第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後106~110】

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性)は、両親と3人で暮らしている。24歳のときに統合失調症を発症し治療を開始している。Aさんは大学卒業後に一度就職したが、発症後に退職し、現在も無職である。2週前から元気がなく、自室に引きこもって独り言を言っているのが目立つようになったため、両親同伴で外来を受診した。両親からは、1年前から便秘が続き、Aさんが薬の副作用(有害事象)を気にするようになったという話があった。

106 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.「薬は飲まないといけません」
2.「薬には副作用があるものですよ」
3.「便秘は副作用ではありませんよ」
4.「便秘の対処方法を一緒に考えましょう」

解答4

解説

Aさんは、薬物治療による副作用(有害事象)を気にして内服を中断したため、統合失調症の症状が悪化したと考えられる。

 

1.× 「薬は飲まないといけません」は、不適切である。なぜなら、Aさんは、内服の必要性を理解していなかったのではなく、便秘の副作用を気にして拒薬した可能性があるため。
2.× 「薬には副作用があるものですよ」は、不適切である。なぜなら、副作用を気にして内服を拒否している可能性がある患者に対してのこの発言は、患者の気持ちをまったく理解しておらず、患者の不信を招くため。
3.× 「便秘は副作用ではありませんよ」は、不適切である。なぜなら、看護師の発言が虚偽となるため。抗精神病薬の副作用には、抗コリン作用による口渇・便秘・尿閉・起立性低血圧などがある。
4.〇 正しい。「便秘の対処方法を一緒に考えましょう」は、適切である。Aさんは便秘を気にして内服を中断した可能性がある。したがって、便秘の対処法を一緒に考え、患者の気がかりをともに解決していくことが必要である。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性)は、両親と人で暮らしている。24歳のときに統合失調症を発症し治療を開始している。Aさんは大学卒業後に一度就職したが、発症後に退職し、現在も無職である。2週前から元気がなく、自室に引きこもって独り言を言っているのが目立つようになったため、両親同伴で外来を受診した。両親からは、1年前から便秘が続き、Aさんが薬の副作用(有害事象)を気にするようになったという話があった。

107 診察では幻聴の悪化が認められたため、薬物治療の見直しが行われた。その後、定期的に両親同伴で外来通院を続けた。3か月後、幻聴は改善傾向を示し、規則正しい生活ができるようになった。外来の診察で、悪化した原因を改めて振り返ったところ、Aさんは「半年前から家族に分からないように薬をトイレに捨てていた」と話した。診察後、Aさんからそれを聞いた両親が、医師や看護師の目の前でAさんを大きな声で叱ると、Aさんの表情は険しくなった。
 Aさんの両親に勧めるものとして適切なのはどれか。

1.心理教育
2.内観療法
3.自律訓練法
4.精神分析療法

解答1

解説

1.〇 正しい。心理教育は、Aさんの両親に勧めるものとして適切である。高EE(HEE:High Expressed Emotion)とは、家族の患者に対する感情表出が、批判的で敵意を持つもののことをいう。統合失調症患者における再発に関連がある。高EEを示す家族を対象とした心理教育は、疾病への理解や正しい対応につながり、患者の再発予防につながる。心理教育とは、精神保健問題を抱える患者本人および家族に対して、エンパワーメントおよび最善の対応法を教える患者教育である。 多くの場合、統合失調症、うつ病、不安障害、慢性疾患、摂食障害、パーソナリティ障害によく実施され、その家族もまた対象となる
2.× 内観療法は、吉本伊信の内観法(修養法の一種)を基にした精神療法で、「してもらったこと」、「して返したこと」、「迷惑をかけたこと」の3点に絞って具体的な事実を想起する。両親に勧めるものとして適切とはいえない。内観療法は、アルコールや薬物依存・適応障害の治療法として効果があるといわれている。
3.× 自律訓練法は、ドイツの精神科医シュルツによって開発されたもので、緊張をゆるめて心身ともにリラックスさせるのに効果的で、代表的な方法である。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。両親に勧めるものとして適切とはいえない。
4.× 精神分析療法は、フロイトによる精神分析学を基にした精神療法で、患者の心に浮かんだ自由連想を用いて患者の無意識下にある問題の原因を分析するものである。神経症性障害患者に効果があるといわれている。両親に勧めるものとして適切とはいえない。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性)は、両親と人で暮らしている。24歳のときに統合失調症を発症し治療を開始している。Aさんは大学卒業後に一度就職したが、発症後に退職し、現在も無職である。2週前から元気がなく、自室に引きこもって独り言を言っているのが目立つようになったため、両親同伴で外来を受診した。両親からは、1年前から便秘が続き、Aさんが薬の副作用(有害事象)を気にするようになったという話があった。

108 さらに3か月後、家事の手伝いができるようになり、家庭内で落ち着いた日常生活を送れるようになった。Aさんは「自分のことは自分でできるようになって、将来はまた働きたい」と話すようになり、社会復帰に向けて社会資源の利用を検討することになった。
 この時点でAさんに紹介する社会資源で適切なのはどれか。(※解2つ)

