第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前81~85】

 

81 精神科病院の閉鎖病棟に入院中の患者宛てに厚みのある封筒が届いた。差出人は記載されていなかった。
 当日の看護師の対応で適切なのはどれか。

1.患者に渡さず破棄する。
2.患者による開封に立ち会う。
3.開封せず患者の家族に転送する。
4.看護師が開封して内容を確認してから患者に渡す。
5.退院まで開封せずにナースステーションで保管する。

解答2

解説

 『精神保健福祉法』での規定には、入院患者に対する信書や通信の発受の制限は禁止されている。

 

1.× 患者に渡さず破棄することは行ってはならない。なぜなら、信書や通信は原則として自由とされているため。
2.〇 正しい。患者による開封に立ち会う。なぜなら、封筒の中身に不審なもの(危険物)が同封されているかもしれないため。
3.× 開封せず患者の家族に転送することは行ってはならない。なぜなら、閉鎖病棟であったとしても、患者の人権は守られており、信書の自由を侵害することになるため。
4.× 看護師が開封して内容を確認してから患者に渡すことは行ってはならない。なぜなら、プライバシーの侵害にあたるため。
5.× 退院まで開封せずにナースステーションで保管することは行ってはならない。なぜなら、信書の内容は、急を要する可能性があるため。勝手に開封時期を遅らせることもまた信書の自由を侵害することになる。

精神保健福祉法 第37条第1項の規定に基づく厚生大臣が定める処遇の基準

信書に関する事項について以下のとおり記されている。

①患者の病状から判断して、家族等からの信書が患者の治療効果を妨げることが考えられる場合には、あらかじめ家族等と十分連絡を保って信書を差し控えさせ、あるいは主治医あてに発信させ患者の病状をみて当該主治医から患者に連絡させる等の方法に努めるものとする。

②刃物、薬物等の異物が同封されていると判断される受信信書について、患者によりこれを開封させ、異物を取り出した上、患者に当該受信信書を渡した場合においては、当該措置を採った旨を診療録に記載するものとする。

 

 

 

 

 

82 潰瘍性大腸炎の特徴で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.遺伝性である。
2.直腸に好発する。
3.縦走潰瘍が特徴である。
4.大腸癌の危険因子である。
5.大量の水様性下痢が特徴である。

解答2/4

解説

1.× 遺伝性と確定したものではなく、現在のところ潰瘍性大腸炎の原因は不明である。
2.〇 正しい。直腸(大腸)に好発する。
3.× 縦走潰瘍(腸の縦方向にできている長い傷)が特徴であるのは、クローン病である。
4.〇 正しい。大腸癌の危険因子である。大腸癌合併のリスクは、羅患年数と罹患範囲に関連する。特に、10年以上経過した全大腸炎型に発癌が多いと報告されている。
5.× 大量の水様性下痢ではなく、粘血便が特徴である。重症例では排便回数は増加し、血性下痢となることもある。

 

 

 

 

 

83 児童相談所について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.国が設置する。
2.児童福祉司が配置されている。
3.母親を一時保護する機能を持つ。
4.知的障害に関する相談を受ける。
5.児童の保健について正しい衛生知識の普及を図る。

解答2/4

解説

1.× 国ではなく、都道府県と政令指定都市が設置する。
2.〇 正しい。児童福祉司が配置されている。児童福祉司は、児童相談所における児童福祉の専門職である。
3.× 母親ではなく、児童を一時保護する機能を持つ。
4.〇 正しい。知的障害に関する相談を受ける。児童相談所では、障害や養護などの相談に応じている。したがって、児童に関する家庭その他からの相談のうち専門的な知識及び技術を必要とするものに応ずることとされており、知的障害に関する相談が含まれる。
5.× 児童の保健について正しい衛生知識の普及を図るのは、保健所である。

 

 

 

 

 

84 国際生活機能分類<ICF>の構成要素はどれか。2つ選べ。

1.参加
2.休息
3.社会的不利
4.生活関連動作
5.心身機能・構造

解答1/5

解説

ICFは、生活機能と障害(①心身機能・身体構造、②活動、③参加)と、背景因子(①環境因子、②個人因子)の2部門で構成されている。したがって、選択肢1/5.参加/心身機能・構造がICFの構成要素に含まれる。

 

2~4.× 休息/社会的不利/生活関連動作は、ICFの構成要素に含まれない。ちなみに、社会的不利は、1980年のICIDHの分類に含まれる。

 

 

 

 

 

85 Aさん(48歳、男性)は、右眼の視野に見えにくい部位があることに気付き眼科を受診した。暗い部屋で見えにくいことはない。頭痛や悪心はない。
 Aさんの疾患を診断するのに必要な検査はどれか。2つ選べ。

1.脳波検査
2.色覚検査
3.眼圧測定
4.眼底検査
5.眼球運動検査

解答3/4

解説

1.× 脳波検査は必要ない。なぜなら、本症例は右眼だけの視野異常という症状から、てんかんが原因の視野狭窄は考えにくいため。また、視覚刺激に対する脳波を記録する検査として視覚誘発電位(VEP)がある。視神経よりも中枢側の視路の異常や他覚的に視力を測定する場合に有用であり、視神経炎や乳幼児の視機能評価などで用いられるが、本症例は乳幼児ではないため必要ない。
2.× 色覚検査は必要ない。なぜなら、本症例は視野異常を訴えているため。色覚検査は、色覚異常の検出に加え、異常の種類や程度を知るために行われる。
3.〇 正しい。眼圧測定は有用である。なぜなら、右眼の視野に見えにくい部位があるという症状から緑内障が疑われるため。緑内障など、眼圧上昇により視神経が障害され、視野異常を生じることがある。
4.〇 正しい。眼底検査は有用である。なぜなら、右眼の視野に見えにくい部位があるという症状から網膜剥離や網膜動脈閉塞症が疑われるため。眼底検査とは、検視鏡によって網膜、脈絡膜、視神経乳頭を観察する方法である。視野異常につながる視神経の異常、網膜剥離、眼底出血の有無を調べることができる。
5.× 眼球運動検査は必要ない。なぜなら、右眼の視野異常と悪心がないという情報から、眼球運動に異常があるとは考えにくいため。眼球運動検査は、主に眼筋や中枢神経の異常が疑われたときに行う検査である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。