第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後6~10】

 

6 市の保健師は、10名参加の6か月コースの糖尿病予防事業を開始した。グループ面接で参加者から「みんなで参加したから継続できた。あと1か月で事業が終了するが、今後1人で生活改善が維持できるか不安だ」という声が聞かれた。
 参加者が事業終了後も改善した生活習慣が維持できるようにするための保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.参加者の家庭訪問
2.次年度の健康診査の受診勧奨
3.糖尿病予防食のレシピ集の配布
4.参加者同士のセルフヘルプグループの立ち上げへの支援

解答

解説

グループで行う健康教育は、同じ立場にある参加者同士が交流することで、互いに影響を与え合うグループダイナミクス(集団力学)である。メリットとして、生活習慣改善のモチベーションが高まるという効果があるが、一方デメリットとして教室終了後の行動変容の維持が課題となる。

1.× 参加者の家庭訪問は優先度が低い。なぜなら、家庭訪問による保健師との1対1の関係では、参加者の「1人で生活改善が維持できるか不安だ」という参加者の思いに対応できないため。同じ立場にある参加者同士のサポートが有効であったと考えられる。
2.× 次年度の健康診査の受診勧奨は優先度が低い。なぜなら、次年度の健康診査の受診勧奨では、教室終了から期間が空きすぎるため。生活習慣改善行動のモチベーションの維持は困難であると考えられる。
3.× 糖尿病予防食のレシピ集の配布は優先度が低い。なぜなら、参加者全員が調理に携わるとは限らず、また「1人で生活改善が維持できるか不安だ」という参加者の思いに対応できないため。
4.〇 正しい。参加者同士のセルフヘルプグループの立ち上げへの支援は優先度が最も優先度が高い。なぜなら、参加者の「みんなで参加できたから継続できた」や「1人で生活改善が維持できるか不安だ」という声から、参加者同士の交流を継続できるようにするため。保健師は参加者の意向を確認しながら、参加者が主体となってセルフヘルプグループを立ち上げられるよう支援する。

 

 

 

 

 

7  在胎35週、体重2,000gで出生した児。生後4か月1日で4か月児健康診査を受診した。
 この時の状況で経過観察が必要なのはどれか。

1.指しゃぶりをする。
2.あやしても笑わない。
3.体重が5,300gである。
4.おもちゃに手を伸ばさない。

解答

解説
1.× 指しゃぶりをするのはよくみられる行動であり問題ない3歳頃までは生理的な行動として捉え対応する。
2.〇 正しい。あやしても笑わない場合は、経過観察となる。3~4か月児の乳児健康診査の問診項目には「あやすとよく笑いますか」という項目がある。笑わない場合には、ネグレクトや発達遅滞などの可能性を考慮し、経過観察となる。
3.× 体重が5,300gであるのは問題ない。出産時は早期産(37週未満)で低出生体重児(2.500g未満)であったが、4か月1日で体重が5.300gである。したがって、出生時からの1日体重増加量は27.3gとなる。0~3か月児の1日体重増加量は25~30g、3~6か月児の1日体重増加量は20~25gである。
4.× おもちゃに手を伸ばさないのはよくみられる行動であり問題ない。物に手をのばしてつかもうとするのは6~7か月頃である。

正常乳児の一日体重増加量の目安

・0~3か月:25~30g
・3~6か月:20~25g
・6~9か月:15~20g
・9~12か月:7~10g

 

 

 

 

 

8 Aさん(17歳、女子)。保健センターにAさんの母親が来所し「Aが『学校でみんなが私の噂をしている』と言い、3か月前から不登校になっている。最近は自室から独り言が聞こえ、昼夜逆転の生活で部屋から出てこない。このままでは引きこもりになってしまう」と保健師に話した。
 母親への保健師の支援で適切なのはどれか。

1.精神障害者の家族会の参加を勧める。
2.保健所の精神保健福祉相談を勧める。
3.Aさんと日中に少しずつ外出することを勧める。
4.不登校になる前の学校での様子を確認するよう勧める。

