第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前26~30】

 

26単層円柱上皮はどれか。

1.表皮
2.腹膜
3.膀胱
4.胃

解答4

解説

1.× 表皮(表皮、真皮、皮下組織の3層構造)は、丈夫な重層扁平上皮でできている。ちなみに、口腔や食道などにも重層扁平上皮がみられる。
2.× 腹膜は、単層扁平上皮がみられる。
3.× 膀胱は、移行上皮(尿路上皮)によって覆われている。
4.〇 正しい。胃は、単層円柱上皮である。消化液の分泌、胃酸からの保護などの機能がある。

 

 

 

 

 

27角加速度を感知するのはどれか。

1.耳管
2.前庭
3.耳小骨
4.半規管

解答4

解説

1.× 耳管は、中耳にあり、①鼓室内の圧調整、②惨出液を咽頭へ流す機能がある。
2.× 前庭は、内耳にあり、重力と直線加速度(頭部の傾きや直進運動)を感知する。
3.× 耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)は、中耳にあり、鼓膜の振動を内耳に伝える。
4.〇 正しい。半規管は、内耳にあり、角加速度(回転)を感知する。

 

 

 

 

 

28 縦隔に含まれるのはどれか。

1.肺
2.胸腺
3.副腎
4.甲状腺

解答2

解説

縦隔とは?

 縦隔とは、胸腔の中央で左右の肺を縦に隔てている部分である。
前方には胸骨がある。
後方には胸椎がある。
下方は横隔膜でふさがれている。
上方は左右の第一肋骨と胸骨柄の上端までである。

1.× 肺は、縦隔に含まれない。なぜなら、左右の肺の間にあたる部分が縦隔であるため。
2.〇 正しい。胸腺は、前縦隔(胸骨の背側で心臓の前上部)に存在する。
3.× 副腎は、縦隔に含まれない。なぜなら、副腎は、左右の腎臓の上部に存在し、横隔膜下の臓器であるため。
4.× 甲状腺は、縦隔に含まれない。なぜなら、甲状腺は頚部前面、甲状軟骨のやや下方に存在するため。

 

 

 

 

 

29 膵液について正しいのはどれか。

1.弱アルカリ性である。
2.糖質分解酵素を含まない。
3.セクレチンによって分泌量が減少する。
4.Langerhans<ランゲルハンス>島のβ細胞から分泌される。

解答1

解説

膵臓とは?

 膵臓は、消化酵素を含む体液(膵液)を膵管から十二指腸に出す外分泌と、血糖などをコントロールするホルモンを血中に出す内分泌の両方の働きをもつ。

1.〇 正しい。弱アルカリ性である。なぜなら、強酸性の胃液を中和するため。
2.× 糖質分解酵素は含まれる。多くの消化酵素が含まれ、そのうちのひとつに糖質(炭水化物)分解酵素のアミラーゼがある。ほかに脂質分解酵素としてリパーゼ、蛋白質分解酵素としてトリプシンなどが含まれている。
3.× セクレチンによって分泌量が、減少ではなく促進する。セクレチンは、十二指腸粘膜から血液中に分泌される消化管ホルモンのひとつで、酸性の内容物が胃から十二指腸に入ると分泌され、膵液の分泌を促進し胃液の分泌を抑制する。
4.× Langerhans<ランゲルハンス>島のβ細胞から分泌されるのは、インスリンである。膵液は、腺房細胞で産生され、膵管を通り十二指腸へ排出される。ちなみに、ランゲルハンス島で産生されるのはβ細胞からのインスリン、α細胞からのグルカゴンが分泌される。

 

 

 

 

 

30 ホルモンと分泌部位の組合せで正しいのはどれか。

1.サイロキシン:副甲状腺
2.テストステロン:前立腺
3.バソプレシン:副腎皮質
4.プロラクチン:下垂体前葉

解答4

解説

1.× サイロキシンは、甲状腺から分泌されるホルモンである。ちなみに、副甲状腺からは、パラトルモン(PTH)が分泌される。
2.× テストステロンは、精巣である。前立腺は、ホルモン分泌を行っていない。
3.× バソプレシンは、下垂体後葉から分泌される。副腎皮質は、コルチゾール、アルドステロン、アンドロゲンである。
4.〇 正しい。プロラクチンは、下垂体前葉から分泌される。ちなみに、他にも、甲状腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、成長ホルモンを分泌する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。