第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前51~55】

 

51 Aさん(42歳、女性)は、3日前から微熱と強い全身怠感を自覚したため病院を受診したところ、肝機能障害が認められ、急性肝炎の診断で入院した。1か月前に生の牡蠣を摂取している。Aさんはこれまで肝臓に異常を指摘されたことはなく、家族で肝臓疾患を罹患した者はいない。
 Aさんが罹患した肝炎について正しいのはどれか。

1.細菌感染である。
2.劇症化する危険性がある。
3.慢性肝炎に移行しやすい。
4.インターフェロン療法を行う。

解答2

解説

1.× 急性肝炎の多くは、細菌感染ではなく、ウイルス感染によるものである。本症例は牡蠣の摂取から急性肝炎になっているので、A型肝炎ウイルス(HAV)が原因と考えられる。A型肝炎ウイルス(HAV)は、経口感染し、海産物の摂取から感染することが多い。
2.〇 正しい。劇症化する危険性がある。A型急性肝炎は、1%以下と頻度は低いが劇症化(劇症肝炎)の危険がある。
3.× 慢性肝炎に移行することはない。なぜなら、慢性肝炎に移行しやすいのは、C型急性肝炎や一部のB型急性肝炎であるため。
4.× インターフェロン療法を行わない。インターフェロン療法は、B型肝炎やC型肝炎の治療に用いられる。一般的に、A型急性肝炎は、保存療法(安静と栄養)を中心とした治療が行われる。したがって、ほとんどが自然に治癒する。

インターフェロンとは?

インターフェロンは、ウイルスに感染した時、生体を守るために体内で作られるタンパク質の一種である。 ウイルスを排除したり、ウイルスの増殖を抑える働きがある。 人工的に生産した インターフェロンを体外から注射によって補うのが、インターフェロン療法である。

 

 

 

 

 

52 ホルモン負荷試験について正しいのはどれか。

1.ホルモン分泌異常を生じている部位の推定に用いる。
2.分泌異常が疑われるホルモンを投与する。
3.前日の夕食から禁食にする。
4.入院が必要である。

解答1

解説

内分泌負荷試験とは?

内分泌負荷試験とは、点滴をしながら同時に採血もして、体の中のホルモンのバランスを調べる検査である。 点滴の中に薬を混ぜたり、薬を飲んだりしながら検査する。 内分泌負荷試験をよく行うのは、低身長のお子さんの成長ホルモンのバランスを調べるときである。

1.〇 正しい。ホルモン分泌異常を生じている部位の推定に用いる。ほかにも、分泌異常の原因となる機能の推定にも用いられる。
2.× 分泌異常が疑われるホルモンではなく、分泌異常が疑われるホルモンの分泌に影響を与えるホルモンを投与する。分泌異常を調べるために、分泌抑制または分泌促進に働く物質を投与し、体内の反応を測定する検査である。
3.× 前日の夕食から禁食にする必要はない。なぜなら、通常、検査当日の朝(検査前日の午後9時以降の禁食)から絶食したうえで検査を行うため。
4.× 必ずしも入院が必要ではない。外来で施行できる負荷試験もある。

 

 

 

 

 

53 乳癌の自己検診法の説明で適切なのはどれか。

1.月経前に行う。
2.年に1回実施する。
3.指先を立てて乳房に触る。
4.乳房の皮膚のくぼみの有無を観察する。

解答4

解説

1.× 月経前ではなく、月経終了後の1週間前後に行う。なぜなら、月経前は最も乳房が緊満していて乳頭が敏感な時期であるため。
2.× 年に1回実施ではなく、毎月1回行うのが望ましい。
3.× 指先を立てて乳房に触るのではなく、指腹または手掌面を用いて圧迫しながらもみほぐすように行う。
4.〇 正しい。乳房の皮膚のくぼみの有無を観察する。乳房の変形や左右差、しこり、ひきつれ、えくぽのようなへこみやくぼみの有無、乳頭のただれ、出血や異常分泌物がないか観察する。

 

 

 

 

 

54 高齢者の看護において目標志向型思考を重視する理由で最も適切なのはどれか。

1.疾患の治癒促進
2.老化現象の進行の抑制
3.病態の関連図の作成の効率化
4.生活全体を豊かにするケアの実践

解答4

解説

看護実践には、大きく①問題解決型思考と、②目標志向型思考の2つがある。

問題解決型思考と目標志向型思考
  • 問題解決型思考:疾患・障害により対象者の自立的な生活を阻害している要因を除去し、健康問題を解決していくプロセスである。標準的な検査・治療や急性増悪に伴う健康問題の解決を目指すときに向いているといわれている。
  • 目標志向型思考:患者本人が「こうなりたい」と思うことを目標にすえ、患者が生活の主体者として日常生活において可能な限り自立的な生き方ができるよう、看護専門職者が支援し、働きかけることである。

1.× 疾患の治癒促進は、問題解決型思考(高齢者の健康障害の原因を取り除き解決していくこと)である。
2.× 老化現象の進行の抑制は、問題解決型思考(高齢者の健康障害の増悪要因となる細胞・組織・臓器・機能レベルの加齢変化に働きかけること)である。
3.× 病態の関連図の作成の効率化は、問題解決型思考(短時間で問題解決に至るためのアセスメント過程のあり方を改善していくこと)である。
4.〇 正しい。生活全体を豊かにするケアの実践は、目標志向型思考である。なぜなら、高齢者のQOL向上につながるため。

 

 

 

 

 

55 高齢者の活動と休息のリズムの調整について最も適切なのはどれか。

1.午前中に日光を浴びる機会をつくる。
2.昼食後に入浴する。
3.昼寝をしない。
4.就寝前に水分を多く摂る。

解答1

解説

1.〇 正しい。午前中に日光を浴びる機会をつくる。午前中に日光を浴びると体内時計がリセットされ、日中の活動と夜間の休息のリズムが乱れにくい。
2.× 昼食後ではなく、夕食後(直後は避け、食後1時間以降)に入浴する。なぜなら、食後に入浴すると、午後は疲労し昼寝や傾眠傾向につながる可能性があるため。
3.× 必ずしも昼寝をしないと決める必要はない。むしろ、短時間(30分以内)の昼寝で、午後からの覚醒度の向上や夜間睡眠の質の向上が期待できる。
4.× 就寝前に水分を多く摂る必要はない。なぜなら、就寝前に水分を多く摂り過ぎると、夜間頻尿となり睡眠の質が低下するため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。