第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前41~45】

 

41 全身麻酔下で食道再建術を受ける患者への術前オリエンテーションで適切なのはどれか。

1.「口から息を吸って鼻から吐く練習をしてください」
2.「手術の直前に下剤を飲んでもらいます」
3.「手術中はコンタクトレンズをつけたままで良いです」
4.「麻酔の際は喉に呼吸用の管を入れます」

解答4

解説

1.× 食道再建術では、胸部と腹部に手術創ができるため、術後は痛みにより呼吸が浅くなる。患者には深呼吸を促すが、鼻から吸い、口から吐くほうが生理的であり苦痛が少ない。よって、正しくは、「鼻から息を吸って口から吐く練習をしてください」と指導する。
2.× 下剤を使用することにより、脱水症や術後の消化管の縫合不全のリスクが高まる。そのため問題文のように「手術の直前に下剤を飲んでもらいます」などと手術の直前に下剤を使用することはない。
3.× 全身麻酔により睫毛反射(しょうもうはんしゃ:まつ毛に触れた際に、まぶたを閉じてまばたきをする反射)が消失する。眼球の乾燥を防ぐために、テープなどでまぶたを固定するが、コンタクトレンズを装着したままだと、眼球を損傷したり、コントタクトレンズを紛失したりする可能性がある。そのため、病室で外してもらうようオリエンテーションを行う。
4.〇 正しい。「麻酔の際は喉に呼吸用の管を入れます」とオリエンテーションを行う。なぜなら、全身麻酔により自発呼吸が停止する。気道確保と誤嚥を防止するため、気管内挿管を行う。

 

 

 

 

 

42 生活習慣が発症に関連している疾患はどれか。

1.肺気腫
2.1型糖尿病
3.肥大型心筋症
4.重症筋無力症

解答1

解説

1.〇 正しい。肺気腫は、喫煙に遺伝子的な要因が重なって、肺胞の組織が破壊され、ガス交換が十分にできず、呼吸困難を起こす疾患である。
2.× 1型糖尿病は、自己免疫や遺伝因子が要因となり膵臓のインスリン分泌が障害されることで生じる糖尿病で、生活習慣とは関連しない。2型糖尿病は、過食や肥満、運動不足などの生活習慣によるインスリン作用不足が原因となる。
3.× 肥大型心筋症は、心筋収縮関連蛋白の遺伝子異常により、心筋の肥大(左室ないしは、右室、あるいは両者の肥大)と左室拡張機能低下を呈する疾患である。
4.× 重症筋無力症は、神経筋接合部(末梢神経と筋肉の接ぎ目)の筋肉側の受容体が自己抗体により破壊される自己免疫疾患で、眼険下垂、複視、全身の筋力低下、易疲労性などの症状が出現する。

 

 

 

 

 

43 難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)に基づく医療費助成の対象となる疾患はどれか。

1.中皮腫
2.C型肝炎
3.慢性腎不全
4.再生不良性貧血

解答4

解説

対象となる難病は300以上あるため、以前にも出題された病気などはしっかり覚えておきたい。

1.× 中皮腫は、胸膜、腹膜、心膜、きわめてまれに精巣鞘膜(腹膜鞘状突起の遺残物で、精巣と精巣上体周囲の漿膜)の内面と、その腔内(胸腔内や腹腔内)の諸臓器の表面を覆う中皮細胞に由来すると考えられる腫瘍である。
2.× C型肝炎は、ウイルスが血液を介して感染する肝炎である。
3.× 慢性腎不全は、血液を濾過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気である。
4.〇 正しい。再生不良性貧血のほか、パーキンソン病全身性エリテマトーデス潰瘍性大腸炎などが指定されている。

 

 

 

 

 

44 慢性疾患の患者に対する自己管理の支援で最も適切なのはどれか。

1.患者自身の失敗体験をもとに指導する。
2.病気に関する広範囲な知識を提供する。
3.症状に慣れる方法を身につけるように促す。
4.自分の身体徴候を把握するように指導する。

解答4

解説

慢性疾患は完全に治ることのない病気か、または治るにしてもきわめて長期を要する病気である。患者は疾患や機能障害を抱えながら日常生活を送っている。慢性期では、状態の維持・改善のために、患者が疾患や病状に応じた自己管理を行うことが必要になる。

1.× 患者自身の失敗体験をもとに指導するのは不適切である。なぜなら失敗体験は自己効力感を低下させるため。自分で実際に行動を実行してみて「できた」という成功体験をもつことで、自己効力感が高められ、それをもとに自己管理の支援をしていく。
2.× 病気に関する広範囲な知識を提供するのは不適切である。なぜなら、医療者側は患者に理解してほしい知識を短期間に多く提供してしまうことがあり、患者の混乱を招くため。患者が活用できる情報を見極め、個別性を考慮して必要な情報を提供する。
3.× 症状に慣れる方法を身につけるように促すのは不適切である。慢性疾患は、呼吸困難感、痛み、悪心・嘔吐、しびれ、倦怠感などさまざまな症状を伴うことが多い。このような症状をマネジメント(管理)することが重要であり、慣れるよう促すことは不適切である。
4.〇 正しい。自分の身体徴候を把握するように指導する。患者が病状のコントロール状態を示す身体徴候を自身で気づけるようにすることで、異常の早期発見や自己管理のための望ましい行動が増えることにつながる。

 

 

 

 

 

45 Aさん(56歳、男性)は、化学療法後の血液検査にて好中球数300/mm3であった。
Aさんの状態で正しいのはどれか。

1.入浴を控える必要がある。
2.日和見感染症のリスクが高い。
3.口腔ケアには歯間ブラシを用いる必要がある。
4.化学療法の開始前と比べリンパ球数は増加している。

解答2

解説

本症例は、好中球数300/mm3である。免疫に関与する好中球が500/mm3以下になると易感染状態となる。そのため、細菌感染を防ぐ工夫が必要となる。

 

1.× 好中球減少時は、細菌感染を防ぐために清潔を保つことが重要となる。そのため、入浴はむしろ勧められる。
2.〇 正しい。日和見感染症のリスクが高い。日和見感染症とは、健常者には病原性をもたない常在弱毒菌(グラム陽性菌など)による感染症である。日和見感染症は、好中球減少時など免疫能が低下した人に生じやすい。
3.× 口腔ケアには歯間ブラシを用いる必要はない。歯間ブラシは歯茎を傷つけやすい。口腔内に傷があると、口腔内細菌による感染症を引き起こしやすくなるので、歯間ブラシの使用は避ける。
4.× 化学療法の開始前と比べリンパ球数は、増加しているではなく減少している。化学療法によって造血機能が抑制されるため、好中球だけでなく、リンパ球、赤血球、血小板といった全ての血球成分が減少する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。