第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後91~95】

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(82歳、男性)は、介護付の有料老人ホームに入居している。10年前まで会社を経営していた。プロ野球や世界経済に興味があり、友人とインターネットを用いて交流するのを楽しみにしている。Parkinson<パーキンソン>病で、現在Hoehn-Yahr<ホーエン・ヤール>の重症度分類でステージⅡ。両側の上下肢の静止振戦や動作緩慢がみられる。食事は自分の居室に運んでもらって食べている。身の回りのことは1人でできる。1人での外出も可能だが、転倒に対する恐怖が強いため1日中室内で過ごしている。

91 Aさんの障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準のランクはどれか。

1.ランクA
2.ランクB
3.ランクC
4.ランクJ

解答1

解説

Aさんの現在の客観的情報(身の回りのことは1人ででき、1人での外出も可能だが、転倒に対する恐怖が強いため1日中室内で過ごしている。)から、選択肢1.ランクAと分かる。

2.× ランクBは、屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベット上での生活が主体であるが、座位を保つことができる状態である。
3.× ランクCは、1日中ベット上で過ごし、排泄、食事、着替において介助を要する状態である。
4.× ランクJは、何らかの障害などを有するが日常生活はほぼ自立しており、独力で外出する状態である。

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(82歳、男性)は、介護付の有料老人ホームに入居している。10年前まで会社を経営していた。プロ野球や世界経済に興味があり、友人とインターネットを用いて交流するのを楽しみにしている。Parkinson<パーキンソン>病で、現在Hoehn-Yahr<ホーエン・ヤール>の重症度分類でステージⅡ。両側の上下肢の静止振戦や動作緩慢がみられる。食事は自分の居室に運んでもらって食べている。身の回りのことは1人でできる。1人での外出も可能だが、転倒に対する恐怖が強いため1日中室内で過ごしている。

92 Aさんは「最近、尿が出始めるまでに時間がかかるので、排尿時は自分で下腹部を押しています。尿がすっきり出ません」と言う。泌尿器科を受診したところ、Parkinson<パーキンソン>病による自律神経障害と診断された。
 Aさんの現在の状況から最も考えられるのはどれか。

1.残尿がある。
2.膀胱が萎縮している。
3.蓄尿障害が生じている。
4.骨盤底筋群の筋力が低下している。

解答1

解説

1.〇 正しい。残尿がある。Aさんは「最近、尿が出始めるまでに時間がかかるので、排尿時は自分で下腹部を押しています。尿がすっきり出ません」と訴えていることからも残尿があることが考えられる。パーキンソン病による自律神経障害では、頻尿、排尿困難、残尿、尿失禁などがみられる。
2.× 膀胱の萎縮は考えにくい。なぜなら、自律神経障害と膀胱の萎縮は関係ないため。膀胱の萎縮の場合、 1 回排尿量の減少や頻尿などがみられる。ちなみに、膀胱の萎縮は、骨盤内臓器への放射線治療や頻回の膀胱腫瘍手術による膀胱壁の線維化、骨盤内手術で膀胱の運動知覚神経が遮断されることで起こる。
3.× 蓄尿障害は考えにくい。なぜなら、Aさんは「尿が出始めるまでに時間がかかる」、「尿がすっきり出ない」と訴えているため。
4.× 骨盤底筋群の筋力の低下は考えにくい。なぜなら、骨盤底筋群の筋力低下は、神経疾患ではなく、妊娠・出産・肥満・加齢などにより生じることが多いため。

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(82歳、男性)は、介護付の有料老人ホームに入居している。10年前まで会社を経営していた。プロ野球や世界経済に興味があり、友人とインターネットを用いて交流するのを楽しみにしている。Parkinson<パーキンソン>病で、現在Hoehn-Yahr<ホーエン・ヤール>の重症度分類でステージⅡ。両側の上下肢の静止振戦や動作緩慢がみられる。食事は自分の居室に運んでもらって食べている。身の回りのことは1人でできる。1人での外出も可能だが、転倒に対する恐怖が強いため1日中室内で過ごしている。

93 有料老人ホームの看護師はAさんに病気の進行を予防するために運動を勧めたが、Aさんは「この病気は進行性だからいつかは動けなくなる。今、転ぶと骨折して動けなくなるかもしれない。だから運動するのは嫌だ」と言う。AさんはParkinson<パーキンソン>病に関する情報を入手しており、病状の理解ができている。薬物は自己管理できている。かかりつけ医に自分から病状の説明を求めることもある。
 Aさんの転倒の不安を軽減するために看護師とAさんが一緒に実施することで、最も適切なのはどれか。(※解2つ)

