第107回(R3) 保健師国家試験 解説【午後51~55】

 

次の文を読み51〜53の問いに答えよ。
 肥満の既往の有無と大腸癌との関連を検証するための疫学研究を行うこととした。A病院において大腸癌と診断された患者100人を登録した。また、同院で人間ドックを受検し大腸癌が無いことを確認できた100人を選定し登録することとした。次に、これらの対象者の肥満の既往を確認することとした。

51 この研究デザインはどれか。

1.介入研究
2.横断研究
3.症例対照研究
4.生態学的研究
5.コホート研究

解答

解説

本問では、疾病の有無に対して関連する要因の有無を過去にさかのぼって調査する方法を用いている。

1.× 介入研究とは、研究者が意図的に一部の対象者に何らかの働きかけ(介入)を実施して、介入を受けた人たち(介入群)と受けなかった人たち(非介入群)を比較し、その影響を検討する研究である。
2.× 横断研究とは、一時点における曝露と疾病発症との関連について調査する方法である。
3.〇 正しい。症例対照研究とは、大腸癌の診断結果をふまえて、肥満の既往の有無を過去にさかのぼって調査する方法である。
4.× 生態学的研究とは、疾病と曝露の関連について、国や地域といった集団単位で検討する方法である。
5.× コホート研究とは、対象集団を曝露群と非曝露群に分け、両群での疾病発症されるの頻度を将来に向かって追跡し比較する方法である。

 

 

 

 

 

52 大腸癌の発症には性別や年齢の影響が知られている。そのためこれらの要因を調整する必要があると考えた。登録された大腸癌患者1人に対して性別および年齢を対応させた人間ドック受検者1人を選定することとした。
この方法はどれか。

1.層化
2.標準化
3.無作為化
4.マッチング
5.多変量解析

解答

解説
1.× 層化とは、性別や年齢などの交絡因子となり得る因子について、男女別・年齢階層別など母集団をいくつかの集団に分けて解析を行う方法である。
2.× 標準化とは、2つ以上の集団において観察されるイベント(死亡や罹患)の発生頻度を比較する場合に、基準集団を定め、性別や年齢などの主な交絡因子の影響を排除した指標を計算する方法である。
3.× 無作為化とは、介入研究において、研究の対象者を介入群と非介入群のどちらかに確率的に無作為に(ランダムに)割り付ける方法のことをいう。
4.〇 正しい。マッチングとは、ある症例群に対して対照群を選定する際に、交絡因子として考えられる性別や年齢、居住地域などを症例と一致させることをいう。
5.× 多変量解析は、性別や年齢などの交絡因子となり得る因子について、データ収集後、分析の段階で調整する解析手法のひとつである。

 

 

 

 

 

53 大腸癌患者100 人と大腸癌が無いことを確認できた人間ドック受検者100人の肥満の既往の調査結果を以下に示す。 肥満の既往ありの肥満の既往なしに対する大腸癌ありのオッズ比を求めよ。
 ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。
   解説: ① .②
    ①:0~9
    ②:0~9

解答13

解説

本設問は症例対照研究であることから、大腸癌あり・なしのそれぞれの群で、肥満の既往あり」の「肥満の既往なし」に対するオッズの比をとったものになる。オッズ比は、ある事象の起こりやすさを2つの群で比較して示す統計学的な尺度である。

オッズ比は、以下の計算式で求めることができる。

【大腸癌ありで「肥満の既往あり」の「既往なし」に対するオッズ】=25 ÷ 75

【大腸癌なしで、「肥満の既任あり」の「既往なし」に対するオッズ】=20 ÷ 80

【大腸癌ありで「肥満の既往あり」の「既往なし」に対するオッズ(25 ÷ 75)】÷【大腸癌なしで、「肥満の既任あり」の「既往なし」に対するオッズ(20 ÷ 80)】

≒ 13

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 A君(中学1年生)は、母親と養父、最近生まれた妹と4人家族である。学校には休まず通っており、クラスでは無口だが暴力的になることがあった。ある日の朝、A君の顔に片目全体を覆うようなあざがあることに気づいて学級担任や複数の教員が声をかけたところ、A君は「自転車に乗っていてぶつけた」と答えた。昼休みに、掃除当番で保健室にきたA君に、養護教諭がそれとなく「どんなふうにけがをしたの?」と尋ねた。すると、A君は養父からよく殴られることを打ち明けて「このことは誰にも言わないでほしい」と言った。養護教諭は虐待の可能性があると考えて、A 君が打ち明けてくれたことを肯定しながらA君の目の周りや心身の状態を観察しつつ、話を聴いた。

