第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前101~105】

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(2か月、男児)は、1か月児健康診査で尿道下裂の疑いを指摘され、小児科を
受診した。検査の結果、遠位型尿道下裂と診断された。主治医から母親に対し、体重の増加を待ち1歳前後で尿道形成術を行う必要性について説明があった。母親から看護師に対し「手術を受けるまでの間、どう過ごしたらよいですか」と質問があった。

101 A君は1歳3か月になり、尿道形成術を行うために入院した。手術当日、点滴静脈内注射による持続点滴と尿道カテーテルが挿入された状態で帰室した。創部の陰茎全体はガーゼとフィルムドレッシング材で保護されていた。手術翌日、ガーゼに茶褐色の血液が付着していた。創部が排便で汚染されており、ガーゼを外すと創部に軽度腫脹がみられているが膿の付着はない。尿道カテーテルの周囲から尿が漏れていた。A君は「ママ」と言い不機嫌に泣いている。体温37.0℃、呼吸数28/分、脈拍120/分、血圧100/58mmHgであった。
 この時点のA君の状態として最も可能性が高いのはどれか。

1.創部痛はない。
2.出血が続いている。
3.創部の感染を起こしている。
4.尿道カテーテルが閉塞している。

解答4

解説

1.× 創部痛はないとはいいきれない。なぜなら、創部の軽度腫脹や不機嫌に泣く状況であるため。
2.× 出血が続いているとはいいきれない。なぜなら、出血が継続している場合はガーゼに付着する血液は赤色となるため。
3.× 創部の感染を起こしているとはいいきれない。なぜなら、創部の軽度腫脹はみられるが膿の付着はないため。
4.〇 正しい。尿道カテーテルが閉塞している。なぜなら、尿道カテーテルの周囲から尿が漏れている状況であるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(2か月、男児)は、1か月児健康診査で尿道下裂の疑いを指摘され、小児科を
受診した。検査の結果、遠位型尿道下裂と診断された。主治医から母親に対し、体重の増加を待ち1歳前後で尿道形成術を行う必要性について説明があった。母親から看護師に対し「手術を受けるまでの間、どう過ごしたらよいですか」と質問があった。

102 A君は、手術を受けて1週が経過した。全身状態が安定したため、尿道カテーテルが抜去された。医師から母親に「3日間、経過を観察し、問題がなければ退院できます。退院1か月後に外来を受診してください」と説明があった。退院から外来受診までの日常生活の留意点に関して看護師が母親へ指導することになった。
 指導で適切なのはどれか。

1.「水分は控えましょう」
2.「入浴は避けましょう」
3.「1日1回導尿をしましょう」
4.「腹ばいの姿勢は避けましょう」

解答4

解説

1.× 水分を控える必要はない。なぜなら、入院中に水分摂取を控える指示は出ておらず、カテーテル抜去後の自己排尿に問題がないことを確認しての退院であるため。また、全身状態が安定した状態であり、水分を控えることは脱水のリスクを高める。
2.× 入浴を避ける必要はない。なぜなら、入浴で感染リスクが高くなることはなく、むしろ入浴で身体を清潔に保ることが感染予防に直結するため。
3.× 1日1回導尿する必要はない。なぜなら、退院3日前に導尿カテーテルが抜去され、すべて自己排尿できることを確認しての退院となるため。
4.〇 正しい。腹ばいの姿勢は避ける。なぜなら、創部への影響や、術後の合併症で陰茎の屈曲しやすさがあるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 A君(2歳6か月、男児)。両親との3人暮らし。脳性麻痺と診断され、自力で座位の保持と歩行はできず専用の車椅子を使用している。話しかけると相手の目を見て笑顔を見せ、喃語を話す。食事はきざみ食でスプーンを使うことができるが、こぼすことが多く介助が必要である。排泄、清潔および更衣は全介助が必要である。

103 定期受診のため外来を受診した。バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数32/分、心拍数120/分、血圧108/48mmHgであった。両上肢と手関節は屈曲、両下肢は交差伸展し、背を反らしており、全身が緊張している。母親は看護師に「Aは、便は出ない日がありますが大体毎日出ています。時々夜遅くまで眠らない日がありますが日中は機嫌良くしています」と話した。
 母親に指導すべき内容で優先度が高いのはどれか。

