第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 在胎40週2日、正常分娩で出生した男児。出生時体重3,300g、身長48.5cm。生後1日の体重は3,200g。バイタルサインは腋窩温37.2℃、呼吸数70/分、心拍数130/分。出生後24時間までに、排尿が1回、排便が1回みられた。

106 児の状態で正常から逸脱しているのはどれか。

1.体温
2.呼吸数
3.心拍数
4.排尿回数
5.排便回数

解答2

解説

1.× 体温(腋窩温)は、36.5~37.5℃が正常である。本症例の腋窩温は、37.2℃であるため正常範囲内である。
2.〇 正しい。呼吸数は、30~60回/分が正常である。本症例の呼吸数は、呼吸数70/分であるため正常から逸脱している。
3.× 心拍数は、110~160回/分が正常である。本症例の心拍数は、心拍数130/分であるため正常範囲内である。
4~5.× 排尿回数/排便回数は、通常生後24時間以内にみられる。本症例も、出生後24時間までに、排尿が1回、排便が1回みられていることから正常といえる。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 在胎40週2日、正常分娩で出生した男児。出生時体重3,300g、身長48.5cm。生後1日の体重は3,200g。バイタルサインは腋窩温37.2℃、呼吸数70/分、心拍数130/分。出生後24時間までに、排尿が1回、排便が1回みられた。

107 生後2日、医師の診察で問題がないことが確認され、母児同室を開始した。身体測定を行うため、児を新生児室に移送した。児は四肢を屈曲させた姿勢で、体重計に乗せたとき両手を広げ、そのまま上肢を伸ばし抱きかかえるような動きをした。
 腹部には境界の不明瞭な紅斑が散在し、腋窩と鼠径部にはクリーム状のものが付着していた。
 児の看護で適切なのはどれか。

1.手足を伸ばして寝かせる。
2.異常な反射があったと医師に報告する。
3.腹部の紅斑が散在している部位を消毒する。
4.腋窩と鼠径部のクリーム状の付着物は洗い落とさない。

解答4

解説

1.× 手足を伸ばして寝かせる必要はない。なぜなら、健常児は仰臥位となったときに上肢はW字型、下肢はM字型で四肢を屈曲させているのが正常な筋緊張状態であるため。つまり、新生児は四肢を屈曲させた姿勢が正常である。
2.× 異常な反射があったと医師に報告する必要はない。なぜなら、これは新生児にみられる「原始反射」のひとつであるため。設問中の「両手を広げ,そのまま上肢を伸ばし抱きかかえるような動き」はモロー反射である。
3.× 腹部の紅斑が散在している部位を消毒する必要はない。なぜなら、感染による膿疱は辺縁が明瞭な場合が多く、設問中の紅斑は新生児中毒性紅斑の可能性が高いため。この場合、生後1~3日でみられる頻度の高い発疹で、適応現象のひとつである。皮膚刺激により多くみられる症状で治療も消毒も必要ない。
4.〇 正しい。腋窩と鼠径部のクリーム状の付着物は洗い落とさない。なぜなら、出生直後の新生児の頚部や腋窩などの皮膚にクリーム状の付着物、胎脂がみられることがあるが、胎脂は不潔なものではなく、体温保持に有用なものでもあるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 在胎40週2日、正常分娩で出生した男児。出生時体重3,300g、身長48.5cm。生後1日の体重は3,200g。バイタルサインは腋窩温37.2℃、呼吸数70/分、心拍数130/分。出生後24時間までに、排尿が1回、排便が1回みられた。

108 生後3日、児の体重は3,000gになった。バイタルサインに異常はみられない。手掌と足底に黄疸がみられ、傾眠傾向にあった。血清ビリルビン値18.5mg/dL。
 母児同室を続けるため、コットに設置可能な光線療法器を用いて治療を行うことになった。
 児の光線療法に関する母親への説明で適切なのはどれか。

