第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後21~25】

 

21 Kaup<カウプ>指数の計算式はどれか。

解答1

解説

カウプ指数は、乳幼児の発育状態の程度を表す指標である。

 

1.〇 正しい。体重(g)/身長(cm)2 × 10は、カウプ指数の計算式である。標準値は、15~19である。
2.× 体重(g)/身長(cm)3 × 104は、ローレル指数の計算式である。学童期以降の肥満の程度を示すものである。標準値は115~145である。
3.× 体重(kg)/身長(m)2は、BMIの計算式である。標準は22である。国際的に使われている世界共通の肥満度の指標である。
4.× 実測体重(kg)-標準体重(kg)/標準体重(kg)× 100は、肥満度を表す計算式である。±10%以内が理想である。小児の場合、肥満判定は幼児期で15%以上、学童期で20%以上である。

 

 

 

 

 

22 針刺し事故によって感染するのはどれか。

1.RSウイルス
2.B型肝炎ウイルス
3.ヘルペスウイルス
4.サイトメガロウイルス

解答2

解説

1.× RSウイルスは、飛沫感染や接触感染で感染し、乳幼児に呼吸器感染症を起こす。
2.〇 正しい。B型肝炎ウイルスは、代表的な血液媒介感染症である。したがって、針刺し事故によって感染する。ちなみに、血液感染により伝播する疾患としてはC型肝炎ウイルス、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)などがほかに挙げられる。
3.× ヘルペスウイルスの感染経路は、接触感染である。
4.× サイトメガロウイルスの感染経路は、通常、幼小児期に不顕性感染の形で感染(接触感染)する。

 

 

 

 

 

23 氷枕の作り方で適切なのはどれか。

1.氷を隙間なく入れる。
2.濡れたタオルで覆う。
3.内部の空気は残しておく。
4.水漏れがないことを確認する。

解答4

解説

1.× 氷を隙間なく入れるのではなく、1/2~2/3くらい入れるのが良い。その後、氷のすき間を埋めるために水をコップ1杯ほど入れる。ちなみに、氷枕を作る時、氷の角は水をかけて丸くしておくとよい。
2.× 濡れたタオルではなく、乾いたタオルで覆う。なぜなら、過度な寒冷刺激により凍傷や感覚麻痺を起こすおそれがあるため。また、濡れたタオルはシーツなどを濡らし、不快感を与えてしまう。専用カバー(もしくはタオル)をかけるのが良い。
3.× 内部の空気は、残しておくのではなく抜いておく。なぜなら、氷枕の内部に空気があると、熱伝導が妨げられ、寒冷刺激は効果的に伝わらないため。
4.〇 正しい。水漏れがないことを確認する。なぜなら、水漏れがあると、冷水が首や背部に滴り冷やしてしまい、不快感を与えてしまうため。

 

 

 

 

 

24 一次救命処置時の成人への胸骨圧迫の深さで適切なのはどれか。

1.2〜3cm
2.5〜6cm
3.8〜9cm
4.11〜12cm

解答2

解説

心肺蘇生法ガイドライン2015では、成人への胸骨圧迫において押す深さは「5cm以上で6cmを超えない」(小児や乳児は、胸の約3分の1の深さ)、テンポは「100回~120回/分」となっている。したがって、選択肢2.5〜6cmが正しい。

 

 

 

 

 

25 災害時に最も優先して治療を行うのはどれか。

1.脱臼
2.気道熱傷
3.足関節捻挫
4.過換気症候群

解答2

解説

(※引用:医師会の災害時医療救護体制「トリアージの区分」)

 

1.× 脱臼は、軽症群(緑色)の軽易な傷病となる。専門医の治療をほとんど必要としないものに分類される。
2.〇 正しい。気道熱傷は、緊急治療群(赤色)であり、直ちに処置を行えば救命が可能である。最優先に分類される。
3.× 足関節捻挫は、軽症群(緑色)の軽易な傷病となる。専門医の治療をほとんど必要としないものに分類される。
4.× 過換気症候群は、軽症群(緑色)の軽易な傷病となる。専門医の治療をほとんど必要としないものに分類される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。