第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後46~50】

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 肥満者に対する新規の糖尿病発症予防プログラムを立案し、従来のプログラムと比較して新規のプログラムの効果を評価することとした。特定健康診査の受診者で糖尿病ではないことが確認できた肥満者200人を、従来のプログラム群と新規のプログラム群にそれぞれ100人ずつ登録してプログラムを実施し、その後年間の新規の糖尿病発症の有無を確認することとした。

46 従来のプログラム群と新規のプログラム群の2群間において、対象者の背景を均一にする必要があると考えられた。
 背景を均一にするための最も適切な方法はどれか。

1.制限
2.層化
3.マッチング
4.無作為抽出
5.無作為割付

解答

解説
1.× 制限(限定)とは、研究対象者をある特定の特徴を有した集団に限定する方法である。
2.× 層化は、性別や年齢などの交絡因子となり得る因子について、男女別、年齢階層別など母集団をいくつかの均質な集団に分ける方法である。
3.× マッチングは、比較する2群の対象者の交絡因子(性別、年齢、居住地域など)の分布が等しくなるように対象者を選び出す方法である。症例対照研究で用いられることがある。マッチさせる要因に応じて該当者を探す手間がかかり、膨大な人数が必要になる。
4.× 無作為抽出は、母集団から標本を無作為に選び出す方法である。
5.〇 正しい。無作為割付は、偏りを避けるために、研究対象者を介入群と非介入群にランダム(無作為)に割り付け、確率的に均等に割り振るものである。介入研究における交絡因子を制御する方法である。

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 肥満者に対する新規の糖尿病発症予防プログラムを立案し、従来のプログラムと比較して新規のプログラムの効果を評価することとした。特定健康診査の受診者で糖尿病ではないことが確認できた肥満者200人を、従来のプログラム群と新規のプログラム群にそれぞれ100人ずつ登録してプログラムを実施し、その後年間の新規の糖尿病発症の有無を確認することとした。

47 それぞれのプログラムを実施し、その後3年間の新規の糖尿病発症の有無を確認した。結果を以下に示す。
新規のプログラム群の既存のプログラム群に対する新規の糖尿病発症の相対危険を求めよ。
ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。
 解答: ① .②
 ①:0~9
 ②:0~9

解答08

解説

本問では、従来のプログラム群に対する新規のプログラム群の新規糖尿病発症の相対危険度(リスク比)を求める。

相対危険度(リスク比)とは?

定義は、曝露群と非曝露群の疾病発症のリスクの比のこと、「陽露因子があると何倍危険か」を示す。因果関係を追及する際の重要な指標である。リスク比が大きいほど,因果関係が存在する可能性が高い。

計算式

コホート研究では、「対象者がある曝露を受けているか受けていないかによって、将来、疾病を発症するか/発症しないか」という検討が行われる。そのため、リスク比を計算する場合、分割表をみるときには「曝露因子の有無」から「疾病発症の有無」をみる。

相対危険度(リスク比)=曝露群での疾病発症リスク ÷ 非曝露群での疾病発症リスク

したがって、

相対危険度 = {20 ÷(20 + 80)} ÷ {25 ÷ (25 + 75)}

0.8

したがって、①0 となる。

 

 

 

 

 

次の文を読み48、49の問いに答えよ。
 人口40万人のA市。3年前から出生数が増加傾向にある。最近、乳幼児相談時に、保健師に対しておやつの時間や指しゃぶりなど育児に関する細かな相談をする母親や育児不安を訴える母親が増えている。

48 A市の育児に関する健康課題を明確にするため保健師が優先して行うのはどれか。

1.新生児家庭訪問結果の分析
2.両親学級の参加者情報の確認
3.乳幼児相談の内容のカテゴリー化
4.母子健康手帳交付時の面接内容の分析
5.4か月児健康診査に対する母親へのアンケートの実施

解答

解説

保健師は、乳幼児相談時に、細かな相談や育児不安を訴える母親が増えていることに問題意識を抱えている。A市の育児に関する健康課題を明確化するためには、まずは乳幼児相談において、どのような相談内容があるのかを分析する必要がある。そのため、乳幼児相談時の相談の内容を質的に分析し、相談内容ごとに分類するカテゴリー化が最も優先される。したがって、選択肢3.乳幼児相談の内容のカテゴリー化が優先度が高い。

