第106回(H29) 看護師国家試験 解説【午後96~100】

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(79歳、女性)。自宅の玄関で転倒し、救急外来で第12胸椎の圧迫骨折と診断され、安静目的で入院した。
 既往歴:5年前に大腿骨骨折。
 現病歴:2年前にAlzheimer<アルツハイマー>病を発症。記憶障害があるが、失認、観念運動失行および失語はなし。
 生活歴:要介護1。同じ敷地内に住む長男夫婦は仕事をしている。ADLは自立。

96 入院後3週、Aさんはコルセットを装着し、杖を使ってゆっくり歩けるようになった。翌週には自宅へ退院することが決まった。
 Aさんの退院に向けて、Aさんと長男夫婦への指導内容で適切なのはどれか。

1.自宅ではコルセットを外してよい。
2.家の中での日常生活行動を積極的に行う。
3.5,000歩程度のウォーキングを毎日行う。
4.ビタミンB1の多い食品を積極的に摂取する。

解答2

解説

Aさんは、5年前にも大腿骨骨折を経験しているため、胸椎圧迫骨折部の骨癒合を図りながら、再転倒・再骨折を予防しながら、入院前のADLレベルに近づけることが大切である。

 

1.× 自宅でもコルセットは外さない。なぜなら、医師の指示に従う必要があるため。脊椎圧追骨折後の骨癒合には、約8~12週間かかるといわれており、コルセットの装着期間は、癒合期間や患者の骨強度によって決められる。
2.〇 正しい。家の中での日常生活行動を積極的に行う。なぜなら、Aさんは杖を使用してゆっくりと歩行できる状態であり、トイレ移動や衣服の着脱などを積極的に行うことで、日常生活動作を維持・拡大することができるため。
3.× 5,000歩程度のウォーキングを毎日行うのは、Aさんには負担が大きい。さらに、Aさんには短期記憶障害もあり、迷子・再転倒などの危険性を伴うため、適切ではない。
4.× ビタミンB1ではなく、カルシウムやカルシウムの吸収を高めるビタミンD、骨形成を促すビタミンKの多い食品を積極的に摂取する。ちなみに、ビタミンB1は糖質代謝に関与する。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aちゃん(11歳、女児)。眼瞼浮腫がみられたため、眼科を受診し治療を受けたが改善しなかった。その後、Aちゃんと母親が下腿の浮腫に気付き眼科の医師に相談したところ、特発性ネフローゼ症候群を疑われたため、小児科のある病院を紹介され受診した。

97 看護師が収集すべきAちゃんの情報で優先度が高いのはどれか。

1.食欲
2.家族歴
3.手術歴
4.海外渡航歴
5.初経の発来の有無

解答1

解説

1.〇 正しい。食欲は、看護師が収集すべきAちゃんの情報で優先度が高い。なぜなら、原因不明で、高度尿蛋白、低蛋白血症、全身性の浮腫が起こる特発性ネフローゼ症候群は、腹水を生じると食欲不振を起こすため。
2~3.× 家族歴/手術歴の影響は、明らかになっていないため、優先度の高い情報とはいえない。
4.× 海外渡航歴は、感染症の感染源を明らかにする時に重要な情報である。
5.× 初経の発来の有無は、明らかになっていないため、優先度の高い情報とはいえない。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aちゃん(11歳、女児)。眼瞼浮腫がみられたため、眼科を受診し治療を受けたが改善しなかった。その後、Aちゃんと母親が下腿の浮腫に気付き眼科の医師に相談したところ、特発性ネフローゼ症候群を疑われたため、小児科のある病院を紹介され受診した。

98 Aちゃんは排尿回数が減少し、全身に浮腫が認められた。血圧は110/68mmHgであった。尿検査を行い、尿蛋白4+であった。血液検査は、アルブミン1.3g/dL、総コレステロール350mg/dL、クレアチニン0.4mg/dL、Na130mEq/L、K4.5mEq/Lであった。特発性ネフローゼ症候群と診断され入院した。
 Aちゃんが摂取を制限する必要があるのはどれか。