解答

解説
1.× 精神障害者の家族会の参加を勧める必要ない。なぜなら、Aさんは、現時点では精神疾患の診断はないため。
2.〇 正しい。保健所の精神保健福祉相談を勧めるのが最も優先度が高い。なぜなら、保健所で行われる精神保健福祉相談では、精神科の医師に相談することができるため。Aさんには「学校でみんなが噂している」という妄想のような発言や独語がみられ、精神疾患を発症している可能性がある。保健師は、母親に精神保健福祉相談の利用を勧め、Aさんの現在の状態に対する医学的な診立てを確認し、今後の対応方法を検討する。
3~4.× Aさんと日中に少しずつ外出することを勧める/不登校になる前の学校での様子を確認するよう勧めるのは優先度は低い。なぜなら、Aさんの症状への対応が優先されるため。

 

 

 

 

 

9  Aさん(19歳、女性)。発達障害と軽度知的障害があり、精神障害者保健福祉手帳を取得している。特別支援学校を卒業後、Aさんは「行くところがない」と言い、終日自宅で過ごしている。母親が「このままで良いのだろうか」と市の保健師に相談した。
 Aさんに社会参加を促すため、保健師が勧める障害福祉サービスで適切なのはどれか。

1.自立訓練
2.就労移行支援
3.地域移行支援
4.地域活動支援センター

解答

解説
1.× 自立訓練は必要ない。なぜなら、自立訓練は、身体機能または生活能力の向上を目的とした必要な訓練を行うものであるため。
2.× 就労移行支援は必要ない。なぜなら、就労移行支援は、一般企業への就労に必要な知識・能力の向上を目的とした必要な訓練を行うものであるため。
3.× 地域移行支援は必要ない。なぜなら、地域移行支援は、入院中の患者を対象とした住居の確保や新生活の準備などの支援であるため。
4.〇 正しい。地域活動支援センターは、Aさんに社会参加を促すため、保健師が勧める障害福祉サービスで適切である。なぜなら、地域活動支援センターは、創作的活動または生産活動の機会の提供および社会との交流などの支援を行う施設であるため。

 

 

 

 

 

10 難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)に定める難病対策地域協議会で正しいのはどれか。

1.構成員に患者の家族が含まれる。
2.医療費助成の支給認定を行っている。
3.患者や家族への医療情報の提供を目的とする。
4.都道府県、保健所を設置する市及び特別区に設置の義務がある。

解答

解説

難病対策地域協議会とは?

難病対策地域協議会は「難病法」に目的や協議の内容が定められている。難病対策地域協議会は、地域における難病の患者への支援体制に関する課題について情報を共有し関係機関などの連携の緊密化を図るとともに、地域の実情に応じた体制の整備について協議を行うものである。都道府県、保健所を設置する市および特別区は、単独または共同で、難病対策地域協議会を設置する「努力義務」がある。

1.〇 正しい。構成員に患者の家族が含まれる。患者、家族のほかには、関係機関、関係団体、難病患者の医療・福祉・教育もしくは雇用に関連する職務に従事する者などが含まれる。
2.× 医療費助成の支給認定は行っていない。医療費助成の支給認定は、指定難病審査会の審査などにより都道府県が行う。難病対策地域協議会は、地域における難病の患者への支援体制に関する課題の情報共有や、地域の実情に応じた体制の整備について協議を行う。
3.× 患者や家族への医療情報の提供を目的とするのは、難病情報センターである、難病対策地域協議会は、難病患者への支援体制の整備を図ることを目的としている。
4.× 都道府県、保健所を設置する市及び特別区に設置の義務ではなく、努力義務である。

『難病法』とは?

『難病法』とは、難病の患者に対する医療などに関する施策を定め、良質・適切な医療の確保、療養生活の質の維持向上を図ることを目的としている。この目的に沿って定められている8つの基本方針は以下のとおりである。

【難病の患者に対する医療等の総合的な推進を図るための基本的な方針】
①難病の患者に対する医療等の推進の基本的な方向
②難病の患者に対する医療を提供する体制の確保に関する事項
③難病の患者に対する医療に関する人材の養成に関する事項
④難病に関する調査及び研究に関する事項
⑤難病の患者に対する医療のための医薬品及び医療機器に関する研究開発の推進に関する事項
⑥難病の患者の療養生活の環境整備に関する事項
⑦難病の患者に対する医療等と難病の患者に対する福祉サービスに関する施策、就労の支援に関する施策その他の関連する施策との連携に関する事項
⑧その他難病の患者に対する医療等の推進に関する重要事項

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)