第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後71~75】

 

71 生後1か月の男児。Hirschsprung<ヒルシュスプルング>病と診断され、生後6日、回腸部にストーマ造設術を行った。術後の経過は良好であり、退院に向けてストーマケアに関する指導を行うことになった。
 母親に対する指導として適切なのはどれか。

1.「面板をはがした部位はタオルで拭いてください」
2.「ストーマ装具の交換は授乳直後に行ってください」
3.「ストーマから水様の便が出る時は受診してください」
4.「ストーマ装具の交換は滅菌手袋を装着して行ってください」
5.「ストーマ装具は便を捨てる部分が体の外側に向くように貼ってください」

解答5

解説

1.× 面板(フランジ)をはがした部位は、タオルではなく石けんや洗浄剤、もしくは微温湯を用いてゆっくり皮膚洗浄を行う。なぜなら、面板(フランジ)をはがした部位は、不潔領域周辺であるうえにそれまで密閉されていたため。タオルで拭くだけでは不十分である。
2.× ストーマ装具の交換は、授乳直後ではなく通常空腹時もしくは授乳前に行う。なぜなら、授乳直後は消化にあたって、腸管が活発に活動し、ストーマからの内容物の漏出が多くなるため。また乳児はその際に、啼泣してしまうことが多いと考えられ、授乳直後は啼泣によるミルクの嘔吐のリスクがある。
3.× ストーマから水様の便が出ることは異常ではない。本症例は、回腸部にストーマを造設したため、もともと水様の便が出ることがうかがえるため。食物の消化の度合いは、腸管の位置によって異なり、小腸であれば水様であり、大腸で徐々に固形になっていく。したがって、ストーマの造設位置によって排出される便の性状は異なる。
4.× ストーマ装具の交換は、滅菌手袋を装着して行う必要はない。なぜなら、ストーマ装具の内部は便に露出しており、もともと不潔環境であるため。
5.〇 正しい。ストーマ装具は、便を捨てる部分が体の外側に向くように貼るように指導する。便を捨てる部分とは、ストーマ装具の排出口のことである。ストーマのパウチの中にたまった便を排出するため、身体の外側に向かって貼付する。

 

 

 

 

 

72 放射線療法に関わる看護師の健康管理に必要なのはどれか。(※解答3つ)

1.線量計を装着する。
2.ヨウ素剤を服用する。
3.ゴーグルを着用する。
4.N95マスクを着用する。
5.鉛を含んだエプロンを着用する。

解答1/3/5
理由:設問が不適切で複数の選択肢が正解と考えられるため

解説

1.〇 正しい。線量計を装着する。医療法の施行規則で、放射線医療業務の従事者は被曝線量をモニタリングすることが義務づけられており、男性は胸部、女性は腹部に個人線量計などを装着しなければならない。放射線業務従事者の健康管理のために被爆の限度量が定められている。
2.× ヨウ素剤を服用するは全く効果がない。ヨウ素剤は、原子力災害などで放射能を有するヨウ素131の摂取が予測される直前、または、数時間前から直後までに服用するもので健康管理としては不適切である。
3.〇 正しい。ゴーグルを着用する。なぜなら、ゴーグルは、物理的に目を守る防護具であるため。
4.× N95マスクを着用する必要はない。なぜなら、N95マスクは、結核菌やSARSといった空気中の微生物から医療スタッフを守る防護具であるため。
5.〇 正しい。鉛を含んだエプロンを着用する。血管撮影にかかわる看護師は、鉛を含むエプロンの着用を必要とすることがある。

 

 

 

 

 

73 ホメオスタシスに関与するのはどれか。2つ選べ。

1.味蕾
2.筋紡錘
3.痛覚受容器
4.浸透圧受容器
5.中枢化学受容体

解答4/5

解説

ホメオスタシスとは?