1.「体温は低下します」
2.「便の回数は減ります」
3.「おむつは外して行います」
4.「直接授乳は続けましょう」

解答4

解説

1.× 体温は低下ではなく、上昇する。なぜなら、光線によって、児の体表面が温められるため。したがって、体温の上昇による脱水に注意が必要である。
2.× 便の回数は、減るのではなく増える。なぜなら、ビリルビンの排泄増加により、下痢が出現しやすいため。
3.× おむつは、外さず装着して行う。なぜなら、性器に光線をあてないようにするため。ちなみに、目を保護するためアイマスクをし、他は脱いだ状態で行う。
4.〇 正しい。直接授乳は続ける。なぜなら、光線療法中も母乳育児は可能であるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(38歳、男性、会社員)。両親と3人暮らし。25歳のころに双極性障害と診断された。3か月前から気分が落ち込み夜も眠れず、食欲もなくなり仕事を休むことが多くなってきた。無力感を感じるようになり、休職して精神科病棟に任意入院した。入院後は1日中ベッドで横になって過ごし、他の患者との交流もみられない。看護師が話しかけても簡単な返事をするだけで無表情である。食事は病室で摂取しており、摂取量は少ない。

109 入院後1週が経過した。Aさんはベッドに横になりじっと窓を見つめていることが多くなった。看護師が何をしているのか話しかけると、Aさんは「死にたいと思っている」と答えた。
 このときの看護師の対応で適切なのはどれか。

1.話題を変える。
2.気分転換を促す。
3.すぐに良くなると励ます。
4.自殺しないことをAさんに約束してもらう。

解答4

解説

1.× 話題を変える必要はない。なぜなら、自殺念慮に対しては誠実に向き合うことが大切である。話題をそらすことは、Aさんの切実な訴えを軽んじていると受け取られかねない。
2.× 気分転換を促す必要はない。なぜなら、自殺念慮が生じるほどの状態ということは、気分転換ができるようなエネルギーはないことが多く、それがかえって負担となるため。誠実に気持ちを受け止めることが大切である。
3.× すぐに良くなると励ます必要はない。なぜなら、安易な励ましは禁物であり、その保証はないため。励ましに応えられない自分を責め、より状態を悪化させることも考えられる。
4.〇 正しい。自殺しないことをAさんに約束してもらう。なぜなら、自殺念慮があることを告白されたら、その切迫度を確認することが大切であるため。そして、決して自殺しないことを約束してもらい、自殺の予防に努める。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(38歳、男性、会社員)。両親と3人暮らし。25歳のころに双極性障害と診断された。3か月前から気分が落ち込み夜も眠れず、食欲もなくなり仕事を休むことが多くなってきた。無力感を感じるようになり、休職して精神科病棟に任意入院した。入院後は1日中ベッドで横になって過ごし、他の患者との交流もみられない。看護師が話しかけても簡単な返事をするだけで無表情である。食事は病室で摂取しており、摂取量は少ない。

110 入院後4週が経過した。昨日は、午前中ホールに1回出てきたが、すぐに病室に戻ってしまった。今朝、看護師がホールに出てきたAさんに「おはようございます」と声を掛けたところ、「おはよう」と答えただけで病室に戻ってしまった。夕方には他の患者とも会話をしたり、一緒にテレビを見たりするようになった。看護師が気分について尋ねると「まだ死にたい気持ちが残っている」と話した。
 このときのAさんの状態のアセスメントとして正しいのはどれか。2つ選べ。

1.過活動である。
2.気分には日内変動がある。
3.自分に注目して欲しいと思っている。
4.行動の回復と感情の回復に差が生じている。
5.看護師に声を掛けられたことに怒りを感じている。

解答2/4

解説

1.× 過活動とはいえない。過活動とは、通常と思われる活動量以上の行動をとっていることをいう。
2.〇 正しい。気分には日内変動がある。今朝は声を掛けると病室に戻ってしまったAさんが、夕方には他の患者と会話をしたり一緒にテレピを見たりしているので、気分に日内変動がある。うつ状態の特徴は、朝方調子が悪く、タ方少し楽になる日内変動がある。
3.× 自分に注目して欲しいと思っているとは考えにくい。なぜなら、看護師が声を掛けても「おはよう」と言っただけで病室に戻っているため。
4.〇 正しい。行動の回復と感情の回復にが生じている。行動は回復傾向であるが、「まだ死にたい気持ちが残っている」と話しているので、感情の回復との間に差があると考えられる。食欲・睡眠・活動といった第三者からもわかる回復と、患者自身が実感できる回復には時間差があることが多い。
5.× 看護師に声を掛けられたことに怒りを感じているとは考えにくい。なぜなら、夕方には気分について尋ねた看護師に希死念慮を話しているため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。