1.就労移行支援
2.地域活動支援センター
3.居宅介護<ホームヘルプ>
4.短期入所<ショートステイ>
5.共同生活援助<グループホーム>

解答1/2(複数の選択が正解としている)
理由:複数の正解があるため。

 

解説

1.〇 正しい。就労移行支援は、Aさんに紹介する社会資源で適切である。就労移行支援とは、65歳未満で一般企業等への就労を希望する人に、24か月を基準として原則日中に通所して事業所内や企業で作業や実習をし、適性にあった職場探しや就労後の職場定着のための支援をするものである。A さんは家庭内で落ち着いた日常生活が送れており、将来就労を希望していることから、社会復帰に向けた社会資源としては適切である。
2.〇 正しい。地域活動支援センターは、Aさんに紹介する社会資源で適切である。地域活動支援センターは、障害者に手工芸や音楽、園芸などの創作的活動や、簡易作業(名刺印刷や菓子箱折りなど)による生産活動の機会を提供することにより、社会との交流を促進し、自立した生活を支援する福祉施設である。A さんは家庭内で落ち着いた日常生活が送れており、さらに将来の就労を希望していることから、社会復帰に向けた社会資源としては適切である。
3.× 居宅介護<ホームヘルプ>は、自宅で家事支援や外来同行などの介助を行うものである。Aさんは、日常生活が自立していることから不要である。
4.× 短期入所<ショートステイ>は、家族などが不在時に短期間滞在できる施設である。Aさんには家族がおり、日常生活も自立していることから不要である。
5.× 共同生活援助<グループホーム>は、主に夜間において、相談や介護、日常生活援助を受けながら共同生活を行うものである。Aさんはすでに家庭内で落ち着いた日常生活を送れていることから不要である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aちゃん(6歳、女児)は、重症の新生児仮死で出生した。誤嚥性肺炎で入退院を繰り返しているため、今回の入院で経鼻経管栄養法を導入し、退院後は週1回の訪問看護を利用することになった。現在は四肢と体幹の著しい運動障害があり、姿勢保持が困難で、移動および移乗は全介助である。声かけに笑顔はみられるが、指示に応じることはできない。

109 訪問看護師が行う母親への経管栄養法の指導で適切なのはどれか。

1.注入する前に排便させる。
2.注入中は側臥位を保つようにする。
3.カテーテルは毎日場所を変えて固定する。
4.家族と同じ食事を流動食にして注入する。

解答3

解説

新生児仮死とは?

新生児仮死は、先天異常や未熟性、低酸素や虚血により続発する、出生時にみられる呼吸・循環を主徴とする症候群である。低酸素による脳障害の程度により心身障害が生じるため、日常的な育児に加え医療的ケアやリハビリテーションが必要である。

1.× 必ずしも毎回、注入する前に排便させる必要はない。なぜなら、経管栄養法では食物残渣が比較的少なく、規則的な排便が困難になりやすいため。注入により胃・腸管の嬬動運動が活発になり、注入後に自然排便が認められることが多い。
2.× 注入中は、側臥位ではなく、30~90度の座位を保つようにする。なぜなら、栄養剤の逆流や誤嚥を防ぐため最も良い。Aちゃんは自力での坐位保持は困難なため、ベッドのギャッジアップやバギー、クッションなどを用い体位を保持する必要がある。
3.〇 正しい。カテーテルは、毎日場所を変えて固定する。なぜなら、固定するテープの粘着成分やカテーテルの圧迫により皮膚トラブルが生じやすいため。また、皮膚の観察も兼ね、テープの貼り替えを毎日行うことが必要である。ちなみに、小児では、鼻尖部と頬の2か所に固定をすることが一般的である。
4.× 家族と同じ食事を流動食にして注入する必要はない。なぜなら、栄養剤は医師が処方するものであるため。家族の食事を流動食にして注入することはできない。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aちゃん(6歳、女児)は、重症の新生児仮死で出生した。誤嚥性肺炎で入退院を繰り返しているため、今回の入院で経鼻経管栄養法を導入し、退院後は週1回の訪問看護を利用することになった。現在は四肢と体幹の著しい運動障害があり、姿勢保持が困難で、移動および移乗は全介助である。声かけに笑顔はみられるが、指示に応じることはできない。

110 訪問看護師は、Aちゃんの誤嚥性肺炎を予防するケアの方法を母親に指導することにした。
 母親が行うAちゃんへのケアとして適切なのはどれか。

1.腹式呼吸を促す。
2.咳嗽の訓練を行う。
3.胸郭可動域の訓練を行う。
4.含嗽液を用いてうがいをさせる。

解答3

解説

1~2.× 腹式呼吸を促す/咳嗽の訓練を行う/含嗽液を用いてうがいをさせることは困難である。なぜなら、Aちゃんは運動面・精神面に障害が認められており、言語理解も不十分なことから、指示動作をすることは難しいと考えられるため。
3.〇 正しい。胸郭可動域の訓練を行う。なぜなら、胸郭可動域訓練は、他動的に行える呼吸機能維持の方法であるため。また、Aちゃんは出生時からの呼吸器系の障害に加え、成長とともに脊柱変形や胸郭変形が強くなる可能性が高いこと、上肢の運動障害もあることから、胸郭可動域を維持できるようなリハビリテーションを日常的に実施することが必要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。