第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 成人に経鼻経管栄養法を行う際の胃管を挿入する方法で適切なのはどれか。

1.体位は仰臥位とする。
2.管が咽頭に達したら頸部を後屈する。
3.咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。
4.嚥下運動よりも速い速度で挿入する。

解答3

解説

1.× 体位は仰臥位ではなく、坐位もしくは半坐位(ファウラー位)とする。なぜなら、胃管挿入時は、気管への誤挿入を防ぐよう、咽頭から食道がほぼ一直線にするため。
2.× 管が咽頭に達したら頸部を後屈ではなく、前屈する。なぜなら、気管に入るのを防ぐため。
3.〇 正しい。咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。なぜなら、咳嗽がある場合は気管への誤挿入が疑われるため。
4.× 嚥下運動よりも速い速度で挿入するのではなく、嚥下運動のタイミングに合わせて挿入する。そうすることにより食道へ入りやすくなる。

 

 

 

 

 

37 ボディメカニクスを活用して、看護師が患者を仰臥位から側臥位に体位変換する方法で正しいのはどれか。

1.患者の支持基底面を狭くする。
2.患者の重心を看護師から離す。
3.患者の膝を伸展したままにする。
4.患者の体幹を肩から回転させる。

解答1

解説

1.〇 正しい。患者の支持基底面を狭くする。そうすることにより摩擦が減り体位変換が容易になる。逆に、看護師は支持基底面を広くとり、安定した姿勢で体位変換を行う。
2.× 患者の重心を看護師から離すのではなく、近づける。なぜなら、患者の重心を看護師から離すほど、患者を動かすことに大きな力を必要とするため。
3.× 患者の膝を伸展したままではなく、膝は曲げて行う。患者の膝を曲げない状態は基底面が広く、また重心も低い。よって、体位変換により大きな力を要する。
4.× 患者の体幹を肩からではなく、下肢から回転させる。膝を曲げた状態だと回転軸からの回転半径が最も大きいのは膝になる。そのため、肩ではなく膝から回転させることで、下肢→骨盤→体幹の順で連動して回転が起こり、小さな力で体位変換させることができる。

 

 

 

 

 

38 入浴の際に血圧が低下しやすい状況はどれか。

1.浴槽に入る前に湯を身体にかけたとき
2.浴槽の湯に肩まで浸かったとき
3.浴槽から出たとき
4.浴室から脱衣所に移動したとき

解答3

解説

1.× かけ湯はあらかじめ身体を湯の温度にならすことが目的であり、浴槽に入った際の温熱作用による急激な血圧低下を防ぐ方法である。
2.× 浴槽の湯に肩まで湯に浸かっているとき、静水圧による身体の圧迫と温熱効果により静脈還流が増大し、血圧はやや上昇する。
3.〇 正しい。浴槽から出るとき、①水圧から解放されること、②座位から立位になること、③入浴による疲労や脱水などの要因により、血圧低下を起こしやすい。
4.× 浴室から脱衣所に移動したとき(特に浴室に比べて脱衣所の室温が低い場合)は、末梢血管が収縮して血圧が上昇に働くことがある。

 

 

 

 

 

39 輸血後、数日から数週間経過してから出現する副作用(有害事象)はどれか。

1.溶血性反応
2.末梢血管収縮反応
3.アナフィラキシー反応
4.輸血後移植片対宿主病(PT-GVHD)

解答4

解説

輸血の副作用には、輸血開始直後から数時間以内に発症する即時型のものと、輸血後24時間以降、数日経ってから発症する遅発型のものがある。

1.× 溶血性反応(ABO不適合輸血による)は、輸血開始直後から数時間以内に起きる。初期症状として発熱、悪寒などを伴うことが多く、対応が遅れると重篤化して患者の生命にかかわるため、直ちに輸血を中止する。Rh不適合輸血などによって遅発性溶血性反応(24時間以降)が起こることもあるが、重篤化することはまれであり、治療の重要度は低い。
2.× 末梢血管収縮反応とは、その名前の通り「末梢血管が収縮する反応」のことである。一般的に、アナフィラキシーショックなど輸血の副作用としては、血圧低下が起こる。末梢血管収縮反応は、血圧上昇する反応であるため実際に起こるのはまれである。
3.× アナフィラキシー反応は、輸血中から輸血直後に起きる、血圧低下、呼吸困難等のアレルギー反応である。急いで対応しないと致命的になるため、輸血を直ちに止めると同時に迅速な対応に備えて人手を多く集め、医師の指示に従う。
4.〇 正しい。輸血後移植片対宿主病(PT-GVHD)とは、輸血製剤中の供血者のリンパ球が増殖し、受血者の組織を攻撃する反応である。輸血後1~2週間後に発症する。汎血球減少や多臓器不全をきたし、致死的であるが、現在の輸血製剤は、放射線を照射してリンパ球を不活化しているため、発症はきわめてまれである。

 

 

 

 

 

40 上部消化管内視鏡検査について適切なのはどれか。

1.2時間前から絶飲食とする。
2.前投薬には筋弛緩薬を用いる。
3.体位は左側臥位とする。
4.終了直後から飲食は可能である。

解答3

解説

1.× 検査2時間前ではまだ胃内に食物が残っている。前日タ食後から禁食にし、飲水は直前でも可能とするのが一般的である。
2.× 筋弛緩薬は、全身麻酔の導入時に使用され、内視鏡検査では使用しない。前投薬としては胃の運動を抑える抗コリン薬や鎮静薬としてミダゾラムジアゼパムを使うことがある。
3.〇 正しい。体位は左側臥位とする。なぜなら、左側臥位は、右側臥位に比べ胃液が胃底部にたまるため逆流しにくい。また内視鏡の観察もしやすく、望ましい体位である。
4.× 検査後1時間は飲食や咳嗽を避ける。なぜなら、咽頭麻酔が効いていると誤嚥しやすいため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。