1.車椅子で外出する。
2.転倒予防教室への参加を検討する。
3.廃用症候群に関する情報を収集する。
4.運動の効果と転倒のリスクとを比較する。

解答2/4(複数の選択肢が正解)
理由:複数の正解があるため

解説

1.× 車椅子で外出する必要はない。なぜなら、残存機能の維持ができなくなる可能性があるため。また、Aさんの転倒への不安を解消できても、病気の進行を予防するという看護師の目的に合致しない。
2.〇 正しい。転倒予防教室への参加を検討する。Aさんは、「今、転ぶと骨折して動けなくなるかもしれない」と心配しているところから、転倒予防教室で転倒予防の方法や転倒予防のための体操を行うことは有効であると考えられる。
3.× 廃用症候群に関する情報を収集する必要はない。なぜなら、転倒による骨折への不安から運動を拒絶しているAさんに、運動しなかった場合に生じる廃用症候群の情報を提供しても効果的ではないと考えられるため。まずは、転倒に対する不安を軽減する対応が求められる。
4.〇 正しい。運動の効果と転倒のリスクとを比較することで、Aさんの転倒の不安を軽減につながる。

 

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(79歳、女性)。自宅の玄関で転倒し、救急外来で第12胸椎の圧迫骨折と診断され、安静目的で入院した。
 既往歴:5年前に大腿骨骨折。
 現病歴:2年前にAlzheimer<アルツハイマー>病を発症。記憶障害があるが、失認、観念運動失行および失語はなし。
 生活歴:要介護1。同じ敷地内に住む長男夫婦は仕事をしている。ADLは自立。

94 入院当日、Aさんは看護師に「ここはどこですか」と同じ質問を繰り返している。
 このときの看護で最も適切なのはどれか。

1.体幹を抑制する。
2.家族に夜間の付き添いを依頼する。
3.ナースステーションにベッドを移動する。
4.骨折で入院していることを繰り返し伝える。

解答4

解説

Aさんには、アルツハイマー病による短期記憶の障害がある。失語や失認、観念運動失行はみられないため軽度の認知症といえる。

 

1.× 体幹を抑制する必要はない。なぜなら、体幹の抑制による身体拘束は、Aさんの根本的な不安に対応していないため。また、Aさんの人としての尊厳を奪うことになる。
2.× 家族に夜間の付き添いを依頼する必要はない。なぜなら、長男夫婦はともに仕事をしていて家族の健康面などに影響が出る可能性があるため。また、家族でなくても対応はできる。
3.× ナースステーションにベッドを移動する必要はない。なぜなら、看護師の目の届くナースステーションにベッドを移動することは、看護師がすぐに対応できるメリットはあっても、本人にとっては就寝する環境として希望するものではないだけでなく、本人の不安に直接対応していないため。
4.〇 正しい。骨折で入院していることを繰り返し伝える。Aさんは認知症であるので、緊急入院によるストレスや不安感は相当強いと考えられる。しかし、胸椎圧迫骨折の治療は床上安静が基本であるため、Aさんが納得するまで何度も説明し、理解を得る必要がある。

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(79歳、女性)。自宅の玄関で転倒し、救急外来で第12胸椎の圧迫骨折と診断され、安静目的で入院した。
 既往歴:5年前に大腿骨骨折。
 現病歴:2年前にAlzheimer<アルツハイマー>病を発症。記憶障害があるが、失認、観念運動失行および失語はなし。
 生活歴:要介護1。同じ敷地内に住む長男夫婦は仕事をしている。ADLは自立。

95 入院後8日、理学療法室での訓練が始まった。Aさんはこわばった表情で訓練を受けていた。Aさんは、以前は通所リハビリテーションを利用していたが、人が多い場で落ち着かなくなることがあり、入院前には小規模多機能型居宅介護事業所を利用していたことが家族からの情報で分かった。翌日、理学療法士が「理学療法室に行きましょう」と病室に迎えに来たところ、Aさんは「行きたくない」と嫌がった。
 このときのAさんに対する看護で最も適切なのはどれか。

1.看護師が理学療法室まで付き添う。
2.病棟でのリハビリテーションを提案する。
3.Aさんに再転倒を予防する必要性を説明する。
4.小規模多機能型居宅介護事業所の利用を勧める。

解答2

解説

Aさんが理学療法室に行きたくない理由として、人が多い場では落ち着かなくなることが考えられる。これは認知症のために、いつもと異なる人の多い環境の状況を理解しきれず、不安や焦燥感が生じるものと考えられる。

 

1.× 看護師が理学療法室まで付き添う必要はない。なぜなら、Aさんは人の多い場に行きたくないので、看護師が理学療法室に行くまで付き添っても、Aさんの不安を軽減することにつながらないため。
2.〇 正しい。病棟でのリハビリテーションを提案する。入院8日目で、環境的に慣れてきた病室でリハビリテーションを受けることは、人の多い場所に行かなくて済み、Aさんが安心してリハビリテーションを受けることができると考えられる。
3.× Aさんに再転倒を予防する必要性を説明する必要はない。なぜなら、再転倒予防の説明は、Aさんの理学療法室に行きたくない根本的な理由とは関係ないため。
4.× 小規模多機能型居宅介護事業所の利用を勧める必要はない。なぜなら、Aさんは、病院での治療計画に沿った急性期リハビリテーションが必要な段階であるため。小規模多機能型居宅介護事業所とは、日常生活上の支援や維持期の機能訓練を行う場である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。