第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後66~70】

 

66 公的年金制度について正しいのはどれか。

1.学生は申請によって納付が免除される。
2.生活保護を受けると支給が停止される。
3.保険料が主要財源である。
4.任意加入である。
5.積立方式である。

解答3

解説

公的年金制度には、大きく分けて20歳以上の者を対象とする①国民年金と、加えて雇用されているものがさらに対象となる②厚生年金保険・共済年金とがある。

 

1.× すべての学生が、申請によって納付が免除されるわけではない。所得が一定額以下の学生である国民年金の第1号被保険者から申請があったときは、一定期間保険料の納付を免除することができる。これを学生納付特例制度という。
2.× 生活保護を受けると支給が停止されるわけではない。年金を受けながら、年金分との差額の生活保護費を受給できる。保護の補足性の原理という。
3.〇 正しい。保険料が主要財源である。財源の構成は、年金制度によって異なるが、保険料・国庫負担が主な財源である。
4.× 任意加入ではなく強制加入である。20歳以上の国民全員が加入する強制加入の制度である。
5.× 積立方式ではなく、年金受給者の給付費を現役世代の保険料で賄う賦課方式である。賦課方式(ふかほうしき)とは、保険料を積み立てないでそのときの給付の財源にあてる方式である。

 

 

 

 

 

67 健康に影響を及ぼす生活環境とそれを規定している法律の組合せで正しいのはどれか。

1.上水道:水質汚濁防止法
2.飲食店:食品衛生法
3.家庭ごみ:悪臭防止法
4.学校環境:教育基本法
5.住宅用の建築材料:環境基本法

解答2

解説

1.× 上水道を定めるのは、『水道法』であり、飲料水の水道水質基準などが定められている。水質汚濁防止法は、工場などの排水基準を定めるものである。
2.〇 正しい。『食品衛生法』は、食品の安全性確保のための規制を定めるもので、飲食店などの食品等事業者(製造、輸入、加工、調理、貯蔵、販売など)について規定をおいている。
3.× 家庭ごみを定めるのは、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』である。悪臭防止法は、家庭ごみではなく、工場や事業場から発生する悪臭に対する規制を定めている。
4.× 学校環境を定めるのは、『学校保健安全法』である。教育基本法は、教育の目的・教育の目標などを定める日本の教育の基本をなす法律である。
5.× 住宅用の建築材料を定めるのは、『建築基準法』である。環境基本法は、公害の定義・環境基本計画や環境基準を定めるものである。

 

 

 

 

 

68 チェーンソーの使用によって生じるのはどれか。

1.じん肺
2.視力低下
3.心筋梗塞
4.肘関節の拘縮
5.Raynaud<レイノー>現象

解答5

解説

1.× じん肺は、吸入した無機粉じんが肺に沈着して線維化する疾病である。鉱山従事者や建材製造業に従事する者に生じやすい疾患である。
2.× 視力低下は、ディスプレイ画像表示の端末機での作業(VDT作業)により起こりやすい。
3.× 心筋梗塞は、冠状動脈の閉塞により心機能の低下が起こる疾患であり、動脈硬化や血栓形成が主な原因である。長時間労働による疲労の蓄積によっても循環動態、血管病変の悪化を招き、発症の原因となる。
4.× 肘関節の拘縮は、関節の滑膜が炎症を起こす関節リウマチなどで起こりやすい。
5.〇 正しい。Raynaud<レイノー>現象は、チェーンソーの使用によって生じやすい。なぜなら、Raynaud<レイノー>現象は、チェーンソーなどの手持ち動力工具による中・高周波数の振動で発生する末梢循環障害で、手指が蒼白色になりしびれなどの症状が伴う現象のことである。

 

 

 

 

 

69 Aさん(61歳、男性)は、水分が飲み込めないため入院した。高度の狭窄を伴う進行食道癌と診断され、中心静脈栄養が開始された。入院後1週、Aさんは口渇と全身倦怠感を訴えた。意識は清明であり、バイタルサインは脈拍108/分、血圧98/70mmHgであった。尿量は1,600mL/日で、血液検査データは、アルブミン3.5g/dL、AST<GOT>45IU/L、ALT<GPT>40IU/L、クレアチニン1.1mg/dL、血糖190mg/dL、Hb11.0g/dLであった。
 Aさんの口渇と全身倦怠感の要因として最も考えられるのはどれか。

1.貧血
2.低栄養
3.高血糖
4.腎機能障害
5.肝機能障害

解答3

解説

中心静脈栄養法とは?

消化管の消化吸収障害があり、口から栄養を補給できない場合、チューブを心臓に近い太い静脈(中心静脈)に挿入し、チューブから糖分や電解質、水分、栄養分を補う方法である。

1.× 貧血が直接、口渇が起こるとは考えにくい。ちなみに、血液中のヘモグロビンの正常な値は、成人男性の場合は血液1dl中に13.0~16.6g、成人女性の場合は11.4~14.6gである。
2.× 低栄養が直接、口渇が起こるとは考えにくい。ちなみに、アルブミンの基準範囲(正常値)は4.0以上とされ、これ以下の数値が出た場合、特に3.5以下の場合は何らかの病気や栄養障害が疑われる。
3.〇 正しい。高血糖が、口渇と全身倦怠感が生じていると考えられる。なぜなら、本症例の血糖190mg/dLであり高血糖であることが分かるため。浸透圧利尿による脱水が生じ、口渇と全身倦怠感が生じていると考えられる。
4.× 腎機能障害は起こっていない。なぜなら、本症例の尿量は、1,600mL/日、クレアチニン1.1mg/dLであるため。
5.× 肝機能障害は起こっていない。なぜなら、AST<GOT>45IU/L、ALT<GPT>40IU/Lであるため。

 

 

 

 

 

70 病的な老化を示すのはどれか。

1.肝臓の萎縮
2.動脈の粥状硬化
3.毛様体筋の機能低下
4.心筋の弾性線維の減少
5.膀胱の平滑筋の線維化

解答2

解説

老化は、①生理的老化と、②病的老化に分類される。①生理的な老化は、身体および精神のいかなる疾患の影響も受けることなく、加齢のみの影響によって生体に起こる変化である。一方、②病的老化は、加齢に加えて外的ストレスの影響によって生じる老化である。

 

1.× 肝臓の萎縮は、生理的老化である。
2.〇 正しい。動脈の粥状硬化は、病的老化である。なぜなら、動脈硬化は喫煙・高血圧などのストレスによって進行し、それにより多くの二次的な疾患(心筋梗塞や脳梗塞)を引き起こすため。
3.× 毛様体筋の機能低下(老眼の状態)は、生理的老化である。
4.× 心筋の弾性線維の減少は、生理的老化である。心臓の運動負荷に対する予備力減少の原因となる。
5.× 膀胱の平滑筋の線維化は、生理的老化である。平滑筋が膠原繊維に徐々に置き換わる繊維化が進み、膀胱容量の減少の原因となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。