第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 11月4日、特別養護老人ホームの看護師から「施設の入所者A さん(87歳、女性、要介護4)に2日前から微熱があり、食欲がないため受診したところ、医師から結核の疑いがあると言われた」と保健所に相談があった。保健師が状況を確認したところ、現在はAさんを個室に移動し、介護にあたる職員はマスクを着用している。Aさんに呼吸器症状はない。特別養護老人ホームでは毎年1回健康診断を実施しており、半年前に実施した健康診断の結果では、Aさんに特に異常はなかったという。

36 この時の保健師の対応で適切なのはどれか。

1.A さんに結核専門病院の受診を促す。
2.A さんの居室を消毒するよう指導する。
3.特別養護老人ホームを11月4日に訪問する。
4.特別養護老人ホームの全入所者の面会を制限するよう伝える。

解答

解説
1.〇 正しい。A さんに結核専門病院の受診を促す。なぜなら、今後の対応方法を明確にするため、確定診断が必要であるため。
2.× A さんの居室を消毒するよう指導する必要はない。なぜなら、結核は空気(飛沫核)感染する疾患であるため。
3.× 特別養護老人ホームを11月4日に訪問する必要はない。なぜなら、設問の特別養護老人ホームでは個室管理やマスクの着用などにより、結核の疑いがある患者への対応ができているため。特別養護老人ホームでの対応が困難な場合には訪問することもある。
4.× 特別養護老人ホームの全入所者の面会を制限するよう伝える必要はない。なぜなら、他の入所者については、現時点で設問中に結核を疑うような症状の情報はないため。

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 11月4日、特別養護老人ホームの看護師から「施設の入所者A さん(87歳、女性、要介護4)に2日前から微熱があり、食欲がないため受診したところ、医師から結核の疑いがあると言われた」と保健所に相談があった。保健師が状況を確認したところ、現在はAさんを個室に移動し、介護にあたる職員はマスクを着用している。Aさんに呼吸器症状はない。特別養護老人ホームでは毎年1回健康診断を実施しており、半年前に実施した健康診断の結果では、Aさんに特に異常はなかったという。

37  11月6日の夕方、A さんを診察した結核専門病院の医師から保健所に、結核の発生届が提出された。診断名は肺結核で、喀痰塗抹検査陽性、喀痰培養検査中、核酸増幅法で結核菌が確認された。胸部エックス線撮影で空洞病変が認められた。感染症対策担当の保健師は主治医に連絡し、届出内容の確認を行った。Aさんには抗結核薬3剤による薬物治療が開始された。
 この時の感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく保健所の対応で、優先度が高いのはどれか。

1.A さんとの面接
2.入院勧告の手続き
3.医療費公費負担の手続き
4.特別養護老人ホームへの積極的疫学調査

解答

解説

Aさんは診察の結果感染性のある肺結核と診断されたため、まずは『感染症法』に基づく「選択肢2.入院勧告」を行う必要がある。入院勧告制度とは、患者の人権を尊重し、入院の必要性などを患者に説明し、患者の理解を得るよう努め患者の意思による入院を促すものである。勧告による入院は72時間を超えてはならないこととなっており保健師は、入院勧告の手続きにより、Aさんの入院に対する同意を確認し、その後、「選択肢1.Aさんとの面談」で、認め患者登録に必要な情報を得る。また、この場合の入院は、『感染症法』に基づく医療費公費負担の対象となるため、保健師は申請に必要な書類の説明や準備などの「選択肢3.医療費公費負担の手続き」を行う。したがって、「選択肢2.入院勧告の手続き→選択肢1.A さんとの面接→3.医療費公費負担の手続き」の順の優先度となる。
4.× 特別養護老人ホームへの積極的疫学調査は優先度は低い。なぜなら、現時点では、『感染症法』に基づいたAさんの入院勧告などの入院や患者登録に関する手続きが優先されるため。

『感染症法』に基づく入院勧告制度

『感染症法』が制定される以前は感染症による入院勧告制度がなく、患者の意思に関係なく、入院命令が出されるなどの人権を尊重する手続きが十分ではなかった。そのため、現在の『感染症法』においては、強制的な入院の措置を行うのではなく、入院勧告制度により、患者の意思を尊重した入院手続きをとることが定められている。

