第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

 

46 疾患と原因となる生活習慣の組合せで適切なのはどれか。

1.低血圧症:飲酒
2.心筋梗塞:長時間労働
3.悪性中皮腫:喫煙
4.Ⅰ型糖尿病:過食

解答2

解説

1.× 飲酒は、低血圧症ではなく高血圧症の要因の一つである。低血圧は、原因不明の本態性低血圧と、細胞外液減少や自律神経系、内分泌系、循環機能の障害による症候性低血圧に分類される。
2.〇 正しい。長時間労働は、心筋梗塞の要因の一つである。心筋梗塞は、冠状動脈の閉塞により心機能が低下する疾患である。動脈硬化や血栓形成が主な原因である。長時間労働による疲労の蓄積によっても循環動態、血管病変の悪化を招き、発症の原因となる。
3.× 喫煙は、悪性中皮腫ではなく、肺癌・慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの要因の1つである。悪性中皮腫は、石綿(アスベスト)の吸入後、30~40年を経て、胸膜や腹膜の中皮細胞から発生する悪性腫瘍である。
4.× 過食は、Ⅰ型糖尿病ではなくⅡ型糖尿病である。Ⅰ型糖尿病は、自己免疫や遺伝因子が要因で膵臓のインスリン分泌障害により生じる糖尿病である。過食によるインスリン作用不足が要因となるのは、Ⅱ型糖尿病である。

 

 

 

 

 

47 自動体外式除細動器<AED>による電気的除細動の適応となるのはどれか。

1.心静止
2.心房細動
3.心室細動
4.房室ブロック

解答3

解説

  • 除細動器(DC)は、電気ショックの種類により①除細動と、②カルディオバージョンに分類され、広汎な不整脈に対応し、使用できるのは医療従事者のみである。
  • 自動体外式除細動器<AED>は、治療対象を心室細動(VF)と心室頻拍(VT)のみとし、一般市民も使用可能な心電図解析装置つき除細動器である。

 

1.× 心静止や無脈性電気活動(PEA)のような脈が出ていない波形には適応とならない。治療対象を心室細動(VF)と心室頻拍(VT)のみである。
2.× 心房細動は、自動体外式除細動器<AED>ではなく、除細動器(DC)の適応である。
3.〇 正しい。心室細動は、自動体外式除細動器<AED>の適応である。ちなみに、心室頻拍(VT)も適応である。
4.× 房室ブロック(洞結節からの電気信号が房室まで伝わらない状態)は、ペースメーカーの植え込みが必要である。

 

 

 

 

 

48 術中の仰臥位の保持によって発生することがある腕神経叢麻痺の原因はどれか。

1.上腕の持続的圧迫
2.前腕の回外の持続
3.肘関節の持続的圧迫
4.上肢の90度以上の外転

解答4

解説

腕神経叢麻痺とは?

腕神経叢とは、頚髄から分枝した神経が鎖骨や肋骨の間を通り、腋窩付近を走行する際に形成する神経の束のこと。腕神経叢麻痺は、腕神経叢の過伸展によって引き起こされることが多い。

1.× 上腕の持続的圧迫では、橈骨神経麻痺が生じやすい。症状は、前腕の母指側の感覚障害、下垂手などがある。
2.× 前腕の回外の持続と同時に手関節を過伸展で、まれに正中神経麻痺が生じる。症状は、手掌の母指から環指橈側にかけての感覚障害、猿手などがある。
3.× 肘関節の持続的圧迫は、尺骨神経麻痺を生じやすい。症状は、手掌の環指尺側から小指の感覚障害、鷲手などがある。
4.〇 正しい。肩関節の下方への牽引や上肢の90度以上の外転をすると、腕神経叢麻痺を生じやすい。なぜなら、腕神経叢が過伸展されるような体位となるため。障害の程度により、さまざまな上肢の運動麻痺や感覚障害が生じる。

 

 

 

 

 

49 点滴静脈内注射によって抗癌薬を投与している患者の看護で適切なのはどれか。

1.悪心は薬で緩和する。
2.留置針は原則として手背に挿入する。
3.血管痛がある場合は直ちに留置針を差し替える。
4.2回目以降の投与では過敏症の症状の確認は必要ない。

解答1

解説

1.〇 正しい。悪心は、薬で緩和する。抗癌薬の副作用による悪心に対しては、適切な制吐薬などを使用することで対処する。
2.× 留置針は、原則として手背ではなく、前腕に挿入する。なぜなら、手背・手首・肘関節などの動きのある部位は血管外漏出するおそれがあるため。したがって、手背・手首・肘関節などはなるべく避け、できる限り太い静脈血管を確保する。
3.× 血管痛がある場合は、直ちに留置針を差し替えるのではなく、直ちに投与を中止すべきである。なぜなら、血管痛がある場合は血管外漏出の可能性があるため。血管外漏出を確認し、血管外漏がない場合でも、抗がん薬の浸透圧や刺激性により痛みを生じる可能性がある。したがって、血管痛を起こしやすい薬剤の把握や適正な滴下速度の確認、ホットパック、冷器法での対応を考える。
4.× 2回目以降の投与でも、過敏症の症状の確認は必要である。なぜなら、初回には起きなくても、2回目以降の投与で過敏症が起きることもあるため。抗がん薬投与後、24時間以降や2回目以降の投与の際に過敏症が出現することもある。回数を重ねることで過敏症の発症リスクの高い薬剤もあるので、必ず把握しておく。

 

 

 

 

 

50 Aさん(60歳、男性)は、慢性心不全の終末期で、積極的な治療を行わないことを希望している。現在、入院中で、リザーバーマスク10L/分で酸素を吸入し、水分制限がある。時々息切れがみられるが、Aさんは面会に来た長女との会話を楽しみにしている。バイタルサインは呼吸数28/分、脈拍110/分、血圧76/50mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>88%であった。
 このときの対応で最も適切なのはどれか。

1.面会は制限しない。
2.水分制限を厳しくする。
3.Aさんに仰臥位を維持してもらう。
4.面会中は酸素マスクを鼻腔カニューラに変更する。

解答1

解説

1.〇 正しい。面会は制限しない。なぜなら、Aさんは長女との会話を楽しみにしているため。終末期では、患者の苦痛を最小限にしたうえで、患者のQOLを最大限に高める援助を考える。
2.× 水分制限を厳しくする必要はない。なぜなら、本症例は終末期で、積極的な治療を行わない時期であるため。
3.× Aさんに仰臥位を維持してもらう必要はない。なぜなら、慢性心不全の患者は仰臥位になることで静脈還流が増し、呼吸苦が増強するため。体位は、半坐位(ファーラー位)や起座位が望ましい。
4.× 面会中は酸素マスクを鼻腔カニューラに変更する必要はない。なぜなら、鼻腔カニューラで供給できる酸素の量は、6L程度であり、リザーバーマスクに比べ、酸素供給量が減少してしまうため。鼻腔カニューラで、流量を6L以上にすると、鼻粘膜の損傷を引き起こす可能性がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。