第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 肝臓の機能で正しいのはどれか。

1.胆汁の貯蔵
2.脂肪の吸収
3.ホルモンの代謝
4.血漿蛋白質の分解

解答3(※問題として適切であるが、必修問題としては妥当でないため)

解説

肝臓の機能には、ホルモンの代謝、解毒、胆汁の生成・排泄、生体防御などである。よって、選択肢3.ホルモンの代謝が正しい。

1.× 胆汁の貯蔵は、胆嚢で行われる。肝臓は、胆汁酸を合成し、胆汁酸と直接ビリルビンなどを含んだ胆汁を毛細胆管へ排出している。
2.× 脂肪の吸収は、小腸で行われる。肝臓は、コレステロール合成やリン脂質合成などの脂質代謝が行われる。4.× 血漿蛋白質の分解は、複数の消化酵素により胃から小腸を通過しながら分解される。肝臓は、血漿中の代表的な蛋白質であるアルブミンや血液凝固因子を含め、多くの蛋白質が合成される。

 

 

 

 

 

12 頻回の嘔吐で生じやすいのはどれか。

1.血尿
2.低体温
3.体重増加
4.アルカローシス

解答4

解説

1.× 血尿の原因は、悪性腫瘍や結石、膀胱炎などの炎症、腎臓の内科的な病気など様々なものがあるが、脱水状態になると尿量は減少(乏尿)する程度で、通常、血尿は見られない。
2.× 低体温は起こりにくく、脱水状態では汗が出にくくなるので、室温が高い場合には体温は上昇する。
3.× 体重増加は起こりにくく、体内の水分が失われるので、その分体重は減少する。
4.〇 正しい。アルカローシスである。頻回の嘔吐では、体内の水分や電解質が失われ脱水状態となり、また、胃液に含まれる胃酸も失われる。胃酸が失われるので、血中pHがアルカリ性に傾き、代謝性アルカローシスとなる。

 

 

 

 

 

13 関節や神経叢の周辺に限局して起こる感覚障害の原因はどれか。

1.脊髄障害
2.物理的圧迫
3.脳血管障害
4.糖尿病の合併症

解答2

解説

1.× 脊髄障害は、障害部位により症状が異なる。だが、障害された髄節以下の広範囲にわたる感覚障害が生じ、運動機能障害としては対麻痺や四肢麻痺がみられる。
2.〇 正しい。物理的圧迫は、圧迫された神経のみが影響を受けるため、末梢神経の分布に一致した感覚障害を引き起こすことが多い。代表的なものとして、手関節部の正中神経を圧迫することにより起こる手根管症候群(進行すると猿手となる)、肘関節部の尺骨神経を圧迫することにより起こる肘部管症候群(進行すると鷲手となる)などがある。
3.× 脳血管障害による感覚障害は、障害された部位により異なる。また、障害部位に対応する広範囲な感覚障害であることが多く、部位に限局した症状は起こりにくい。
4.× 糖尿病の合併症(糖尿病性末梢神経障害)はいわゆる手袋靴下型の感覚障害を引き起こす。振動覚の低下やアキレス臆反射の消失も糖尿病性末梢神経障害の特徴である。

 

 

 

 

 

14 良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。

1.被膜がある。
2.遠隔転移する。
3.周囲組織に浸潤しない。
4.増殖速度が緩やかである。

解答2

解説

1.3.× 悪性腫瘍は良性腫蕩に比べ被膜をもたないことが多い。被膜を持たないため、悪性腫蕩が周囲に浸潤し増殖しやすい特徴を持つ。
2.〇 正しい。遠隔転移し、全身状態が悪化させ、ヒトを死に至らしめる。逆に良性腫蕩は遠隔転移をすることはなく局所での増殖にとどまることが特徴である。
4.× 一般に悪性腫蕩は増殖スピードが速く、いくつかの腫蕩においては悪性の診断基準に用いられることもある。増殖速度が緩やかであるのは良性腫瘍である。

腫瘍の特徴

 構造細胞異型浸潤境界転移再発全身影響
良性成熟軽度膨張性明瞭ない少ない小さい
悪性未熟高度浸潤性不明瞭多い多い大きい

 

 

 

 

 

15 肝障害の指標となる血液生化学検査の項目はどれか。

1.CRP
2.尿素窒素
3.アミラーゼ
4.ALT(GPT)

解答4

解説

1.× CRPは、蛋白質の一種で、組織の炎症や破壊があるときに上昇する。細菌感染症で著しく上昇し、ウイルス感染や膠原病、がんなどの悪性疾患でも上昇を示す。炎症があることや、炎症の程度を反映する指標である。
2.× 尿素窒素は、血中の尿素に含まれる窒素分を表す。腎糸球体から漁過され、一部尿細管で再吸収された後、尿中に排泄される。腎糸球体が障害されると濾過できなくなり高値を示すため、腎機能の指標となる。
3.× アミラーゼは、ほとんどが膵臓と唾液腺由来である。主として膵疾患の診断に重要であり、急性膵炎など膵組織が障害された場合に血中に流出し、高値を示す。
4.〇 正しい。ALT(GPT:アラニンアミノトランスフエラーゼ)は、肝臓に含まれ、肝細胞が障害されたときに血中に流出する酵素である。血液中のALT(GPT:アラニンアミノトランスフエラーゼ)の上昇は、肝細胞が破壊されていることを示し、肝障害の重要な指標となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。