第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)は、23歳で統合失調症を発症し、精神科病院へ5回入院したことがある。1年前に、被害妄想が原因で隣人に暴力を振るい措置入院となった。入院後か月で自傷他害の恐れは消失し、医療保護入院へ切り替えられたが、幻覚や妄想があり家族へ1日に何回も電話をかけていた。その後は家族へ電話をかける回数が減り、病棟での生活も安定してきた。幻聴は続いているが、自分の身の回りのことは自分で行えるようになった。作業療法も継続して参加できていることから、退院を検討することになった。

106 Aさんの退院について、両親は「退院は反対。入院前のように隣人とトラブルになるのではないかと不安です。私達も高齢になってきたので負担が大きいです」と話した。
 このときの両親への看護師の対応で適切なのはどれか。

1.退院後に活用できる社会資源について情報提供する。
2.Aさんの主治医に入院の継続を依頼するよう勧める。
3.Aさんの現在の病状を隣人に説明するよう勧める。
4.退院の承諾は家族の義務であることを伝える。

解答1

解説

1.〇 正しい。退院後に活用できる社会資源について情報提供する。相談支援精神科デイケアなど、退院後に活用できる社会資源の情報を提供することで、高齢の両親が抱える心理的身体的経済的負担を軽減できる。
2.× Aさんの主治医に入院の継続を依頼するよう勧めるのは不適切である。両親が反対していることを理由に入院を継続するのではなく、どのような援助があれば両親の負担が減り、患者が退院してその人らしく生きていけるのかという視点で看護を考えることが重要である。
3.× Aさんの現在の病状を隣人に説明するよう勧めのは不適切である。隣人とのトラブルを危倶している両親に対して、隣人に病気の理解を求めるような働きかけを促す対応は、両親に大きな負担である。
4.× 退院の承諾は家族の義務ではない。なお、平成25年に精神保健福祉法改正により、家族等から退院に同意が得られなくても制度上は退院が可能となった。

MEMO

平成25年に改正された『精神保健福祉法』の主な趣旨は、家族の負担軽減および本人の同意を得ない入院期間の短縮化であり、それを実現するための新たな制度が制定された。

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)は、23歳で統合失調症を発症し、精神科病院へ5回入院したことがある。1年前に、被害妄想が原因で隣人に暴力を振るい措置入院となった。入院後か月で自傷他害の恐れは消失し、医療保護入院へ切り替えられたが、幻覚や妄想があり家族へ1日に何回も電話をかけていた。その後は家族へ電話をかける回数が減り、病棟での生活も安定してきた。幻聴は続いているが、自分の身の回りのことは自分で行えるようになった。作業療法も継続して参加できていることから、退院を検討することになった。

107 その後もAさんの両親は、高齢であることを理由に自宅への退院には同意しなかった。
 Aさんの退院を計画的に進めるために行うことで適切なのはどれか。

1.精神医療審査会の開催
2.入院診療計画書の修正
3.行動制限最小化委員会の開催
4.医療保護入院者退院支援委員会の開催

解答4

解説

1.× 精神医療審査会とは、精神科病院に入院中の患者家族等から退院請求処遇改善請求があったときに、入院の必要性や処遇の妥当性について審査を行う機関である。Aさんとその両親は、処遇改善や退院の要求をしていないので、該当しない。
2.× 入院診療計画書は、入院時の病名、推定される入院期間、入院中の治療・検査・ケアなどの計画が記載されるもので、入院後の病状の変化で修正されるものではない
3.× 行動制限最小化委員会とは、隔離拘束などの行動制限が適切に行われ、また、最小化されるよう事例検討研究教育を行うための委員会である。Aさんは隔離拘束などの行動制限を受けていないので、該当しない。
4.〇 正しい。医療保護入院者退院支援委員会とは、①医療保護入院による入院継続の必要性の有無とその理由②推定される入院期間内に退院できるための取り組みが審議される。Aさんの退院を計画的に進めるため、この委員会の開催が必要である。

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)は、23歳で統合失調症を発症し、精神科病院へ5回入院したことがある。1年前に、被害妄想が原因で隣人に暴力を振るい措置入院となった。入院後か月で自傷他害の恐れは消失し、医療保護入院へ切り替えられたが、幻覚や妄想があり家族へ1日に何回も電話をかけていた。その後は家族へ電話をかける回数が減り、病棟での生活も安定してきた。幻聴は続いているが、自分の身の回りのことは自分で行えるようになった。作業療法も継続して参加できていることから、退院を検討することになった。