1.ナトリウム
2.カリウム
3.蛋白質
4.水分
5.リン

解答1

解説

1.〇 正しい。ナトリウムは、Aちゃんが摂取を制限する必要がある。ネフローゼ症候群の治療として、ナトリウム(塩分)制限が重要である。塩分制限の程度は、浮腫の程度と患者の食事摂取量に応じて調整することが推奨されている。
2.× カリウムは、腎不全など腎機能が低下している場合、制限する。小児ネフローゼ症候群は、腎機能が正常なことが多い。
3.× 蛋白質は、腎不全など腎機能が低下している場合、制限する。小児ネフローゼ症候群は、腎機能が正常なことが多い。本症例の腎機能(クレアチニン:0.4mg/dL)は、正常と判断できる。
4.× 水分制限は、原則的に必要ではない。乏尿性の腎不全や低ナトリウム血症がない限り不要である。
5.× リンは、腎不全など腎機能が低下している場合、制限する。小児ネフローゼ症候群は、腎機能が正常なことが多い。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aちゃん(11歳、女児)。眼瞼浮腫がみられたため、眼科を受診し治療を受けたが改善しなかった。その後、Aちゃんと母親が下腿の浮腫に気付き眼科の医師に相談したところ、特発性ネフローゼ症候群を疑われたため、小児科のある病院を紹介され受診した。

99 Aちゃんは、ステロイド治療の開始後10日で尿蛋白が陰性となり、浮腫等の症状が改善した。入院後3週、ステロイド薬の副作用(有害事象)として、満月様顔貌が出現している。他に明らかな副作用(有害事象)は出現していない。ステロイド薬の内服を続けながら退院することになった。
 Aちゃんの退院後の生活について指導する内容で適切なのはどれか。

1.日光を避ける。
2.体重の測定は毎日行う。
3.1か月は学校を欠席する。
4.入浴ではなくシャワー浴とする。
5.満月様顔貌が気になる場合もステロイド薬の内服を続ける。

解答5

解説

1.× 日光を避ける必要はない。なぜなら、ステロイドの内服や外用で日光が有害になることはないため。
2.× 必ずしも、体重の測定は毎日行う必要はない。ただ再発時には浮腫とともに体重も急激な増加を認めるため、体重測定は可能な範囲でよいと考えられる。
3.× 1か月、学校を欠席する必要はない。なぜなら、流行性感染症が学校で発生していないのであれば隔離する必要はないため。ただネフローゼ症候群患児は、低免疫状態と考えられ、感染症の罹患により重症化が懸念される。
4.× 入浴ではなくシャワー浴とする必要はない。なぜなら、ステロイド内服中でも入浴は可能であるため。
5.〇 正しい。満月様顔貌が気になる場合も、ステロイド薬の内服を続ける。なぜなら、自己判断によるステロイドの中止は、ステロイド離脱症候群やネフローゼ症候群の再燃リスクを増加させるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aさん(24歳、初産婦、会社員)は、現在、両親と妹の4人で暮らしている。パートナー(24歳、会社員)と結婚する予定である。Aさんは、妊娠週の妊婦健康診査で「朝起きると気持ちが悪くあまり食べられません。台所から食べ物の匂いがするだけで吐き気がします」と話している。

100 Aさんへの食事指導で最も適切なのはどれか。

1.水分は温かい飲料にする。
2.栄養のバランスのよい食物を摂取する。
3.1回量を少なくして食べる回数を増やす。
4.カロリーの高い食物を積極的に摂取する。

解答3

解説

Aさんは、起床時に食欲不振・悪心を訴えている。これは妊娠初期に最もよくみられるつわり症状と考えられる。つわりは、妊婦のおよそ50~80%にみられる消化器症状を主とした不快症状である。

 

1.× 水分は、温かい飲料より冷たい飲料にする。個人差はあるが、一般的につわりのときは冷たいもののほうが食べやすい。
2.× 栄養のバランスのよい食物を摂取するより、食べられるときに食べたいものを少しずつ摂取するように指導する。妊婦の気分を大切にするほうがよい。この時期、胎児はまだ小さく。母体の栄養摂取量や偏りが胎児の健康に影響することはない。
3.〇 正しい。1回量を少なくして食べる回数を増やす。なぜなら、悪心や食欲不振があるときは、1回に非妊時と同じ量の食事をすることは難しいため。つわりは、空腹時に症状が出現することが多いため、簡単に摂取できるものを準備しておくことを勧める。
4.× カロリーの高い食物を積極的に摂取する必要はない。食品の種類や栄養価を考えるより、食べられるものを少量ずつでも食べればよい。

マイナートラブルとは?

妊娠による生理的変化や心理的な要因によって引き起こされる種々の不快症状で、重篤な器質的疾患を伴わないものをいう。不快感の程度は個人差が大きく、妊娠の経過に伴い自然に軽快・回復したり,新たな症状が自覚されたりすることもある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。