第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後51~55】

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、男性)。父親は死去し、母親は隣の市で生活している。Aさんは26歳の頃に会社で「自分は何でもできる」と言い、話がすぐに飛躍し強引な契約やミスが続き、27歳で退職となった。翌年、無理な自動車運転による交通事故を起こし、入院先の病院で双極性障害と診断された。1か月の入院ののち退院したが、その後はアルバイトを転々としながら1人で暮らしていた。

51 Aさんは3か月間、精神科に医療保護入院した。退院後は地区担当保健師が、月1回程度訪問をしている。退院3か月が経過したある日、Aさん宅を訪問するとAさんは笑顔で覇気があり「薬に頼らなくても、よく眠れるようになりました。体調も良いし、先生も次回受診のことは言ってなかったので通院はもう終わりです。これからアルバイトを探す予定です」と話した。
 A さんへの地区担当保健師の支援で最も優先度が高いのはどれか。

1.患者会への参加を勧める。
2.就労移行支援の利用を勧める。
3.保健師同伴での受診を勧める。
4.民生委員に見守りを依頼することの了解を得る。

解答

解説

双極性障害とは?

双極性障害(繰うつ病)では、繰状態うつ状態が現れるのが特徴である。繰状態が生活の破綻につながり、社会生活に支障が生じるおそれがあるため、注意が必要である。

1.× 患者会への参加を勧めることは優先度が低い。なぜなら、現在は治療中断のリスクが高いため。病状が安定した後に患者会に参加することで悩み・不安の共有や就労する際の注意点を知ることなどができる。
2.× 就労移行支援の利用を勧めることは優先度が低い。なぜなら、現在は治療中断のリスクが高いため。病状が安定した後に利用することが有効である可能性はある。就労移行支援は、一般企業への就職に必要な知識、能カの向上のために必要な事例な訓練を行う障害福祉サービスである。
3.〇 正しい。保健師同伴での受診を勧めることは優先度が最も高い。そうすることで、保健師がAさんと同伴して受診し通院治療の必要性や今後の方向性について改めて確認できるため。双極性障害において、軽繰~繰状態のときには患者本人には「調子が良い」と感じられる。また、主治医や支援者の助言を患者本人の都合のよいように解釈する傾向も出現しやすい。
4.× 民生委員に見守りを依頼することの了解を得ることは優先度が低い。なぜなら、Aさんは、治療中断のリスクも高く現時点では病識がないため。民生委員への見守り依頼の理解が得られるとは考えにくい。

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 Aさん(19歳、男性)。大学生。1人暮らし。発熱および全身に発疹が出現したため、5月20日に大学の近くの診療所を受診した。麻疹の疑いがあるため血液検査を実施し、血清IgM抗体陽性のため、5月22日に診療所の医師から保健所に届出があった。Aさんは5月上旬に海外旅行に出かけ、不特定多数の人と接触があった。

52 保健所の保健師が発生届を受理した際に診療所の医師へ確認することで優先度が高いのはどれか。

1.海外旅行先
2.現在の療養場所
3.診断結果の本人への説明
4.PCR 法による病原体遺伝子の検出
5.海外旅行以外での感染の機会の有無

解答

解説

麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスの①空気(飛沫核)感染、②飛沫感染、③接触感染により生じ疾患である。

1.× 海外旅行先は優先度が低い。なぜなら、海外旅行先への対応をする以前に現在の居場所を特定し、感染拡大を阻止する必要があるため。
2.〇 正しい。現在の療養場所は優先度が最も高い。なぜなら、麻疹の感染拡大を阻止する目的で、保健所保健師は、本人や家族などをに積極的疫学調査(症例行動調査、接触者調査など)を速やかに実施するため。
3.× 診断結果の本人への説明は優先度が低い。なぜなら、診断結果の本人への説明は診療所の医師が行うため。診療所の医師の説明内容を確認したうえで、患者がどのように受け止めるかを調査する必要はある。
4.× PCR法による病原体遺伝子の検出は優先度が低い。なぜなら、PCR法による麻疹ウイルスの検出は、原則として全例に行うが、PCR検査の結果判定が出ていない臨床診断の段階でも、感染拡大防止のため、保健師は速やかに患者に積極的疫学調査を行う必要があるため。
5.× 海外旅行以外での感染の機会の有無は優先度が低い。なぜなら、保健師の聞き取り調査麻疹ウイルスの遺伝子分析などにより判定するため。

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 Aさん(19歳、男性)。大学生。1人暮らし。発熱および全身に発疹が出現したため、5月20日に大学の近くの診療所を受診した。麻疹の疑いがあるため血液検査を実施し、血清IgM抗体陽性のため、5月22日に診療所の医師から保健所に届出があった。Aさんは5月上旬に海外旅行に出かけ、不特定多数の人と接触があった。

53 Aさんへの行動調査の結果を表に示す。帰国後、大学以外の場で接触した者は(a)〜(d)であった。
 (a)〜(d)のうち、麻疹発症のリスクがある接触者はどれか。

1.(a)(b)(c)(d)
2.(a)(b)(c)
3.(b)(c)(d)
4.(c)(d)

