第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、男性)は、従業員約500人の企業に勤務している。先日、Aさんの上司から社内の健康管理課の保健師に電話があり「Aさんは4月に他部署から異動してきましたが、最近休みがちで、月曜日は遅刻が多く表情も硬い。仕事中ウトウトすることもあるため声をかけたら『医療機関に通院しているから大丈夫です』としか言わない。どう対応すればよいか」との相談があった。

41 この企業では、過去2年間で5名の職員がメンタルヘルスの不調で休職となっている。今回の経験を踏まえ、保健師は従業員のメンタルヘルスケアに取り組む必要があると考え、心の健康づくり計画を策定することとした。
 計画の策定にあたり社内で話し合う場として適切なのはどれか。

1.安全衛生委員会
2.管理監督者会議
3.業務改善委員会
4.人事評価委員会

解答

解説

選択肢1.安全衛生委員会は、衛生委員会と安全委員会をひとつにまとめた委員会で、労働者の安全と健康の確保に必要なことを調査・審議する。心の健康づくり計画は、事業場のメンタルヘルスケアを効果的に推進するための計画であり、心の健康づくり計画を策定する際には、事業者は、安全衛生委員会において調査・審議を行い、事業場における問題点の把握やメンタルヘルスケアの実施心の健康づくりの体制整備などについて話し合う。したがって、選択肢1.安全衛生委員会が計画の策定にあたり社内で話し合う場として適切である。心の健康づくり計画を策定し、メンタルヘルスケアの問題点の解決のため、必要があれば、選択肢2.管理監督者会議選択肢3.業務改善委員会などと連携を図る。

2.× 管理監督者会議は優先度は低い。管理監督者とは、労働基準法第41条2号の「監督若しくは管理の地位にある者」のことをいう。具体的には、企業の中で相応の地位と権限が与えられ、経営者と一体的な立場と評価することができる従業員が管理監督者に該当する。
3.× 業務改善委員会は優先度は低い。業務改善委員会はその名の通り、業務改善を行う委員会のことであるが、他にも接遇やマニュアル更新と整備などを行う。
4.× 人事評価委員会は優先度は低い。人事評価委員会とは、社長や役員、部長等の上級管理者が集まり、全社的な見地から評価の調整や最終決定の場を設ける。これをさらに発展させて社員の能力開発に主眼を置いたものである。

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 A市(人口5万人)では、大規模災害発生に備えた医療体制の確保等のため、地域の関係機関を集めた検討を行うことになった。A市内には地域医療の中核となるB病院を含め複数の病院があるが、大規模災害の発生を想定すると、軽症者から重症者までの傷病者全てをそれらの病院で受け入れることは困難と予想される。

42 この傷病者受け入れの課題への対応で最も適切なのはどれか。

1.発災前に応急手当用品を各家庭に配布する。
2.緊急度に応じた搬送ができる体制を整備する。
3.発災後にB病院の医師が市内全域を往診する。
4.傷病者が診察を待つ場所を病院の隣に設置する。

解答

解説
1.× 発災前に応急手当用品を各家庭に配布するのは必要ない。なぜなら、発災前に応急手当用品を各家庭に配布しても、A市内の医療施設ですべての傷病者を受け入れることは困難であるという課題に対応できないため。
2.〇 正しい。緊急度に応じた搬送ができる体制を整備する。限られた医療資源の機能を最大限に活かすことができるよう、平常時における準備として傷病者の緊急度に応じた搬送体制を整備する。
3.× 発災後にB病院の医師が市内全域を往診するのは必要ない。なぜなら、発災時の医療や人的資源の不足が根本的な課題であるため。
4.× 傷病者が診察を待つ場所を病院の隣に設置するのは必要ない。なぜなら、発災時の緊急対応として、病院の隣に傷病者の待機場所を設置することはあり得るが、発災時にそのような対応をしなくて済むように、平常時にA市内の傷病者の受け入れの課題について話し合う必要があるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 A市(人口5万人)では、大規模災害発生に備えた医療体制の確保等のため、地域の関係機関を集めた検討を行うことになった。A市内には地域医療の中核となるB病院を含め複数の病院があるが、大規模災害の発生を想定すると、軽症者から重症者までの傷病者全てをそれらの病院で受け入れることは困難と予想される。

43 A市には、食品加工工場があり、従業員の多くがA市内に在住している。また、A市の上水道の普及率は約95%であり、未整備の家庭では、生活用水として井戸水を使用している。
 大規模災害時の健康危機に備えA市の保健師が平常時に実施すべき事項として適切なのはどれか。

