえた地域診断を行う。
5.相談や訪問などの記録を管理する。

解答1・2

解説
1.〇 正しい。地域活動計画と他部門の計画との整合性を判断する。
2.〇 正しい。活動の評価結果を翌年度の計画に反映させる。
3.× 専門性を向上させるための研修を実施する。
4.× 地域のニーズを踏まえた地域診断を行う。
5.× 相談や訪問などの記録を管理する。

 

 

 

 

 

34 平成27年度(2015年度)の社会保障給付費で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.医療給付費が最も多くを占める。
2.雇用保険の失業給付が含まれる。
3.給付総額は年間300兆円を超える。
4.給付総額は前年度よりも減少している。
5.国民1人あたりの給付費は約90万円である。

解答2・5

解説
1.× 医療給付費が最も多くを占める。
2.〇 正しい。雇用保険の失業給付が含まれる。
3.× 給付総額は年間300兆円を超える。
4.× 給付総額は前年度よりも減少している。
5.〇 正しい。国民1人あたりの給付費は約90万円である。

 

 

 

 

 

35 医療法に基づき都道府県が定める医療計画における5疾病に含まれるのはどれか。2つ選べ。

1.がん
2.結核
3.脳卒中
4.慢性肝炎
5.気管支喘息

解答1・3

解説
1.〇 正しい。がん
2.× 結核
3.〇 正しい。脳卒中
4.× 慢性肝炎
5.× 気管支喘息

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。