解答

解説

麻疹の症状

麻疹の潜伏期間は約10日である。
三大症状:①カタル症状(上気道炎症や結膜炎症状)、②発疹、③二峰性発熱(カタル期の終わりに一時的に熱が降下する)である。
カタル期(1回目の発熱)、発疹期(2回目の発熱)、回復期と経過し、感染力が最も強いのはカタル期である。
感染の可能性があるのは、発熱、カタル症状、発疹などの症状が出現する1日前から解熱後3日を経過するまでである。

本問では、Aさんの行動調査の結果より、5月16日(木)の発熱から19日(日)の解熱までが初めの発熱期であり、カタル期に該当すると考えられる。

カタル期の1日前の5月15日(水)から解熱後3日の5月22日(水)までにAさんと接触した人である(c)高校時代の友人(d)医療機関の従事者および待合室に居たものが発症リスクのある接触者といえる。

したがって、選択肢4.(c)高校時代の友人、(d)医療機関の従事者および待合室に居たものである。

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 A君(8歳、男児)は、これまで学習面では支障をきたすことはなかったが、こだわりが強いところがあり、友達とのトラブルが起きることもあった。小学校3年生になってクラス替えがあり、図画工作の授業になると落ち着かない状態になり、教室を抜け出すことが多くなった。校舎内を歩き回ることも多く、養護教諭が落ち着くまで付き添い、どうしてもA君が教室に戻らないときには、母親に迎えに来てもらうようになった。A君は母親とともに医療機関を受診した結果、自閉症スペクトラム障害と診断された。

54 校内では学級担任と養護教諭、管理職で対応が話し合われた。その結果、学校と家庭が連携してA君に必要な支援を進めるために、母親が地域の関係機関にA君のことを相談するよう養護教諭から母親に話をすることになった。
 A君の母親に提案する地域の関係機関で、最も適切なのはどれか。

1.子育て世代包括支援センター
2.発達障害者支援センター
3.社会福祉協議会
4.児童養護施設
5.児童館

解答

解説

1.× 子育て世代包括支援センター(母子健康包括支援センター)は、主に乳幼児を中心とした母子保健に関する相談への対応を行っている。
2.〇 正しい。発達障害者支援センターは、発達障害者とその家族からの相談に応じ、医療・保健・福祉・教育・労働などについて総合的な支援を行う専門機関である。
3.× 社会福祉協議会は、社会福祉関係者および住民が参加している民間の非営利組織であり、地域福祉の推進を図ることを目的としている。
4.× 児童養護施設は、保護者のいない児童・被虐待児などが入所し、養施設である。
5.× 児童館(児童厚生施設である児童館)は、子どもに健全な遊びを提供して、その心健康を増進し、情操を豊かにすることを目的とした施設である。児童館は、発達障害に関する専門的な機関ではない。

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 A君(8歳、男児)は、これまで学習面では支障をきたすことはなかったが、こだわりが強いところがあり、友達とのトラブルが起きることもあった。小学校3年生になってクラス替えがあり、図画工作の授業になると落ち着かない状態になり、教室を抜け出すことが多くなった。校舎内を歩き回ることも多く、養護教諭が落ち着くまで付き添い、どうしてもA君が教室に戻らないときには、母親に迎えに来てもらうようになった。A君は母親とともに医療機関を受診した結果、自閉症スペクトラム障害と診断された。

55 A君と母親が地域の関係機関を訪れて相談し、A君の得意なことと苦手なことが明らかとなり、学校は必要な支援の方針を確認することができた。母親からも「Aの状況が分かって良かった。Aにあった支援をお願いしたい」という言葉が聞かれた。支援の結果、A君は、徐々に、授業を抜け出したくなると保健室に来るようになってきた。一方で、教室には落ち着いていられない状況は続いている。そこで特別支援コーディネーター、スクールカウンセラーも交えた校内委員会を開催して、A君への今後の対応について検討した。
 A君への対応で最も適切なのはどれか。

1.保健室内での養護教諭による学習の支援
2.スクールカウンセラーとの面談
3.特別支援学級への通級の検討
4.学校行事への参加の促進

解答

解説

特別支援(教育)コーディネーターとは?

特別支援(教育)コーディネーターは、学校長によって指名された教員が、その役割を担う。各学校における特別支援教育の推進のため校内委員会・校内研修の養護する企画・運営や、地域の関係機関・他の学校との連絡・調整、保護者からの相談窓口などの役割を担う。

1.× 保健室内での養護教諭による学習の支援は必要ない。なぜなら、A君個人に対して、保健室内で養護教論が学習支援するのは現実的ではなく、A君に対する継続的な支援にはならないため。
2.× スクールカウンセラーとの面談は必要ない。なぜなら、すでに地域の関係機関に相談しており、A君の行動の特徴がみえてきた現状であるため。
3.〇 正しい。特別支援学級への通級の検討は、A君への対応で最も適切である。通級とは、通常学級に在籍しながら一部の指導を通級指導教室で行うことである。
4.× 学校行事への参加の促進は必要ない。なぜなら、集団行動を苦手とするA君の混乱を助長する可能性があるため。

 

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第106回保健師国家試験、第103回助産師国家試験、第109回看護師国家試験の問題および正答について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)