第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後106~110】

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、男性)。自宅の部屋で多量の鎮咳薬を見つけた母親に心配され、自宅近くの病院を受診した。「5年前、仕事が忙しくなって風邪がなかなか治らないことがあった。そのときに処方された咳止めの薬を飲むと、頭がボーッとして気持ちが良かったのがきっかけで、近所の薬局で咳止めを買うようになった。3年前から飲む量が増えるようになり、やめられなくなっている。仕事もうまくいかなくなり、退職した」と言う。Aさんは紹介を受けた精神科を受診した。

106 このときにAさんから収集する情報として優先度が高いのはどれか。

1.排尿回数
2.咳嗽の有無
3.鎮咳薬の使用状況
4.生活上のストレス要因

解答3

解説

 鎮咳薬(咳止め)には、麻薬性と非麻薬性がある。このうち、麻薬性(コデインなど)には依存性があり、しばしば乱用されることがある。必要以上に麻薬性鎮咳薬を服用すると、便秘・排尿障害・血圧低下・吐き気などの副作用が認められるほか、依存により服用量がどんどん増えていく。

 

1.× 排尿回数は、優先度が低い。排尿回数を確認することは大切である(麻薬性鎮咳薬は、副作用として排尿障害が生じることがあるため)。しかし、本症例の一番の問題点は乱用であるため。服薬状況より優先度は低いと考える。
2.× 咳嗽の有無は、優先度が低い。本症例は、現在、咳嗽症状に対して鎮咳薬を服用しているわけではなさそうである。咳嗽があるかどうかを確認する必要はあるが、優先度としては低い。
3.〇 正しい。鎮咳薬の使用状況である。なぜなら、麻薬性鎮咳薬はさまざまな副作用が生じる可能性があり、依存が形成されていると、身体に害となる量の服薬を行っていることも考えられるため。まずはどのくらい服薬しているのか、しっかりと確認しておく必要がある。
4.× 生活上のストレス要因は、優先度が低い。依存性物質を乱用してしまう背景に生活上のストレスがあることは多い。一時的に依存性物質をやめたとしても、そのストレスに適切に対処する術を獲得できていないと、また同じことを繰り返す可能性も高い。本症例の場合、ストレスが原因で依存性が高まったと考えられるため、退職した現在でもストレス要因はあるかの情報は大切である。しかし、服薬状況より優先度は低い。

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、男性)。自宅の部屋で多量の鎮咳薬を見つけた母親に心配され、自宅近くの病院を受診した。「5年前、仕事が忙しくなって風邪がなかなか治らないことがあった。そのときに処方された咳止めの薬を飲むと、頭がボーッとして気持ちが良かったのがきっかけで、近所の薬局で咳止めを買うようになった。3年前から飲む量が増えるようになり、やめられなくなっている。仕事もうまくいかなくなり、退職した」と言う。Aさんは紹介を受けた精神科を受診した。

107 Aさんは鎮咳薬による薬物依存症と診断され、任意入院となった。入院2週後、Aさん、主治医および担当看護師で、今後の治療について話し合った。Aさんは「今までは自分の力で薬をやめられると思ったけれど、やっぱりできなかった。仕事もしていないし、家に帰ったらまた薬を買ってしまいそうだ。今度こそ何とかやめたい」と話している。
 Aさんへの対応として最も適切なのはどれか。