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 11月4日、特別養護老人ホームの看護師から「施設の入所者A さん(87歳、女性、要介護4)に2日前から微熱があり、食欲がないため受診したところ、医師から結核の疑いがあると言われた」と保健所に相談があった。保健師が状況を確認したところ、現在はAさんを個室に移動し、介護にあたる職員はマスクを着用している。Aさんに呼吸器症状はない。特別養護老人ホームでは毎年1回健康診断を実施しており、半年前に実施した健康診断の結果では、Aさんに特に異常はなかったという。

38 感染症対策担当の保健師はAさんの接触者健康診断の対象者を選定するため、特別養護老人ホームの職員および入所者の接触状況を確認することとした。Aさんは1年前の11月1日から入所している。
 他者への感染の可能性がある期間の始期の設定で正しいのはどれか。

1.A さんの特別養護老人ホーム入所日
2.半年前の健康診断実施日
3.結核専門病院初診日の3か月前
4.微熱の出現日
5.結核の診断日

解答

解説

感染症法に基づく接触者健康診断の手引き(厚生労働科学研究)」において喀痰塗抹陽性(または胸部ェックス線検査で空洞あり)の患者については、過去の胸部エックス線写真や菌検査で推定が可能である場合を除いて、基本的に「結核診断日の3か月前、または初診時の胸部エックス線検査で既に空洞所見を認めた例では初診日の3か月前」を始期とするのが望ましいと規定している。そのため始期の設定としては、選択肢3.結核専門病院初診日の3か月前が適切である。

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、男性)は、従業員約500人の企業に勤務している。先日、Aさんの上司から社内の健康管理課の保健師に電話があり「Aさんは4月に他部署から異動してきましたが、最近休みがちで、月曜日は遅刻が多く表情も硬い。仕事中ウトウトすることもあるため声をかけたら『医療機関に通院しているから大丈夫です』としか言わない。どう対応すればよいか」との相談があった。

39 Aさんの上司への保健師の助言で適切なのはどれか。

1.「医療機関を変えるように勧めてください」
2.「Aさんの仕事の量を減らすようにしてください」
3.「健康管理課に相談に来るように勧めてください」
4.「ご家族に電話をして、家庭での様子を確認してください」

解答

解説

1.× 医療機関を変えるように勧めてる必要はない。なぜなら、現時点では、Aさんがどの医療機関に通っているかはわからない状況であるため。
2.× Aさんの仕事の量を減らす必要はない。なぜなら、現時点では、仕事量が多くて体調不良を起こしているかどうかはわからない状況であるため。
3.〇 正しい。健康管理課に相談に来るように勧める。まずは、Aさんに話を聞き、現在の体調や仕事の状況を保健師が確認する必要があるため。
4.× ご家族に電話をして、家庭での様子を確認する必要はない。なぜなら、現時点では家族から情報収集するよりも、まずは本人と面談して情報収集することが重要であるため。ちなみに、家族から情報収集する際には原則、本人の同意を得る必要がある。

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、男性)は、従業員約500人の企業に勤務している。先日、Aさんの上司から社内の健康管理課の保健師に電話があり「Aさんは4月に他部署から異動してきましたが、最近休みがちで、月曜日は遅刻が多く表情も硬い。仕事中ウトウトすることもあるため声をかけたら『医療機関に通院しているから大丈夫です』としか言わない。どう対応すればよいか」との相談があった。

40 Aさんはうつ病で、6か月の休職が必要と診断された。休職して4か月後、保健師が定期連絡をした際にAさんから「体調も良くなったので早く仕事に復帰したい。復職手続きとして何をしたらよいか教えてほしい」との発言があった。
 A さんへの保健師の対応で適切なのはどれか。

1.「産業医に相談しましょう」
2.「上司に復職の意思を伝えてください」
3.「保健師が復職に向けた調整を行います」
4.「復職について主治医の診断書を提出してください」

解答

解説

厚生労働省心の健康問題により体業した労働者の職場復帰支援の手引きより)休業中の労働者から事業者に対して職場復帰の意思が伝えられた場合、事業者は労働者に対して主治医による職場復帰が可能という判断が記された診断書の提出を求めることになる。

Aさんは復帰の意思を示しているため、まずは主治医の診断書の提出を求めることが、保健師の対応として適切である。したがって、選択肢4.「復職について主治医の診断書を提出してください」が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)