第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 インフォーマルサポートはどれか。

1.介護支援専門員による居宅サービス計画の作成
2.医師による居宅療養管理指導
3.近隣住民による家事援助
4.民生委員による相談支援

解答3

解説

 地域住民に対するサポートには、公的な法制度に基づくフォーマルサポートと、法制度に基づかず友人や知人などから提供されるインフォーマルサポートがある。サポートの提供主体や根拠法を考察することにより、それぞれを区別できる。

1.× 介護支援専門員による居宅サービス計画の作成は、フォーマルサポートである。なぜなら、『介護保険法』により定められているため。
2.× 医師による居宅療養管理指導は、フォーマルサポートである。なぜなら、居宅療養管理指導は、医師・薬剤師・管理栄養士などによって提供される介護保険サービスであるため。
3.〇 正しい。近隣住民による家事援助は、インフォーマルサポートである。なぜなら、近所付き合いとして「困ったときはお互いさま」という精神のうえに成り立つサポートであり、法制度に基づいたものではないため。
4.× 民生委員による相談支援は、フォーマルサポートである。なぜなら、民生委員は『民生委員法』により制度化されたボランティアであるため。

民生委員
都道府県知事の推薦を受けて厚生労働大臣に委嘱されたボランティアである。

『民生委員法』に基づき市町村の各地区におかれる。

任期は原則として3年で、地域福祉の増進のために活動する。

 

 

 

 

 

32 ハイリスクアプローチについて正しいのはどれか。

1.費用対効果が高い。
2.成果が恒久的である。
3.一次予防を目的とする。
4.集団全体の健康状態の向上に貢献する。

解答1

解説

 ポピュラーアプローチ(ポピュレーションストラテジー):対象を限定せず地域や職場など、集団全体に働きかけてリスクを下げる方法である。一次予防とされる。

 ハイリスクアプローチ(ハイリスクストラテジー):リスクの高いものに対象を絞り込んで働きかける方法である。2次予防とされる。

1.〇 正しい。費用対効果が高い。なぜなら、ハイリスクアプローチは、問題に対するリスクが高い対象者に限定しているため。つまり、効果の上がりやすい個別支援が行える分、ポピュレーションアプローチより費用対効果は高くなる。
2.× 成果が恒久的に得られるわけではない。ハイリスクアプローチでは、よりハイリスクな特定の集団に対しアプローチを行うことで、発症を予防する効果は得られる。ただハイリスクアプローチでもポピュレーションアプローチでも恒久的(永久に不変である様子。 )ではなく、一時的である。
3.× 一次予防でなく二次予防以降を目的とする。ハイリスクアプローチは、リスクの高いものに対象を絞り込んで働きかける方法で2次予防とされる。一次予防を目的とするのはポピュレーションアプローチである。
4.× 集団全体の健康状態の向上に貢献するのは、ポピュレーションアプローチである。ハイリスクアプローチでは、ハイリスクな特定の集団を抽出し、発症リスクを低下させることを目的とする。

 

 

 

 

 

33 フィンク,S.L.の危機モデルの過程で第3段階はどれか。

1.防衛的退行
2.衝撃
3.適応
4.承認

解答4

解説

 フィンクの危機モデルは、外傷性脊髄損傷患者の臨床研究と障害や喪失に関する文献をもとに、突然の予期せぬ出来事との遭遇から障害受容にいたるプロセスをモデル化したものである。

1.× 防衛的退行は、第2段階である。現実を直視することができず、逃避や否認によって自分を護ろうとする。希望的思考にふけり、非現実的な幸福感を抱く。
2.× 衝撃は、第1段階である。突然の出来事に衝撃を受け、自己の存在が脅威にさらされていると知覚する。強い不安や無力感によって、パニック状態になり、思考力や状況理解力が低下する。
3.× 適応は、第4段階である。再構築した自己イメージと新しい価値観を発展させ、現実に対する限界だけではなく可能性を見出しながら、新しい現実への適応を図る。
4.〇 正しい。承認は、第3段階である。期待するような以前の状況には戻らないという現実に直面する。改めて衝撃を受け、抑うつや喪失感を覚える。しかし、喪失したものだけでなく残されたものもあることを認識し、第4段階の適応に移行していく。

 

 

 

 

 

34 クリティカル・シンキングの思考過程で正しいのはどれか。

1.物事を否定的にみる。
2.主観的情報を重視する。
3.直感的にアプローチをする。
4.根拠に基づいた判断を行う。

解答4

解説

 クリティカル・シンキングとは、看護過程を展開するうえで重要な考え方のひとつである。批判的な思考能力・問題解決能力・創造的思考・意思決定能力などをいう。

1.× 物事を否定的ではなく、批判的にみる。クリテイカルは「批判的」の意味を示すが、「否定的」という意味ではない。本当に正しいのかと疑いながら、間違いがないと結論できれば正しいといえる。
2.× 主観的情報ではなく、客観的情報を重視する。主観的な情報を重視するのではなく、客観的情報を重視し、その信頼性を確認しながら根拠に基づいた考え方をする。
3.× 直感的ではなく、系統立て論理的にアプローチをする。直感的なアプローチではなく、系統立てた方法による探索的なアプローチをある。
4.〇 正しい。根拠に基づいた判断を行う。客観的情報を重視しその信頼性を吟味しながら、根拠に基づいて偏りのない思考をすることである。

 

 

 

 

 

35 学習支援として、集団指導よりも個別指導が望ましいのはどれか。

1.小学生へのインフルエンザ予防の指導
2.塩分摂取量が多い地域住民への食事指導
3.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者への生活指導
4.3〜4か月児健康診査に来た保護者への離乳食の指導

解答3

解説

1.× 小学生へのインフルエンザ予防の指導は、集団指導が望ましい。なぜなら、インフルエンザは集団感染のリスクがあり、指導内容を共通理解する必要があるため。
2.× 塩分摂取量が多い地域住民への食事指導、集団指導が望ましい。なぜなら、地域住民同士の問題共有の場となり、行動変容に向けて近隣同士の助け合いのきっかけともなり得るため。
3.〇 正しい。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者への生活指導は、個別指導が望ましい。なぜなら、HIV感染者に対しては、心理面のケア水平感染の予防策など、患者の精神状態や生活に基づいているため。また、HIVが陽性であるという情報は重要な個人情報であり、知り得た場合は守秘義務が発生するため。
4.× 3〜4か月児健康診査に来た保護者への離乳食の指導、集団指導が望ましい。なぜなら、同世代の子をもつ親が知るべき共通情報であり、親同士の交流の場ともなるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。