第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 死の三徴候に基づいて観察するのはどれか。

1.腹壁反射
2.輻輳反射
3.対光反射
4.深部腱反射

解答3

解説

 死の三徴候は、心停止呼吸停止、脳機能停止(瞳孔散大と対光反射の消失)である。

1.× 腹壁反射とは、腹壁の周辺部から臍方向に皮膚を軽くさすると、腹壁筋が収縮する反射である。腹壁反射は錐体外路系の障害により消失する。
2.× 輻輳反射(ふくそうはんしゃ)とは、近くの物を見るとき両眼の視軸が鼻側に寄る(寄り目になる)のが輻輳で、輻輳に伴って瞳孔が収縮する反射のことである。輻輳反射の消失は、視力の著しい低下や、眼を動かす神経や筋肉の障害などでも起こる。
3.〇 正しい。対光反射の消失(瞳孔の散大)は、脳機能の不可逆的停止を示しており、死の三徴候のひとつである。瞳孔反射の一つで、瞳孔に光刺激を与えると瞳孔が小さくなる反応を指す。
4.× 深部腱反射は、末梢神経障害などでも消失する。腱を軽く伸ばしハンマーで叩くと、一瞬遅れて筋が不随意に収縮する反射のことである。

 

 

 

 

 

12 潰瘍性大腸炎によって生じるのはどれか。

1.滲出性下痢
2.分泌性下痢
3.脂肪性下痢
4.浸透圧性下痢

解答1

解説

1.〇 正しい。滲出性下痢は、腸の炎症により腸管壁の透過性が充進し、多量の惨出液の増加や水分吸収量の低下によって起きる。潰瘍性大腸炎クローン病などの下痢はこれにあたる。
2.× 分泌性下痢は、細菌の産生した毒素による小腸粘膜の障害などの影響で、腸液が過剰に腸管内へ分泌され起きる。原因として食中毒感染性腸炎などがある。
3.× 脂肪性下痢とは、脂肪の吸収障害により引き起こされ、糞便中に多量の脂肪を含む脂肪便がみられるものである。原因として慢性膵炎肝硬変短腸症候群などがある。
4.× 浸透圧性下痢は、吸収されにくい高浸透圧性物質が腸管内に多量に存在することによって、この濃度差を解消し、浸透圧を等張にする目的で、腸管壁から水分が腸管内腔に移動して起きる。原因として塩類下剤内服乳糖不耐症アルコールの多飲下剤の乱用などがある。

 

 

 

 

 

13 典型的なうつ病の症状はどれか。

1.幻聴
2.感情失禁
3.理由のない爽快感
4.興味と喜びの喪失

解答4

解説

 うつ病の主な症状には、睡眠障害、倦怠感、易疲労感、脱力感、希死念慮、頭重、体重減少、食欲低下、嘔気、性欲減退、頻尿、めまいなどがある。

1.× 幻聴は、重症うつ病や解離性障害でも見られることがあるが、典型的な症状とはいえない。また典型的な症状で幻聴がみられるのは、統合失調症である。
2.× 感情失禁とは、情動の調節がうまくいかず過度に感情を表出してしまう情緒障害である。 情動失禁ともいう。 具体的には、些細な刺激で大喜びしたり激怒したり泣いたりするなど、感情が刺激とは不釣り合いに過度に出てしまう状態を指す。感情失禁は、脳血管性認知症に特徴的な症状である。
3.× 理由のない爽快感は、双極性障害における特に繰状態に特徴的な症状である。
4.〇 正しい。興味と喜びの喪失は、あらゆることに全く興味を持てない状況である。うつ病双極性障害におけるうつ状態で特徴的な症状である。

 

 

 

 

 

14 母体から胎児への感染はどれか。

1.水平感染
2.垂直感染
3.接触感染
4.飛沫感染

解答2

解説

1.× 水平感染は、病原体が感染者(汚染物)から周囲へと伝播し感染するものである。横に広がるという感染形式から水平感染と呼ばれる。接触感染(選択肢3)・飛沫感染(選択肢4)・空気感染などが含まれる。
2.〇 正しい。垂直感染は、妊娠や分娩を通して病原体が母から児へ伝播し感染するものである。縦に広がるという感染形式から垂直感染と呼ばれる。経胎盤感染・産道感染・母乳感染が含まれる。
3.× 接触感染は、水平感染のひとつである。病原体との直接接触や、環境表面や医療器具などを介した間接接触により伝播し感染するものである。MRSAなどの薬剤耐性菌感染症が代表的である。
4.× 飛沫感染は、水平感染のひとつでる。くしゃみ会話などにより飛散した病原体を含む飛沫を介して伝播し感染するものである。インフルエンザが代表的である。

 

 

 

 

 

15 出血傾向を考慮し手術前に投与の中止を検討するのはどれか。

1.アドレナリン
2.テオフィリン
3.ワルファリン
4.バンコマイシン

解答3

解説

1.× アドレナリン【対象】血圧低下心肺蘇生、アナフィラキシーショック  【作用】血圧上昇作用や心拍数増加作用  【副作用】過量投与で血圧の過剰な上昇、動悸など。
2.× テオフィリン【対象】喘息、閉塞性換気障害【作用】気管支拡張、抗炎症【副作用】過量投与で悪心、嘔吐、動悸など。
3.〇 正しい。ワルファリン【対象】血栓を生じる疾患【作用】抗血栓作用【副作用】出血傾向がある。
4.× バンコマイシン【対象】メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症【作用】抗菌薬【副作用】腎障害がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。