第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午前96~100】

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(25歳、男性)は、オートバイの単独事故による交通外傷で救急病院に入院した。外傷部位は左上下肢で、左脛骨骨折に対しては長下肢ギプス固定をした。左前腕部は不全切断で、再接着術が行われた。

96 下肢は長下肢ギプスから膝蓋腱支持ギプスに変更され、左上肢は義肢が装着されて自宅へ退院することになった。
 Aさんに対する退院指導で適切なのはどれか。

1.外出を控えるように指導する。
2.左前腕部に意識を集中しないように説明する。
3.義肢を装着して動作訓練を計画的に進めるよう指導する。
4.受傷前と同じ日常生活動作<ADL>ができることを目標に指導する。

解答3

解説

1.× 外出を控えるように指導する必要はない。逆に、義肢や装具のために引きこもりがちにならないように、指導することも重要である。
2.× 左前腕部に意識を集中しないように説明する必要はない。逆に、左前腕部に意識を集中して義肢訓練することも必要である。
3.〇 正しい。義肢を装着して動作訓練を計画的に進めるよう指導する。なぜなら、退院後も計画的に訓練を行うことで、義肢に慣れ、自立して生活していくことが可能となり、結果的に身体面にも精神面にも重要な効果をもたらすため。
4.× 受傷前と同じ日常生活動作<ADL>ができることを目標に指導する必要はない。なぜなら、高い目標設定がプレッシャーとなるため。受傷前と同じ状態に戻るか否かは重要でなく、可能なことをひとつひとつ増やしていことが重要である。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(71歳、女性)は、要介護1で、ベッドからの立ち上がりや入浴などに一部介助を必要とするが、歩行器で室内を移動できる。失禁することがあるため失禁用のパッドを装着している。Aさんは介護老人保健施設の短期入所<ショートステイ>を利用している。入所した日の夕方から、水様便と嘔吐とがみられ、感染性胃腸炎が疑われてトイレ付きの個室に移動した。

97 感染症の拡大を予防する方法で適切なのはどれか。

1.使い捨ての食器に変える。
2.汚物の付着した衣類は焼却処分する。
3.排泄介助を行う看護師はガウンを装着する。
4.Aさんの手指を速乾性擦式の手指消毒薬で消毒する。
5.Aさんが触れた歩行器を80%エタノールで清拭する。

解答3

解説

1.× 使い捨ての食器に変える必要はない。なぜなら、使用した食器を消毒すればよいため。
2.× 汚物の付着した衣類は、焼却処分する必要はない。汚物の付着した衣類はビニール袋に入れ、消毒した後に洗濯する。
3.〇 正しい。排泄介助を行う看護師はガウン(手袋)を装着する。なぜなら、排泄物からの感染拡大のリスクがあるため。
4.× Aさんの手指を速乾性擦式の手指消毒薬で消毒する必要はない。なぜなら、食事前や排泄後などに、流水での手洗いを行うのが基本である。速乾性擦式の手指消毒薬は補完的に用いる。
5.× Aさんが触れた歩行器を、80%エタノールではなく次亜塩素酸ナトリウムで清拭する。なぜなら、感染性胃腸炎を引き起こすノロウイルスにエタノールの消毒効果は期待できないため。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(71歳、女性)は、要介護1で、ベッドからの立ち上がりや入浴などに一部介助を必要とするが、歩行器で室内を移動できる。失禁することがあるため失禁用のパッドを装着している。Aさんは介護老人保健施設の短期入所<ショートステイ>を利用している。入所した日の夕方から、水様便と嘔吐とがみられ、感染性胃腸炎が疑われてトイレ付きの個室に移動した。

