第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 刺激伝導系でないのはどれか。

1.腱索
2.洞房結節
3.房室結節
4.Purkinje<プルキンエ>線維

解答1

解説

心臓の刺激伝導系

洞房結節→房室結節→ヒス束→右脚・左脚→プルキンエ線維となる。

1.× 腱索は、刺激伝導系でない。腱索は心臓の乳頭筋とつながっている線維で、房室弁(僧房弁と三尖弁)が心房内に反転しないように支える役割を果たす。つまり、心室から心房への血液の逆流を防いでいる。
2.〇 正しい。洞房結節(洞結節)は、正常心拍の歩調とり(ペースメーカー:自動能)として、刺激伝導系のうち最も早期に興奮する部位である。
3.〇 正しい。房室結節は、心房と心室の接合部に位置し、心房の興奮を心室に伝える役目を担う。
4.〇 正しい。Purkinje<プルキンエ>線維は、心室壁に分布し、ヒス束から左脚・右脚を経て伝導された興奮を心室全体に伝導する。

 

 

 

 

 

27 アルドステロンで正しいのはどれか。

1.近位尿細管に作用する。
2.副腎髄質から分泌される。
3.ナトリウムの再吸収を促進する。
4.アンジオテンシンⅠによって分泌が促進される。

解答3

解説

アルドステロンは、副腎皮質から分泌される。アルドステロンの腎臓における生理的作用は、腎集合管に作用し、ナトリウムの再吸収とカリウム排泄を促進し、血圧を上昇させ、ホメオスタシスの維持に寄与していることなどである。

 

1.× 近位尿細管ではなく、遠位尿細管~集合管に作用する。近位尿細管に作用するのは、アンジオテンシンⅡである。
2.× 副腎髄質ではなく、副腎皮質から分泌される。ちなみに、副腎髄質からはアドレナリンやノルアドレナリン、少量のドパミンが分泌される。
3.〇 正しい。ナトリウムの再吸収を促進する。ナトリウム(と合わせて水)の再吸収とカリウム排泄を促進する。
4.× アンジオテンシンⅠではなく、アンジオテンシンⅡによって分泌が促進される。

 

 

 

 

 

28 慢性閉塞性肺疾患について正しいのはどれか。

1.残気量は減少する。
2.%肺活量の低下が著明である。
3.肺コンプライアンスは上昇する。
4.可逆性の気流閉塞が特徴である。

解答3

解説

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは,たばこ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患である。臨床的には、徐々に生じる労作時の呼吸困難や慢性の咳、疾を特徴とする。

1.× 残気量は、減少ではなく増加する。なぜなら、気道病変や肺胞の弾性収縮力低下し気流閉塞が起こり(スムーズな呼気を吐き出しづらくなり)、肺の過膨張するため。
2.× %肺活量ではなく、1秒率の低下が著明である。なぜなら、慢性閉塞性肺疾患は閉塞性換気障害(1秒率<70%)を引き起こす疾患(肺・胸郭が広がりづらく、吸気しづらくなる)であるため。
3.〇 正しい。肺コンプライアンスは上昇する。肺コンプライアンスとは、肺のふくらみやすさの指標である。つまり、この値が低下するとふくらみにくい肺、上昇するとふくらみすぎの肺といえる。COPDでは、肺弾性収縮力の低下により、過膨張となり、肺コンプライアンスが上昇する。
4.× 可逆性ではなく、非可逆的の気流閉塞が特徴である。気流閉塞は、末梢気道病変と気腫性病変がさまざまな割合で複合的に作用することにより起こり、通常は進行性である。

 

 

 

 

 

29 腰椎椎間板ヘルニアで正しいのはどれか。

1.高齢の女性に多発する。
2.診断にはMRIが有用である。
3.好発部位は第1・2腰椎間である。
4.急性期では手術による治療を行う。

解答2

解説

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、過度の運動・労働による脊椎への負荷や加齢が原因で椎間板が変性し、椎間板の中身である髄核が後方ないし後側方へ突出,脱出したものをいう。

1.× 高齢の女性ではなく、20~40歳の男性(男女比2~3:1)に多発する。男性のほうが腰に負担のかかる仕事や運動を行う機会が多いことが関係しているためと考えられている。
2.〇 正しい。診断にはMRIが有用である。なぜなら、椎間板は軟部組織であるため。
3.× 好発部位は、第1・2腰椎間ではなく第4・5腰椎間である。上位腰椎と比較して、下位腰椎のほうが運動時の可動域が広いためであると考えられている。
4.× 急性期では手術ではなく保存治療を行う。なぜなら、急性期では激しい痛みを伴うため。慢性期には手術療法も検討される。基本的に保存療法は、安静・薬物・理学療法・コルセット・運動療法などである。ただし、膀胱直腸障害や運動麻痺を伴う重症例では、手術療法も考慮する。

 

 

 

 

 

30 配偶者暴力相談支援センターの機能はどれか。

1.一時保護
2.就労の仲介
3.外傷の治療
4.生活資金の給付

解答1

解説

配偶者暴力相談支援センターとは?

配偶者暴力相談支援センターは、都道府県が設置する婦人相談所がその機能を果たすことが多い。配偶者暴力相談支援センターの設置の根拠法は『配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)』である。

1.〇 正しい。一時保護は、配偶者暴力相談支援センターの機能である。配偶者暴力相談支援センターでは、相談だけでなく緊急時の安全の確保と一時保護にも対応する。
2.× 就労の仲介は、ハローワーク等が行う。配偶者暴力相談支援センターでは、自立生活促進の相談(情報提供)に応じる役割を持つ。
3.× 外傷の治療は、病院・診療所等の医療提供施設が行う。
4.× 生活資金の給付は、福祉事務所などが行う。配偶者暴力相談支援センターでは、自立生活促進の相談(情報提供)に応じる役割を持つ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。