108 Aさんの退院については、アパートでの単身生活か、共同生活援助(グループホーム)での生活を目指すことになった。
 Aさんの精神科リハビリテーションを進めるにあたり、病棟看護師が連携する職種で最も優先度が高いのはどれか。

1.退院後生活環境相談員
2.理学療法士
3.介護福祉士
4.栄養士

解答1

解説

1.〇 正しい。退院後生活環境相談員は、医療保護入院患者が可能な限り早期に退院できるよう、退院後の居住の場の確保等の環境調整に関して中心的な役割を担う。Aさんの退院後の住環境を整えるためには、この職種との連携が最も優先とされる。
2.× 理学療法士は、主に患者の運動機能の維持改善のためのリハビリテーションを行う。
3.× 介護福祉士は、主に身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある患者の介護を行う。
4.× 栄養士は、主に患者への栄養指導を行う。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(76歳、女性)は、長女(46歳、会社員)との2人暮らし。Aさんは5年前に2型糖尿病と診断された。1年前から血糖測定とインスリン自己注射を朝1回行っている。炊事は主にAさんが担当している。Aさんは、長女の帰宅に合わせて夕食を摂るため、夕食時間にばらつきがある。定期の外来受診時にAさんは「時々汗が出て手が震えることがあります」と外来看護師に相談した。Aさんのバイタルサインは、体温36.4℃、脈拍74/分、血圧128/80mmHg。身長154cm、体重68kg である。

109 このとき、外来看護師がA さんに行う指導で適切なのはどれか。

1.糖質を含まない水分を摂取する。
2.労作後は食事摂取量を増やす。
3.決まった食事時間を設定する。
4.空腹感に応じて食事を摂る。

解答3

解説

「時々汗が出て手が震えることがある」ことから、Aさんはインスリン療法の急性合併症である低血糖が生じていると考えられる。低血糖の症状には、交感神経刺激症状(発汗、頻脈、振戦、顔面蒼白、血圧上昇など)があり、さらに血糖低下が進行した場合、中枢神経症状(けいれん、頭痛、異常行動、意識障害など)が出現する。

1.× 糖質を含まない水分を摂取するのは不適切である。インスリン自己注射を行っている患者で低血糖症状がある場合は、できる限り血糖測定を行い、低血糖状態ではブドウ糖などの糖質の摂取を促す。糖質は、低血糖時や、3食の食事に合わせて決められたカロリーの範囲内で摂取する。
2.× 労作後ではなく労作前は食事摂取量を増やす。なぜなら、労作中には低血糖を生じることがあるため。多くの活動が予想される場合は、運動前に食事量を増やす補食が有効である。
3.〇 正しい。決まった食事時間を設定する。食事の時間や量にばらつきがあると高血糖や低血糖が生じやすくなる。できる限り規則正しい食事時間や食事量にすることが血糖コントロールには望ましい。
4.× 空腹感に応じて食事を摂るのは不適切である。空腹感に応じて食事摂取をすると、食事時間や量にばらつきが生じやすくなる。できる限り規則正しい食事時間や食事量を心がけるようにする。

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(76歳、女性)は、長女(46歳、会社員)との2人暮らし。Aさんは5年前に2型糖尿病と診断された。1年前から血糖測定とインスリン自己注射を朝1回行っている。炊事は主にAさんが担当している。Aさんは、長女の帰宅に合わせて夕食を摂るため、夕食時間にばらつきがある。定期の外来受診時にAさんは「時々汗が出て手が震えることがあります」と外来看護師に相談した。Aさんのバイタルサインは、体温36.4℃、脈拍74/分、血圧128/80mmHg。身長154cm、体重68kg である。

110 1か月後、Aさんと一緒に外来を訪れた長女は「今までインスリンの治療は母に任せてきましたが、母は眼が見えにくく、インスリンの量が多い日があったようです。母が自己注射を続けられるように、私も手伝えればと思います」と外来看護師に話した。外来受診時、Aさんに末梢神経障害の症状は認められず、手指の動きに問題はなかった。
 Aさんがインスリン自己注射を行う上で、外来看護師が行う長女への助言で適切なのはどれか。

1.「インスリンの量は娘さんが一緒に確認しましょう」
2.「血糖測定は娘さんが代わりに行いましょう」
3.「注射の針はつけたままにしましょう」
4.「注射の部位は上腕を選びましょう」

解答1

解説

1.〇 正しい。「インスリンの量は娘さんが一緒に確認しましょう」・・・Aさんは投与するインスリンの単位数を間違えたと考えられる。単位数は注射器をカチカチと回転させて調整するが、Aさんは視力低下があり、正確な調整が難しい。したがって家族にインスリンの単位量を確認してもらえると安心である。
2.× 「血糖測定は娘さんが代わりに行いましょう」・・・血糖の自己測定や自己注射は本人がすることが原則である。Aさんには末梢神経障害の症状は認められず手指の動きに問題ないことから、これらの手技は可能である。自身でできる手技は継続してもらうのが望ましい。
3.× 「注射の針はつけたままにしましょう」・・・注射の針は1回限り使い捨てである。針は毎回取り外し、針ケースをつけて安全に廃棄するように指導をする。
4.× 「注射の部位は上腕を選びましょう」・・・注射部位は、上腕のほか、腹部、殿部、大腿部など、脂肪組織がある。同一部位だけでなく、毎回約2cmずつずらしながら注射をしていくように指導する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。