1~2.4~5.× 新生児家庭訪問結果の分析/両親学級の参加者情報の確認/母子健康手帳交付時の面接内容の分析/4か月児健康診査に対する母親へのアンケートの実施は、優先度は低い。なぜなら、そのほかの選択牧は対象が限定的であるため。保健師が問題意識を抱えている内容をもとに、育児に関する健康課題を明確にする際の優先度は低い。

 

 

 

 

 

次の文を読み48、49の問いに答えよ。
 人口40万人のA市。3年前から出生数が増加傾向にある。最近、乳幼児相談時に、保健師に対しておやつの時間や指しゃぶりなど育児に関する細かな相談をする母親や育児不安を訴える母親が増えている。

49 A市では1年前に新しく建設された大規模マンションがあり、出産を控えた妊婦や乳幼児のいる家族が多く居住していた。地区担当保健師はこの地区で安心して子育てができるよう、新たな事業を計画することとした。
 地区担当保健師が最初に計画する内容で最も適切なのはどれか。

1.市内の産婦人科医療機関との連携を強化する。
2.乳幼児を持つ親と妊婦との交流会を開催する。
3.要保護児童対策地域協議会で事例検討を行う。
4.転入してきた妊婦の家庭訪問を行う。

解答

解説

設問から、「最近、乳幼児相談時に、保健師に対しておやつの時間や指しゃぶりなど育児に関する細かな相談をする母親や育児不安を訴える母親の増加」が読み取れる。それに対する計画内容が最も適切である。

1.× 市内の産婦人科医療機関との連携を強化する必要はない。なぜなら、不安の訴える母親の根本的解決には結び付きにくいため。ただ、妊娠期からの切れ目のない支援を実現するためには、多職種・多機関の連携による支援は重要である。
2.〇 正しい。乳幼児を持つ親妊婦との交流会を開催する。なぜなら、乳幼児をもつ親と妊婦の交流会は、育児情報の交換や相互交流、不安や悩みを相談できる場となるため。「この地区で安心して子育てができるようになる」ことを目的にした事業において、最初に計画する内容として最も適切である。
3.× 要保護児童対策地域協議会で事例検討を行う必要はない。なぜなら、要保護児童対策地域協議会は、児童虐待の対応について検討が必要な事例がある場合に行うものであるため。
4.× 転入してきた妊婦の家庭訪問を行う必要はない。なぜなら、対象者が限定されており、すでに子育てをしている家庭は支援を受けられないことから、地区全体への波及効果は低いため。ただし、転入してきたばかりの妊婦への家庭訪問の実施は、個別のニーズ把握や支援には有効である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、男性)。父親は死去し、母親は隣の市で生活している。Aさんは26歳の頃に会社で「自分は何でもできる」と言い、話がすぐに飛躍し強引な契約やミスが続き、27歳で退職となった。翌年、無理な自動車運転による交通事故を起こし、入院先の病院で双極性障害と診断された。1か月の入院ののち退院したが、その後はアルバイトを転々としながら1人で暮らしていた。

50 ある日、母親が来所し「Aの自宅に行ったら、ずっと布団に入ったまま、食事もちゃんと摂っていないようだ。Aは眠れない、死にたいと言っている。どうしたら良いか」と相談があった。保健センターの地区担当保健師が母親と一緒にAさん宅を訪問した。Aさんは、痩身で顔は青白く、表情は乏しい。
 保健師が確認するA さんの情報で優先されるのはどれか。

1.自殺企図
2.睡眠の状況
3.食事の摂取量
4.布団から出ない理由

解答

解説

1.〇 正しい。自殺企図は最も優先される。なぜなら、Aさんから「死にたい」という訴えもあり、自殺リスクの評価が必要であるため。Aさんの状態から重度のうつ状態である可能性が高い。
2~3.× 睡眠の状況/食事の摂取量は、優先度が低い。なぜなら、Aさんのうつ状態の程度を把握するうえで有用な情報であるが、自殺リスク(ただちに人命)には及ばないため。
4.× 布団から出ない理由は、優先度が低い。なぜなら、布団から出ないことは、抑うつ気分気力減退の影響が大きいと考えられるため。本人に理由を確認しても明確な答えは得られにくく、症状の程度を把握することにつながりにくい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)