1.断水時に利用可能な井戸の水質検査をする。
2.食品関連事業者に衛生管理指導を実施する。
3.災害医療に必要な医薬品の供給体制を確保する。
4.定期的に医療福祉機関との連携会議を開催する。

解答

解説
1~3.× 断水時に利用可能な井戸の水質検査をする/食品関連事業者に衛生管理指導を実施する/災害医療に必要な医薬品の供給体制を確保する必要ない。なぜなら、それらは、平常時に保健所が行う業務であるため。
4.〇 正しい。定期的に医療福祉機関との連携会議を開催する。なぜなら、災害時、市町村の保健師は、災害時には速やかに地区の医療福祉機関の状況を把握し地区全体の情報収集を行う必要があるため。平常時から関係機関と顔の見える関係づくりを行うとともに、会議の場を活用して災害対策の啓発を行うため、定期的に医療福祉機関と連携会議を開催し、地区の課題や情報共有を行うことが、A市の保健師の実施すべき事項として適切である。

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 A市(人口5万人)では、大規模災害発生に備えた医療体制の確保等のため、地域の関係機関を集めた検討を行うことになった。A市内には地域医療の中核となるB病院を含め複数の病院があるが、大規模災害の発生を想定すると、軽症者から重症者までの傷病者全てをそれらの病院で受け入れることは困難と予想される。

44 A市では、大規模災害を想定した災害時保健活動のマニュアルを作成することになった。
 発災から72時間経過した時期の保健師活動としてマニュアルに記載する内容で適切なのはどれか。

1.生活習慣病予防教室の開催
2.住民へのハザードマップの配布
3.災害対応にあたる職員の健康管理
4.災害時保健活動全体のまとめと評価

解答

解説
1.× 生活習慣病予防教室の開催は必要ない。なぜなら、生活習慣病予防教室の開催は、被災者の健康管理には有効であるため。開始するのは、災害発生後の避難所生活が継続する亜急性期や災害復旧・復興期が望ましい。
2.× 住民へのハザードマップの配布のは必要ない。なぜなら、住民へのハザードマップの配布は、災害時の避難への意識と行動を促すものであるため。平常時の対応である
3.〇 正しい。災害対応にあたる職員の健康管理は、発災から72時間経過した時期の保健師活動としてマニュアルに記載する内容で適切である。なぜなら、発災後72時間経過した時期には、災害対応する職員の疲労やストレスが強くなる時期であるため。
4.× 災害時保健活動全体のまとめと評価するのは必要ない。なぜなら、災害時保健活動全体のまとめと評価は、発災後の対応が落ち着いた災害復旧・復興期以降に行うものであるため。

平常時における保健活動

①災害時地域応急体制の樹立
②避難行動要支援者のリスト化
③災害対策マニュアル作成
④生活用品・防災用品の備蓄
⑤避難場所、災害時の連絡方法の確認
⑥近隣ボランティアの育成
⑦防災訓練
⑧災害時対応のための研修

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 肥満者に対する新規の糖尿病発症予防プログラムを立案し、従来のプログラムと比較して新規のプログラムの効果を評価することとした。特定健康診査の受診者で糖尿病ではないことが確認できた肥満者200人を、従来のプログラム群と新規のプログラム群にそれぞれ100人ずつ登録してプログラムを実施し、その後年間の新規の糖尿病発症の有無を確認することとした。

45 この研究デザインはどれか。

1.横断研究
2.介入研究
3.コホート研究
4.症例対照研究
5.生態学的研究

解答

解説
1.× 横断研究は、ある一時点における集団の状況を観察する研究方法である。
2.〇 正しい。介入研究は、介入群に何らかの働きかけ(介入)を行って、その介入の効果について介入群と非介入群の比較を行う研究方法である。本問では新規のプログラム介入の効果について、従来のプログラム群(非介入群)と新規のログラム群(介入群)の比較を行うため、介入研究に該当する。
3.× コホート研究は、対象集団を曝露群と非曝露群に分け特定の要因の曝露について、両群における疾病発症の頻度を将来に向かって追跡し比較する方法である。
4.× 症例対照研究は、対象集団をすでに疾病に罹患している症例群と疾病に罹患していない対照群に分け過去の要因の曝露状況を調べる方法である。
5.× 生態学的研究は、地域などの大きな集団単位のデータを用い、異なる集団(地域や国)間における特定の要因の曝露と疾病頻度を比較する研究方法である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)