1.感染予防
2.筋緊張の緩和
3.排便コントロール
4.呼吸機能の悪化予防
5.睡眠パターンのコントロール

解答2

解説

1.× 感染予防の優先度は低い。なぜなら、脳性麻痺は一般的に免疫低下を伴うわけではないため。また、現在A君に易感染状況はみられない。
2.〇 正しい。筋緊張の緩和は適切である。なぜなら、全身に筋緊張がみられているため。筋緊張の亢進は、拘縮や変形・体力の消耗を生じさせる。そのため、親が適切なポジショニングを習得することも大切である。
3.× 排便コントロールの優先度は低い。なぜなら、ほぼ毎日、排便はみられており、食事も摂取できているため。
4.× 呼吸機能の悪化予防の優先度は低い。なぜなら、現時点で呼吸数に異常はなく、呼吸機能の障害は認められないため。
5.× 睡眠パターンのコントロールの優先度は低い。なぜなら、日中は機嫌よく過ごしており、睡眠パターンのコントロールが必要な状況ではないため。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 A君(2歳6か月、男児)。両親との3人暮らし。脳性麻痺と診断され、自力で座位の保持と歩行はできず専用の車椅子を使用している。話しかけると相手の目を見て笑顔を見せ、喃語を話す。食事はきざみ食でスプーンを使うことができるが、こぼすことが多く介助が必要である。排泄、清潔および更衣は全介助が必要である。

104 A君の食事について看護師が母親に尋ねると「食べこぼしが多く、食べながらうとうとしてしまい時間がかかるし、十分な量も食べられていません」と話した。
 A君の食事に関する母親への指導で最も適切なのはどれか。

1.「経腸栄養剤の開始について医師と相談しましょう」
2.「ホームヘルパーの依頼を検討しましょう」
3.「食事時間を20分以内にしましょう」
4.「ペースト食にしてみましょう」

解答4

解説

障害のある子どもに対する看護においては、子どもの可能性を最大限に活かしていくことが大切である。

 

1.× 経腸栄養剤の開始について医師と相談する必要はない。なぜなら、摂食や嚥下機能に問題があるわけではないため。現在、きざみ食が食べられている状態で、咀嚼や嚥下に問題はない。
2.× ホームヘルパーの依頼を検討する必要はない。なぜなら、食事介助の負担を問題にしている状況ではないため。
3.× 食事時間を20分以内する必要はない。なぜなら、現在の食べこぼしの多い食事のまま時間を制限した場合、食べられる量がさらに少なくなる恐れがあるため。
4.〇 正しい。ペースト食に変更するのが適切である。なぜなら、ペースト状にすることで、食べこぼしの軽減や食べやすさの向上が期待でき、時間の短縮化や十分な量の摂取にもつながるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 A君(2歳6か月、男児)。両親との3人暮らし。脳性麻痺と診断され、自力で座位の保持と歩行はできず専用の車椅子を使用している。話しかけると相手の目を見て笑顔を見せ、喃語を話す。食事はきざみ食でスプーンを使うことができるが、こぼすことが多く介助が必要である。排泄、清潔および更衣は全介助が必要である。

105 現在、A君の母親は妊娠16週で順調に経過している。母親は「出産のときにAを預かってくれるところを探そうと思っています」と看護師に話した。父親は会社員で、毎日20時ころ帰宅する。A君の祖父母は遠方に住んでおり支援をすることができない。
 母親に情報提供する社会資源で最も適切なのはどれか。

1.乳児院
2.病児保育
3.情緒障害児短期入所施設
4.レスパイトを目的とする入院
5.ファミリーサポートセンター

解答4

解説

1.× 乳児院は不適切である。なぜなら、乳児院は、安定した生活環境の確保などが必要な場合入院させる施設であるため。乳児院でも出産を目的とした短期入所を受け入れているが、A君は脳性麻痺であるため福祉施設である乳児院より医療機関へ入院する方が適切である。
2.× 病児保育は不適切である。なぜなら、病児保育は、その日限りの預かりであり、主に一般的な感染症の児を受け入れる保育サービスであるため。
3.× 情緒障害児短期入所施設は不適切である。なぜなら、情緒障害児短期入所施設は心理・情緒的、環境的に不適応を示す子どもと家族を対象とした施設のため。
4.〇 正しい。出産とA君の介護が重なることでの家族の負担を軽減するためには、レスパイトを目的とする入院が、A君に適切である。短期間の入所が行え、専門的な援助を受けられる。
5.× ファミリーサポートセンターは不適切である。なぜなら、ファミリーサポートセンターは仕事と子育ての両立を支援するため一時的に子どもを預かる施設のため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。