1.服薬心理教育を実施する。
2.ハローワークを紹介する。
3.生活技能訓練(SST)を勧める。
4.薬物依存症者のリハビリテーション施設の情報を提供する。

解答4

解説

1.× 服薬心理教育を実施するのは不適切である。なぜなら、服薬心理教育は服薬の必要性や効果などを学ぶものであるため。依存症の治療は、ストレスに対する適切な対処法を学ぶこと依存性物質の怖さについて正しく理解することである。本症例は、「今までは自分の力で薬をやめられると思ったけれど、やっぱりできなかった。」と依存性物質の怖さは理解している可能性が高い。
2.× ハローワークを紹介するのは不適切である。なぜなら、Aさんが今回依存症になってしまったのは失業が原因ではないため。現在、薬物依存に陥りやすい状況であり、この時点で仕事を始めても同じ問題を繰り返す可能性が高いため、ハローワークで仕事を紹介してもらうことは、根本的な解決にならないと考える。
3.× 生活技能訓練(SST)を勧めるのは不適切である。生活技能訓練(SST)は、疾患によって低下してしまった社会的能力を訓練していく治療法である。主に、統合失調症患者に適応される。統合失調症以外でも、社会性が低下している状態に対しては有効であるが、Aさんに顕著な社会性の低下は認められないため不適切である。
4.〇 正しい。薬物依存症者のリハビリテーション施設の情報を提供する。Aさんは「今までは自分の力で薬をやめられると思ったけれど、やっぱりできなかった。仕事もしていないし、家に帰ったらまた薬を買ってしまいそうだ。今度こそ何とかやめたい」と話していることからも、鎮咳薬を買いそうだとの不安を感じられる。鎮咳薬を今度こそ断ちたいと思いつつも、自分だけの力では依存を治療できないことに気づいたAさんにとって、支援を提供してくれるリハビリテーション施設を紹介することは適切な対応である。

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、男性)。自宅の部屋で多量の鎮咳薬を見つけた母親に心配され、自宅近くの病院を受診した。「5年前、仕事が忙しくなって風邪がなかなか治らないことがあった。そのときに処方された咳止めの薬を飲むと、頭がボーッとして気持ちが良かったのがきっかけで、近所の薬局で咳止めを買うようになった。3年前から飲む量が増えるようになり、やめられなくなっている。仕事もうまくいかなくなり、退職した」と言う。Aさんは紹介を受けた精神科を受診した。

108 さらに2週が経過し、Aさんは鎮咳薬の服用をやめる意思を強く固め、今後の依存症の治療について真剣に考えるようになった。Aさんの父親はAさんが幼少期のころ死亡しており、Aさんは母親と2人で暮らしていた。母親は週2回面会に来て、Aさんに対して小さな子どもに接するように世話をしていた。担当看護師が母親と今後のことについて話すと、母親は「私が何とかします。私しかこの子の力になってあげられないのです。本当はもっとAにしっかりして欲しい。でも、そう言うとAは怒ってしまいます」と話した。
 担当看護師の母親への声かけで適切なのはどれか。

1.「親戚で頼りになる方はいませんか」
2.「なるべく怒らせないようにすることが大切です」
3.「お母さんは今までどおりの関わりで良いですよ」
4.「Aさんが自分で自分のことをできるようにサポートしていきましょう」

解答4

解説

 依存症治療は、家族など周囲の協力も大切である。ときには家族の関係が依存症を引き起こしていることもあり、家族にも疾患について正しく理解し、適切な行動をとってもらうことが望まれる。本症例Aさんは、成人しているにも関わらず、母親のAさんへの対応は適切なものとはいえず、共依存の関係(自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態を指す。)も疑われるため。母親に対する適切な指導が疾患の経過に大きく関係する。

 

1.× 「親戚で頼りになる方はいませんか」・・・母親を治療に参加させず、ほかの親戚に頼むのは適切とはいえない。なぜなら、母親のAさんに対する不適切な対応を改善していくことが依存症治療にとって重要であるため。
2.× 「なるべく怒らせないようにすることが大切です」・・・Aさんの機嫌を伺ってなるべく怒らせないようにするような接し方は、適切な家族の関係とはいえない。なぜなら、家族は一緒にいて安心できることが大切であり、この安心感が治療にもよい影響をもたらすため。腫れ物に触るような接し方は安心を生まない。
3.× 「お母さんは今までどおりの関わりで良いですよ」・・・母親からは「この子は私がいないとダメ」という意味の発言があり共依存の可能性がある。共依存によって相手の世話を焼きすぎてしまうと相手の自立を妨げる。母親は、Aさんとの関係を適切に修復する必要があり、それが依存症の治療にもつながる.
4.〇 正しい。「Aさんが自分で自分のことをできるようにサポートしていきましょう」・・・母親のAさんへの接し方が、Aさんの精神的な自立を妨げ、依存症になる一因を作ってしまった可能性がある。この場合、Aさんを自立させるためには、母親がAさんの世話をしすぎないようにすることが大切であるためこの提案は適切である。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(23 歳、女性)。両親との3人暮らし。Aさんは大学受験に失敗して以来、自宅に引きこもりがちになった。 1年前から手洗いを繰り返すようになり、最近では夜中も起き出して手を洗い、手の皮膚が荒れてもやめなくなった。心配した母親が付き添って受診したところ、Aさんは強迫性障害と診断された。母親は、Aさんについて「中学生までは成績優秀で、おとなしい子どもだった」と言う。Aさんには極度に疲労している様子がみられたことから、その日のうちに任意入院となった。