54 話を聴いた後のA君への養護教諭の対応で、適切なのはどれか。

1.殴られていることを母親に話すよう促す。
2.あざの写真を記録として撮らせてもらう。
3.虐待にあたることを告知する。
4.学級担任に話すよう勧める。

解答

解説
1.× 殴られていることを母親に話すよう促す優先度は低い。なぜなら、片目全体を覆うほどのあざを作ってきたこと、また「よく殴られる」という発言から、養父からの暴力を母親が認識している可能性が高いため。
2.〇 正しい。あざの写真を記録として撮らせてもらう。なぜなら、A君の許可を得てあざの写真を記録として残しておくことは、虐待の証拠となるため。
3.× 虐待にあたることを告知する優先度は低い。なぜなら、A君に虐待にあたることを告知しても根本的な解決にならないどころか、さらに養父との関係性の悪化につながる可能性がある。
4.× 学級担任に話すよう勧める優先度は低い。なぜなら、A君につらい話を再度、学級担任に話すよう勧めることはA君にとってまた思い出しつらいと考えられるため。A君の同意を得て、養護教諭から情報共有を行う。

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 A君(中学1年生)は、母親と養父、最近生まれた妹と4人家族である。学校には休まず通っており、クラスでは無口だが暴力的になることがあった。ある日の朝、A君の顔に片目全体を覆うようなあざがあることに気づいて学級担任や複数の教員が声をかけたところ、A君は「自転車に乗っていてぶつけた」と答えた。昼休みに、掃除当番で保健室にきたA君に、養護教諭がそれとなく「どんなふうにけがをしたの?」と尋ねた。すると、A君は養父からよく殴られることを打ち明けて「このことは誰にも言わないでほしい」と言った。養護教諭は虐待の可能性があると考えて、A 君が打ち明けてくれたことを肯定しながらA君の目の周りや心身の状態を観察しつつ、話を聴いた。

55 養護教諭は、A君の状況を校長に伝え、その日の午後に開かれた校内委員会で共有した。これまでのA君の家庭に関する情報を集約した結果、虐待の疑いが強まり、児童相談所に通告することになった。また、養護教諭から母親に電話し、A君の目の周りのあざについて眼科医療機関の受診を勧めた。
 翌日、A君は普段通りに登校し学級担任に受診報告があった。その後、養父から学校に電話があり、学級担任に「Aは家の中でケガをしただけだ。なにか家のことを話したのではないか。話した内容を教えるように」と威圧的な態度で要求してきた。
 この後、養護教諭や教職員が行う学校の対応で、最も優先されるのはどれか。

1.A君に眼科受診後の養父の様子を聞く。
2.養父の言動を児童相談所と情報共有する。
3.目の周りのあざの経過観察を両親に依頼する。
4.養父に学校に来てもらいA君の学校生活について話をする。

解答

解説
1.× A君に眼科受診後の養父の様子を聞くことは優先度は低い。なぜなら、学校に電話をしてきている時点で養父の様子はある程度把握できているため。
2.〇 正しい。養父の言動を児童相談所と情報共有する。なぜなら、養父の話や威圧的な態度は、A君への今後の虐待リスクを判断する材料となるため。
3.× 目の周りのあざの経過観察を両親に依頼することは優先度は低い。なぜなら、虐待が疑われている養父に依頼することは、A君の虐待リスクを高める可能性があるため。
4.× 養父に学校に来てもらいA君の学校生活について話をすることは優先度は低い。なぜなら、養父に学校生活について話をすることは、虐待発生の抑止になるとはいえず、むしろ学校の説明によってはA君への虐待リスクを高めてしまう可能性があるため。

 

 

 

 

問題の引用:第107回保健師国家試験、第104回助産師国家試験及び第110回看護師国家試験の合格発表

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。コメント欄にて誤字・脱字等、ご指摘お待ちしています。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)