第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 大動脈に血液を送り出す部位はどれか。

1.左心室
2.右心室
3.左心房
4.右心房

解答1

解説

1.〇 正しい。左心室は、大動脈へ血液(全身に送る)を送り出す。
2.× 右心室は、肺動脈へ血液(全身から還流した静脈血を肺に送る)を送り出す。
3.× 左心房は、左心室へ血液を送り出す。
4.× 右心房は、右心室へ血液を送り出す。

 

 

 

 

 

12 喀血が起こる出血部位で正しいのはどれか。

1.頭蓋内
2.気道
3.食道
4.胆道

解答2

解説

 喀血(かっけつ)とは、肺や気管支などの血管から出た血液を咳と共に吐き出す症状を指す。 似た言葉に吐血(とけつ)があるが、吐血は食道や胃などの消化管からの出血が吐物に混じって吐き出される症状を指す。

 

1.× 頭蓋内の出血は、頭蓋骨内で生じる出血をいう。体外に出血はみられない。意識障害など脳由来の症状が生じる。
2.〇 正しい。気道からの出血により喀血(血液のみ喀出)が起こる。ちなみに、気道からの出血により、血液が混ざった喀痰を血痰という。
3.× 食道からの出血(嘔吐とともに血液を喀出すること)は、吐血という。
4.× 胆道から出血は、血便や黒色便がみられる。

 

 

 

 

 

13 胸痛を訴えるのはどれか。

1.髄膜炎
2.腎結石
3.急性心筋梗塞
4.Mènière<メニエール>病

解答3

解説

1.× 髄膜炎では、脳および脊髄を包む髄膜の炎症により頭痛が生じる。
2.× 腎結石は、自覚症状は少ないが、結石が腎盂尿管移行部以下へ移動すると腰背部に激しい痛みを生じる。腎臓は後腹膜に位置している。
3.〇 正しい。急性心筋梗塞では、20分以上持続する胸痛が典型的な症状である。一般的に胸痛は、胸部にある臓器(心臓、大血管、肺、胸膜、胸部の神経・筋肉・骨、上部消化管)の疾患により生じる。
4.× Mènière<メニエール>病は、内耳の疾患である。症状は、難聴・耳鳴・耳閉塞感などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する。

 

 

 

 

 

14 小脳失調でみられるのはどれか。

1.下肢の麻痺が認められる。
2.姿勢保持が困難になる。
3.血圧が不安定になる。
4.体がこわばる。

解答2

解説

1.× 下肢の麻痺は生じない。下肢の麻痺は、皮質脊髄路(錐体路)の障害で起こる。なぜなら、下肢を動かそうとする指令は、大脳にあるー次運動野から始まり、脳幹、脊髄を通る皮質脊髄路(錐体路)という下行線維を通って下肢に伝わるため。
2.〇 正しい。姿勢保持が困難になる。小脳障害は、平衡保持、うまく歩くことやまっすぐに立っていることや円滑な随意運動(体幹失調)、手足を複雑に動かすことが困難(小脳性運動失調)になる。
3.× 血圧が不安定になるのは、脳幹や脊髄の障害で起こる。脳幹や脊髄を通る交感神経系が障害されると血圧が不安定となり、起立性低血圧などが生じる
4.× 体がこわばるのは、関節リウマチパーキンソン病などで生じることが多い。

 

 

 

 

 

15 せん妄の誘発因子はどれか。(※採点対象外)

1.身体拘束
2.心血管障害
3.低栄養状態
4.電解質バランス異常

解答1(※採点対象外)
理由:必修問題としては妥当でないため。

解説

せん妄とは?

せん妄は、一過性の急性精神症状群である。準備因子(患者さんの脆弱性など)、直接因子(疾患・生理学的異常・薬剤など)、誘発因子(環境的要素など)の多要因で生じる。意識・注意・認知・知覚が障害されるだけでなく、睡眠や精神運動活動、情動も障害される状態である。

1.〇 正しい。身体拘束は、せん妄の誘発因子である。ちなみに、①術後のバルーンカテーテルの痛みや、②同一体位による腰部や背部の痛みなどでも、せん妄を起こすこともある.
2.× 心血管障害は、せん妄の直接因子である。
3.× 低栄養状態は、せん妄の直接因子である。
4.× 電解質バランス異常は、せん妄の直接因子である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。