109 入院後、Aさんは主治医と話し合い、1日の手洗いの回数を決めたが、毎日その回数を超えて手洗いを続けている。看護師が確認するといつも洗面所にいる。
 Aさんが決めた回数を超えて洗面所で手洗いを続けているときに、看護師がとる対応で適切なのはどれか。

1.手洗いを続けてしまうことについてAさんと一緒に話し合う。
2.病棟は清潔であることをAさんに説明する。
3.主治医にAさんの隔離について相談する。
4.Aさんと決めた手洗いの回数を増やす。

解答1

解説

 強迫性障害では「不合理だとわかっているのに、無理に抑えようとすると大きな不安が押し寄せてくる」という苦痛が特徴である。治療としては、不安や苦痛を軽減するための薬物療法曝露反応妨害法などの精神療法が用いられる。看護においても、苦痛に寄り添い軽減する方法を考えていく。

 

1.〇 正しい。手洗いを続けてしまうことについてAさんと一緒に話し合う。なぜなら、Aさんの思いを知ることは、苦痛の共感的理解や治療に対する課題の明確化につながるため。
2.× 病棟は清潔であることをAさんに説明するのは不適切である。なぜなら、不合理とわかっていてもやめられないのが強迫行為であるため。病棟が清潔であると保証するのは悪いことではないが、理屈だけでは苦痛や強迫行為の軽減につながらず、場合によっては「苦痛を理解してもらえない」と患者を孤独にさせる場合もある。
3.× 主治医にAさんの隔離について相談するのは不適切である。なぜなら、隔離は強迫観念や強迫行為の根本的な解決にはならないため。
4.× Aさんと決めた手洗いの回数を増やすのは不適切である。なぜなら、回数を守ることが目標なのではないため。精神的・身体的苦痛が軽減できることが目標である。回数を増やしたところでAさんの強迫行為自体は軽減できない。

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(23 歳、女性)。両親との3人暮らし。Aさんは大学受験に失敗して以来、自宅に引きこもりがちになった。 1年前から手洗いを繰り返すようになり、最近では夜中も起き出して手を洗い、手の皮膚が荒れてもやめなくなった。心配した母親が付き添って受診したところ、Aさんは強迫性障害と診断された。母親は、Aさんについて「中学生までは成績優秀で、おとなしい子どもだった」と言う。Aさんには極度に疲労している様子がみられたことから、その日のうちに任意入院となった。

110 Aさんは、食事の時間以外は他の患者との接触を避け、病室で1人で過ごしている。両親は共働きで、毎日面会に来ることはできない。Aさんは自宅に面会の催促の電話をかけては母親と口論している。Aさんとの関わりに心身ともに疲れ果てた母親が、看護師に相談してきた。
 母親への看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.父親と交代で毎日面会に来るよう勧める。
2.Aさんからの自宅への連絡を制限することを約束する。
3.Aさんの代わりに看護師がAさんの苦悩を母親に伝える。
4.Aさんと母親との話し合いに看護師が同席することを提案する。

解答4

解説

1.× 父親と交代で毎日面会に来るよう勧めるのは不適切である。なぜなら、父親と交代で面会することで両親の負担は分散できるが、Aさんの不安や苦痛に家族が振り回されることになる助言であるため。
2.× Aさんからの自宅への連絡を制限することを約束するのは不適切である。なぜなら、通信は法律にて原則として自由が保障されており、やむを得ず治療上制限をしなければならない場合には医師の判断が必要であるため。また、Aさんは何かしら母親に訴えたいことがあって電話をしているのかもしれない。それは電話回数を制限することでは解決しない。
3.× Aさんの代わりに看護師がAさんの苦悩を母親に伝えるのは不適切である。なぜなら、Aさんは面会を望んでいるのに、それを無視して看護師が代理で伝えることは問題解決にならないためである。また、Aさん自身が自分の言葉で直接母親と話し合い、互いの理解を深めていくことがよりよい治療につながるためである。
4.〇 正しい。Aさんと母親との話し合いに看護師が同席することを提案する。なぜなら、看護師が同席することで、その課題の明確化を促進したり、互いが適切な距離感をもてる可能性が出てくるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。