ホメオスタシスとは、温度や光などのさまざまな外部からの刺激を受けても、生存のために血圧・体温など体内の環境がほぼ一定に維持されるシステムのこと。

1.× 味蕾は、ホメオスタシスには関係しない。なぜなら、味曹は舌の表面にある味覚の受容器であるため。
2.× 筋紡錘は、ホメオスタシスには関係しない。なぜなら、筋紡錘は筋の張力を感知する器官であるため。知覚情報をもとに筋の収縮力が反射的に調節されている。膝蓋腱反射がその一例である。
3.× 痛覚受容器は、ホメオスタシスには関係しない。なぜなら、針を刺すなどの外界からの侵害刺激が痛覚受容器で痛みとして感知され、身体を損傷から守る警告信号として役立っているため。
4.〇 正しい。浸透圧受容器は、ホメオスタシスには関係する。視床下部にある血液浸透圧受容器は、脱水などにより血漿浸透圧が上昇すると、バソプレシン(抗利尿ホルモン)の分泌を調節して尿量を変化させる。これにより体内の水分量を一定に保ち血圧をほぼ一定にすること(血漿浸透圧の恒常)でホメオスタシスを保っている。
5.〇 正しい。中枢化学受容体は、ホメオスタシスには関係する。延髄にある中枢化学受容体は、血液中の二酸化炭素濃度の上昇(pH低下)を感知すると、呼吸中枢を刺激して横隔膜などの呼吸筋を動かす。これにより呼吸数を調節し、全身へ酸素を安定的に供給している。血液ガスを正常範囲に維持する目的があることから、ホメオスタシスを保っている。

 

 

 

 

 

 

74 眼球内での光の通路に関与するのはどれか。2つ選べ。

1.強膜
2.脈絡膜
3.毛様体
4.硝子体
5.水晶体

解答4/5

解説

(引用:MSDマニュアル家庭版「結膜と強膜の病気の概要」)

 

ものを見るとき光は、①角膜→②前房→③房水→④瞳孔→⑤水晶体⑥硝子体→⑦網膜→⑧視神経→⑨視交叉→⑩視索→⑪外側膝状体→⑪視放線→⑫後頭葉視覚領域へと伝わる。したがって、選択肢4.5.硝子体/水晶体が正しい。硝子体は、眼球内の大部分を占める透明なゼリー状の組織で、眼球の形態を保ち、角膜や水晶体で屈折された光を網膜まで透過させる働きがある。水晶体は、凸レンズの形をしており、外から入ってくる光を屈折させることで、網膜にピントの合った像を映すという役割をもつ。

 

1.× 強膜(白目の部分)は、角膜以外の眼球を覆う最も外側の膜である。
2.× 脈絡膜は、強膜(白目の部分)の内側にある膜で、血管とメラニン色素に富んでおり、酸素や栄養の供給と瞳孔以外からの光を遮る働きがある。
3.× 毛様体は、虹彩と脈絡膜の間にあり、毛様体小帯という細い線維が伸びて水晶体を支持している。内部には毛様体筋があり、水晶体の厚さを変えることで、ピント調節を行う。

 

 

 

 

 

75 排便時の努責で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.直腸平滑筋は弛緩する。
2.呼息位で呼吸が止まる。
3.外肛門括約筋は収縮する。
4.内肛門括約筋は弛緩する。
5.腹腔内圧は安静時より低下する。

解答2/4

解説

1.× 直腸平滑筋は、弛緩ではなく収縮する。直腸平滑筋が弛緩していては便を押し出すことはできない。
2.〇 正しい。呼息位で呼吸が止まる。呼息位とは限らないが、努責時(排便時や出産時などで力むこと)で息を止める。
3.× 外肛門括約筋は、収縮ではなく弛緩する。その結果、便を体外に排出することができる。
4.〇 正しい。内肛門括約筋は弛緩する。直腸内圧の上昇によって反射が起き、内肛門括約筋は無意識に弛緩する。
5.× 腹腔内圧は、安静時より低下ではなく上昇する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。