第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前41~45】

 

41 ヨード制限食が提供されるのはどれか。

1.甲状腺シンチグラフィ
2.慢性腎不全の治療
3.肝臓の庇護
4.貧血の治療

解答1

解説

ヨード制限食の必要性

 甲状腺機能の検査や、バセドウ病などの治療で、放射性ヨウ素を用いる場合(①アイソトープ検査、②アイソトープ治療)は、ヨウ素を制限する必要がある。
①アイソトープ検査(甲状腺の大きさや形の変化などを知りたいときに、必要に応じて行われる検査。):甲状腺の検査や治療に放射性ヨウ素を使用した治療や検査がある。
②アイソトープ治療:バセドウ病など甲状腺ホルモンが必要以上に作られてしまう場合、放射線ヨウ素をとりこみ、その放射線が甲状腺の細胞を攻撃し、増えすぎた細胞を減らし、甲状腺ホルモンを過剰につくらせないようにする治療である。

1.〇 正しい。甲状腺シンチグラフィでは、放射性ヨードを用いるため、食物からのヨードの影響を除く必要があり、ヨード制限食が提供される。ヨードは、甲状腺ホルモンの構成成分となるため、甲状腺に集積する性質がある。放射性ヨードを使用する甲状腺シンチグラフィの際には、投与した放射性ヨードの取り込みと競合しないためにヨードの摂取を制限する必要がある。
2.× 慢性腎不全の治療では、主に蛋白質・塩分制限が行われる.
3.× 肝臓の庇護(ひご:守ること)では、適正なエネルギーと栄養バランスのとれた食事が原則である。特に、ヨード制限の必要はないが、病態により対応は異なる。
4.× 貧血の治療では、ヘモグロビンの構成成分となる鉄剤(鉄分の摂取)が用いられる。

 

 

 

 

 

42 体位が身体に与える影響について正しいのはどれか。

1.座位から仰臥位になると楽に呼吸ができる。
2.立位と比較して座位の方が収縮期血圧は低い。
3.仰臥位から急に立位になると脈拍が速くなる。
4.立位からTrendelenburg<トレンデレンブルグ>位になると収縮期血圧が下降する。

解答3

解説

1.× 逆である。仰臥位から座位になると楽に呼吸ができる。なぜなら、重力によって横隔膜が下がり胸郭が拡張しやすくなるため。
2.× 逆である。座位と比較して立位の方が収縮期血圧は低い。なぜなら、座位により末梢の静脈還流量が減少するため。一般的に収縮期血圧は、「仰臥位→坐位→立位」の順で低くなる。
3.〇 正しい。仰臥位から急に立位になると脈拍が速くなる。なぜなら、末梢の静脈還流量が減少し、これを感知すると心臓は心拍が上がるため。
4.× 立位からTrendelenburg<トレンデレンブルグ>位になると収縮期血圧が、下降ではなく上昇する。なぜなら、骨盤高位(トレンデレンブルグ位)では静脈還流が増加するため。

 

 

 

 

 

43 洗髪を行うときに、患者のエネルギー消費が最も少ない体位はどれか。

1.仰臥位
2.端座位
3.起座位
4.Fowler<ファウラー>位

解答1

解説

1.〇 正しい。仰臥位は、洗髪を行うときに、患者のエネルギー消費が最も少ない体位である。なぜなら、仰臥位は基底面が大きく、全身をベッドに預けることができる最も安楽な体位であるため。
2~4.× 端座位(ベッド端などに座った状態)/起座位(上半身をほぽ90度に起こした状態)/Fowler<ファウラー>位(ベッドを45~60度起こした状態である半坐位)は、仰臥位に比べて基底面が小さく重心も高いため、エネルギー消費が大きい。ちなみに、起座位は、呼吸困難を軽減する目的で用いる体位である。

 

 

 

 

 

44 前腕部からの動脈性の外出血に対する用手間接圧迫法で血流を遮断するのはどれか。

1.鎖骨下動脈
2.腋窩動脈
3.上腕動脈
4.橈骨動脈

解答3

解説

間接圧迫止血法では、傷口から心臓に近い動脈を圧迫する。

 

1.× 鎖骨下動脈は、腋窩よりも心臓に近い部位からの出血に対して行われる。
2.× 腋窩動脈は、腋窩よりも手側の上腕からの出血に対して行われる。
3.〇 正しい。上腕動脈は、前腕部と心臓との間にあり、かつ最も前腕に近い動脈であるため、間接圧迫法で止血する部位として適している。
4.× 橈骨動脈は、手首よりも末梢の出血に対して行われる。

 

 

 

 

 

45 看護師が医療事故を起こした場合の法的責任について正しいのはどれか。

1.罰金以上の刑に処せられた者は行政処分の対象となる。
2.事故の程度にかかわらず業務停止の処分を受ける。
3.民事責任として業務上過失致死傷罪に問われる。
4.刑法に基づき所属施設が使用者責任を問われる。

解答1

解説

医療従事者の過失により患者側が被害を受けたものを「医療過誤」という。医療過誤が発生した場合の法的責任(刑事責任民事責任行政上の責任)を理解する。

 

1.〇 正しい。罰金以上の刑に処せられた者は、行政処分の対象となる。『保健師・助産師・看護師法』によって行政処分の対象が明記されている。他にも、行政処分は、免許取消、業務に関して犯罪又は不正行為があったりした場合に適用される。
2.× 事故の程度を考慮し、業務停止の処分を受ける。行政処分の一つである業務停止は、医療事故の原因や状況などにより処分の対象となるか検討する。具体的には、患者への身体的・精神的に対する影響、看護師としての知識・技術の適切性、専門職としての道徳・品格など検討されたうえで、事故の相当に対して処分される。
3.× 民事責任ではなく、『刑法』として刑事責任として業務上過失致死傷罪に問われる。
4.× 刑法ではなく、民法に基づき所属施設が使用者責任を問われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。