第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 排便を促す目的のために浣腸液として使用されるのはどれか。

1.バリウム
2.ヒマシ油
3.グリセリン
4.エタノール

解答3

解説

1.× バリウムは、消化管造影に使用される造影剤の一種であり、排便を目的で使用するものではない。
2.× ヒマシ油は、伝統的に下剤として用いられる。しかし、浣腸液としてではなく、少量を水に浮かべて経口摂取する。便秘症、食中毒における腸管内容物の排除、消化管検査時または手術前後における腸管内容物の排除などの目的で用いられる。
3.〇 正しい。グリセリンは、代表的な浣腸液である。腸管粘膜を刺激して蠕動運動を促進するだけでなく、油性のため潤滑剤としての効果もある。
4.× エタノールは、広く消毒液として用いられる。粘膜への使用は禁忌である。

 

 

 

 

 

17 他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管することが法律で定められているのはどれか

1.ヘパリン
2.インスリン
3.リドカイン
4.フェンタニル

解答4

解説

1.× ヘパリンは、抗血栓薬の中の抗凝固作用を有する薬剤である。
2.× インスリンは、血糖降下作用のある糖尿病治療薬であり、劇薬である。危険な医薬品であることに変わりはないが、劇薬はほかの薬剤と区別してひとまとめに保管し、必ずしも鍵をかけなくてもよい
3.× リドカインは、局所麻酔薬、抗不整脈薬であり、劇薬である。危険な医薬品であることに変わりはないが、劇薬はほかの薬剤と区別してひとまとめに保管し、必ずしも鍵をかけなくてもよい。
4.〇 正しい。フェンタニルは、麻薬性鎮痛薬である、麻薬としての取り扱いが必要であるため、ほかの薬剤と区別して鍵をかけた堅固な設備内で厳重に保管する必要がある。『麻薬及び向精神薬取締法』に基づく麻薬・向精神薬は安全な保管を必要とする。

 

 

 

 

 

18 面接時の質問方法でopen-ended question(開かれた質問)はどれか。

1.「頭痛はありますか」
2.「昨晩は眠れましたか」
3.「朝食は何を食べましたか」
4.「退院後はどのように過ごしたいですか」

解答4

解説

open-ended question(開かれた質問)は、5W1HでいうWhen(なぜ)How(どうやって・どのように)に該当する。したがって、患者が症状や来院理由を自由に話せるため、相手からより多くの情報を引き出したい場面で有効である。

closed-ended question(閉じられた質問)は、5W1Hでいう(When(いつ)、Where(どこで)、 Who(誰が)、What(何を)や、はい/いいえで答えられる限定された質問である。したがって、相手の考えや事実を明確にしたい場面などで有効である。

1.× 「頭痛はありますか」は、「ある/ない」を問うclosed-ended question(閉じられた質問)である。
2.× 「昨晩は眠れましたか」は、「眠れた/眠れない」を問うclosed-ended question(閉じられた質問)である。
3.× 「朝食は何を食べましたか」は、「食べたもの」を問うclosed-ended question(閉じられた質問)である。4.〇 正しい。「退院後はどのように過ごしたいですか」は、患者(対象者)が自由に思いを表現できるopen-ended question(開かれた質問)であり、豊富な情報を引き出すことができる。

 

 

 

 

 

19 異常な呼吸音のうち高調性連続性副雑音はどれか。

1.笛のような音(笛音)
2.いびきのような音(類鼾音)
3.耳元で髪をねじるような音(捻髪音)
4.ストローで水に空気を吹き込むような音(水泡音)

解答1

解説

異常な呼吸音のうち、正常な呼吸では聞こえない音を副雑音という。副雑音には、気道の狭窄によって生じる連続性副雑音、水分がはじけたり、肺胞が遅れて開いたりすることで生じる断続性副雑音、炎症が起きた胸膜が呼吸運動でこすられて生じる胸膜摩擦音などがある。

1.〇 正しい。笛のような音(笛音)は高調性連続性副雑音である。連続性副雑音とは、同じような音が連続して続く音である。したがって、笛のようなヒューヒューという高い音(笛声音)が、高調(高音)性連続性副雑音である。高い音は細い気管支の狭窄(瑞息など)で生じる。
2.× いびきのような音(類鼾音)は、連続性副雑音のうち、鼾(いびき)のようなグーという低い音(類鼾音)である。これを低音性連続性副雑音という。低い音は太い中枢の気管支の狭窄で生じる。
3.× 耳元で髪をねじるような音(捻髪音)は、硬くなった気道が、吸気時に急に開くときの、「パチパチ」という音である。細かい断続性副雑音という。聴取される代表的な疾患が間質性肺炎である。
4.× ストローで水に空気を吹き込むような音(水泡音)は、気道内に溜まった分泌物が呼吸にともなう空気の移動で震えて破裂することで生じる音である。粗い断続性副雑音と呼ばれている。聴取される代表的な疾患は肺水腫細菌性肺炎である。

 

 

 

 

 

20 患者をベッドから車椅子へ移乗介助するときの車椅子の配置を図に示す。
左片麻痺のある患者の介助で最も適切なのはどれか。

解答3

解説

本症例は、左片麻痺のある患者である。非麻痺側(右手)で車椅子につかまり、非麻痺側(右足)を軸に体を回転させて移乗するのが適切である。また、患者の非麻痺側(右手)に車椅子を位置させ、肘かけを少し近づけるために、15~30度程度やや斜めに置く。よって、選択肢3が正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。