98 Aさんは下痢と嘔吐の症状が続き、発症当日の夜から、集中力の低下と頻脈とがみられた。口渇はない。翌朝は症状が軽減したものの、午後になり見当識障害も現れた。
 Aさんに起きている状態として最も考えられるのはどれか。

1.脱水
2.硬膜下血腫
3.認知症の中核症状
4.隔離による拘禁症状

解答1

解説

1.〇 正しい。脱水がAさんに起きている状態として最も考えられる。なぜなら、ショートステイに入所したタ方から翌朝までの数十時間、水様便と嘔吐症状によって飲食に支障をきたした状態が続いているため。下痢と嘔吐によって体内のナトリウムと水分が喪失した、低張性(ナトリウム欠乏性)脱水症の状態と考えられる。細胞外液から細胞内液への水分移動が起こり、血圧が低下するため頻脈が生じ、また神経細胞での浮腫が起こるため、精神神経症状が生じる。ちなみに、加齢に伴う渇中枢の感受性の低下と血清浸透圧の低下によって口渇はみられない。
2.× 硬膜下血腫とは考えにくい。なぜなら、硬膜下血腫では、頭部外傷や癌の硬膜転移などが原因で、無症状期を経て頭蓋内圧亢進症状(頭痛、嘔吐など)や身体麻痺、精神神経症状などがみられるため。
3.× 認知症の中核症状とは考えにくい。なぜなら、Aさんがショートステイに入所する前にはそれらがみられていないこと、水様便や嘔吐とは関係ないため。認知症の中核症状とは、認知症ならば必ず現れる症状で、記憶障害・見当識障害・失語・失行・失認などがある。
4.× 隔離による拘禁症状とは考えにくい。なぜなら、Aさんには水様便や嘔吐の症状がトイレ付き個室への移動前に確認されているため。拘禁症状とは、強制的に自由を奪われた環境におかれた人が示す症状で、妄想や爆発反応などがある。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(71歳、女性)は、要介護1で、ベッドからの立ち上がりや入浴などに一部介助を必要とするが、歩行器で室内を移動できる。失禁することがあるため失禁用のパッドを装着している。Aさんは介護老人保健施設の短期入所<ショートステイ>を利用している。入所した日の夕方から、水様便と嘔吐とがみられ、感染性胃腸炎が疑われてトイレ付きの個室に移動した。

99 発症から2日目の午後、Aさんの仙骨部に直径2cm程度のステージⅠの褥瘡が出現した。嘔吐は消失したが下痢が続き、2〜5時間ごとにトイレを使用している。
この時点の褥瘡に対する看護で最も優先されるのはどれか。

1.壊死組織の除去
2.エアマットレスの使用
3.撥水性の高いクリームの塗布
4.亜鉛入りの栄養補助食品の摂取

解答3

解説

1.× 壊死組織の除去は優先度として低い。なぜなら、NPUAP(米国祷癒諮間委員会)の分類で壊死組織を伴うことがあるステージⅢ~Ⅳで行う。
2.× エアマットレスの使用(耐圧分散寝具)は優先度として低い。なぜなら、接触圧を減らすことにより褥瘡発生率を低下させることはできるが、本症例では下痢症状が強く、便失禁による皮膚湿潤の影響が大きいことが推測されるため、スキンケアが優先されるため。
3.〇 正しい。撥水性の高いクリームの塗布は最も優先度として高い。なぜなら、本症例の皮膚は、褥瘡のなりやすい尿や便失禁による湿潤(皮膚のふやけた状態)となっていることが考えられる。したがって、湿潤から創面を保護するために撥水性性の高いクリームを塗布する必要がある。
4.× 亜鉛入りの栄養補助食品の摂取は優先度として低い。なぜなら、栄養管理は重要な褥瘡予防方法として推奨されているが、本症例では下痢症状が強く、便失禁による皮膚湿潤の影響が大きいことが推測されるため、スキンケアが優先されるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(2か月、男児)は、1か月児健康診査で尿道下裂の疑いを指摘され、小児科を受診した。検査の結果、遠位型尿道下裂と診断された。主治医から母親に対し、体重の増加を待ち1歳前後で尿道形成術を行う必要性について説明があった。母親から看護師に対し「手術を受けるまでの間、どう過ごしたらよいですか」と質問があった。

100 看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「尿量を計測してください」
2.「手術まで外来の受診はありません」
3.「予防接種の時期は主治医と相談してください」
4.「オムツを交換するたびに尿道口を消毒してください」

解答3

解説

尿道下裂とは?

尿道下裂は、先天性の陰茎の形成異常により発生する疾患で、頻度は300人に1人程度である。1か月健診で発見されることが多く、先天性疾患と判断できる。

1.× 尿量の計測は不要である。なぜなら、尿量への影響はないため。陰茎先端の外尿道口からではなく、尿道の下裂部位から尿が排泄されている。つまり、下裂部位に狭窄の合併はない。
2.× 手術まで外来の受診がないといえない。なぜなら、主治医が最終的に判断するため。一般的に、手術に関して簡単な説明を前もってするため、手術前の外来受診は必要である。
3.〇 正しい。予防接種の時期は、主治医と相談する。なぜなら、予防接種は、通常推奨時期に接種するのが望ましいが、A君の場合、予防接種の副作用などを考慮すると、手術と一定の間隔をあける必要があるため。
4.× オムツを交換するたびに尿道口を消毒する必要はない。なぜなら、尿は基本的に無菌であり、陰茎先端の外尿道口から排泄されなくとも、それにより感染が起こるリスクはないため。ちなみに、尿道の短い女児でも消毒は必要ない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。