第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前71~75】

 

71 ある組織では、リーダーの支援の下でグループ討議を経て方針を決定している。
 このリーダーシップスタイルはどれか。

1.委任的リーダーシップ
2.参加的リーダーシップ
3.教示的リーダーシップ
4.カリスマ的リーダーシップ

解答2

解説

1.× 委任的リーダーシップとは、組織の構成員に権限を与えて方針決定を任せること。
2.〇 正しい。参加的リーダーシップは、組織の構成員をグループ討議に参加させて、リーダーの支援のもと意思決定すること。したがって、設問である「ある組織では、リーダーの支援の下でグループ討議を経て方針を決定している」のは、参加的リーダーシップである。
3.× 教示的リーダーシップは、組織の構成員に具体的に指示を出していくこと。
4.× カリスマ的リーダーシップは、組織の構成員から大きな信頼を得て物事を進めていくこと。

 

 

 

 

 

72 Aさん(32歳、女性)は小児専門の病院に勤務していたが、国際保健医療協力プログラムで中央アフリカ地域の州事務所に母子保健担当の看護師として派遣された。この地域は長く紛争が続き、母子の健康状態が不良と聞いた。
 Aさんが現地で最初に行う業務はどれか。

1.経口補水液の配布
2.乳幼児の栄養状態の把握
3.女性の識字率向上の支援
4.病院における母子看護業務の把握

解答2

解説

1.× 経口補水液の配布は、結果的には必要な対策のひとつとなるかもしれないが、脱水や水不足などの情報はないため、まずは母子の健康に関する業務が優先される。
2.〇 正しい。乳幼児の栄養状態の把握することが最も優先される。なぜなら、長い紛争の影響を最も被るのは乳幼児であるため。母子の健康状態が不良と聞いてはいるが、重症度や緊急性など、乳幼児の栄養状態を把握することが大切である。
3.× 女性の識字率向上の支援は、将来のための開発援助であるが、紛争地の緊急援助の初期支援には含まれない。
4.× 病院における母子看護業務の把握は、大切な情報だが、まずは乳幼児死亡の直接的な原因となる栄養状態の把握が優先される。また、州事務所の母子保健担当として派遣されたため、病院内の母子看護ではなく、地域の母子保健の仕事が中心となる可能性が高い。

 

 

 

 

 

73 最も順応しにくいのはどれか。

1.視覚
2.嗅覚
3.味覚
4.触覚
5.痛覚

解答5

解説

感覚器における順応とは?

感覚器における順応とは、感覚器官が一定の刺激を受け続けたときに、その刺激に対しての感受性が低下する現象をいう。

1.× 視覚では、明るさに慣れていく明順応と、暗さに慣れていく暗順応がある。明所から暗所に移動した際、暗順応により完全に見えるようになるのには、30分ほどかかる。逆に、暗所から明所に移動した際、まぶしさに慣れる明順応は数分で完了する。
2.× 嗅覚は、順応しやすい感覚器官である。たとえば、においのある部屋にいても、短時間でそのにおいを感じなくなる。
3.× 味覚は、順応しやすい感覚器官である。たとえば、甘いケーキを食べた後、ほどほどに甘いジュースを飲んでも甘さは感じられない。
4.× 触覚は、順応しやすい感覚器官である。たとえば、服を着ていても意識しないのは、触覚順応のためである。
5.〇 正しい。痛覚は、順応しにくい感覚器官である。なぜなら、痛みは身体への危険を示す信号であり、痛みに対して順応してしまうと身体が危険にさらされてしまうため。

 

 

 

 

 

74 起立性低血圧について正しいのはどれか。

1.脱水との関連はない。
2.高齢者には起こりにくい。
3.塩分の過剰摂取によって起こる。
4.脳血流の一時的な増加によって生じる。
5.自律神経障害を起こす疾患で生じやすい。

解答5

解説

起立性低血圧とは?

起立性低血圧とは、臥位や坐位から起立した際に、血圧調節機能がうまく働かず血圧が低下し、脳血流が減少して、めまいや立ちくらみなどを起こす症状である。仰臥位・坐位から立位への体位変換後3分以内に、以下のいずれかが認められるとき、起立性低血圧と診断する。①収縮期血圧が20mmHg以上低下、②収縮期血圧の絶対値が90mmHg未満に低下、③拡張期血圧が10mmHg以上低下。

1.× 脱水との関連がある。脱水により血液量が少なくなることでも起立性低血圧が起こる。
2.× 高齢者に起こりやすい。なぜなら、高齢者は、動脈硬化により血圧調節機構(頚動脈洞圧受容器)がうまく働かないため。
3.× 塩分の過剰摂取ではなく、摂取不足によって起こる。塩分の過剰摂取では、体液(血液)量が増加するため高血圧を生じる。
4.× 脳血流の一時的な増加ではなく低下によって生じる。その結果、めまいや立ちくらみといった症状が起こる。
5.〇 正しい。自律神経障害を起こす疾患で生じやすい。

 

 

 

 

 

75 平成26年(2014年)の人口動態統計における妻の平均初婚年齢はどれか。

1.23.4歳
2.25.4歳
3.27.4歳
4.29.4歳
5.31.4歳

解答4

解説

 平均初婚年齢は、男女とも年々高くなってきている。平成26年(2014年)の人口動態統計における妻の平均初婚年齢は、選択肢4.29.4歳である。ちなみに、夫の平均初婚年齢は、31.1歳である。

1.× 23.4歳は、昭和25年(1950年)である。
2.× 25.4歳は、昭和55年(1980年)である。
3.× 27.4歳は、平成12年(2000年)である。
5.× 31.4歳には現在至っていない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。