第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

 

46 Aさん(35歳、男性)。身長175cm、体重74kg である。1か月前から腰痛と右下肢のしびれが続くため受診した。腰椎椎間板ヘルニアと診断され、保存的療法で経過をみることになった。
 Aさんへの生活指導として適切なのはどれか。

1.「体重を減らしましょう」
2.「痛いときは冷罨法が効果的です」
3.「前かがみの姿勢を控えましょう」
4.「腰の下に枕を入れて寝ると良いですよ」

解答3

解説

1.× 体重を減らす必要はない。この患者はBMI(Body mass index)=74÷(1.75×1.75)=24.16であり、日本肥満学会の定める肥満度判定では通常体重(18.5≦BMI<25.0)の基準内といえよう。また、発熱や発汗を伴う、急激な体重減少がある場合は危険信号である。
2.× 椎間板ヘルニアの患者では、傍脊柱筋に筋膜炎や筋硬結が生じて疼痛の原因となることがある。そのような場合には、患部を冷却することで筋をより硬くしてしまうおそれがあるため推奨しない。時期に応じて温熱療法が効果的である。
3.〇 正しい。前かがみの姿勢を控える必要がある。椎間板ヘルニアでは、髄核が後方ないし後側方に突出することにより疼痛を悪化させる。つまり、前かがみの姿勢では、この椎間板の突出(脱出)を助長するおそれがあるため、推奨しない。
4.× 膝を伸ばしたまま腰の下に枕を入れて寝ると、腰が浮き上がり、股関節がさらに伸展する。すると、骨盤が前傾し腰椎の湾曲が強くなる。したがって、疼痛が悪化する。この対策として、膝関節屈曲位にて、腰の下ではなく膝の下に枕を入れると、股関節が屈曲位になり骨盤を後傾させ、腰椎にかかる負担を軽減することができる。

 

 

 

 

 

47 老年期の心理社会的藤を「統合」対「絶望」と表現した人物はどれか。

1.ペック,R.C.
2.バトラー,R.N.
3.エリクソン,E.H.
4.ハヴィガースト,R.J.

解答3

解説

1.× ペック,R.C.は、老年期における心理・社会的発達課題として、定年退職、子どもの独立といった役割の喪失という危機があるなかで、①新たに人生の価値を見いだすこと(自我の分化)、②身体的健康の危機を超越して快適に生きること、③死への危機に立ち向かうこと(自我の超越)の3つを挙げている。
2.× バトラー,R.N.は、高齢者のこれまでの人生経験を思い出す行為(回想や追憶)は、人格の再統合を図り、死への準備をするという意味の心理過程であると指摘している。
3.〇 正しい。エリクソン,E.H.は、老年期の心理社会的葛藤を「統合性 対 絶望」と表現した。人生を振り返りその価値を見いだすという自我の統合をするが、逆に回顧によって自分の人生の価値に疑念や憂鬱、絶望感が生まれる場合もあると説明している。
4.× ハヴィガースト,R.J.は、老年期の発達課題として、健康の衰退や生活水準の低下(収入の減少)への適応、配偶者の死への適応、社会的義務、死への準備と受容を挙げている

 

 

 

 

 

48 平成26年(2014年)の国民生活基礎調査における65歳以上の高齢者がいる世帯について正しいのはどれか。

1.単独世帯は1割である。
2.三世代世帯は3割である。
3.夫婦のみの世帯は4割である。
4.親と未婚の子のみの世帯は2割である。

解答4

解説

平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によれば、全世帯に占める65歳以上の高齢者がいる世帯の割合は48.4%である。

1.× 単独世帯は1割ではなく、約3割である。平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によれば、65歳以上の高齢者がいる世帯に占める単独世帯の割合は27.1%である。
2.× 三世代世帯は3割ではなく約1割ある。同調査によれば、65歳以上の高齢者がいる世帯に占める三世代世帯の割合は11.0%である。
3.× 夫婦のみの世帯は4割ではなく約3割である。同調査によれば、65歳以上の高齢者がいる世帯に占める夫婦のみの世帯の割合は31.1%である、
4.〇 正しい。親と未婚の子のみの世帯は2割である。同調査によれば、65歳以上の高齢者がいる世帯に占める親と未婚の子のみの世帯の割合は20.7%である。

 

 

 

 

 

49 Aさん(66歳、男性)は、Lewy(レビー)小体型認知症であるが、日常生活動作(ADL)は自立している。介護老人保健施設の短期入所(ショートステイ)を初めて利用することとなった。施設の看護師は、同居している家族から「以前、入院したときに、ご飯にかかっているゴマを虫だと言って騒いだことがあったが、自宅ではそのような様子はみられない」と聞いた。
 入所当日の夜間の対応で適切なのはどれか。

1.虫はいないと説明する。
2.部屋の照明をつけたままにする。
3.細かい模様のある物は片付ける。
4.窓のカーテンは開けたままにする。

解答3

解説

レビー小体型認知症とは、実際にはいない人が見える「幻視」、眠っている間に怒鳴ったり、奇声をあげたりする異常言動などの症状が特徴的である。頭がはっきりしたり、ボーッとしたり、日によって変動することもある。

1.× 虫はいないと説明するのは不適切である。なぜなら、幻覚や不穏、興奮などが認められる場合、本人の言うことを否定してもそれが理解できないだけでなく、ますます興奮してしまうことがあるため。そのような場合には無理に否定せず、様子を見ることも重要である。
2.× 部屋の照明をつけたままにするのは不適切である。なぜなら、昼夜の生活リズムを整えることが重要であるため。夜間には部屋の電気を消して眠りやすい環境を作るようにする。
3.〇 正しい。細かい模様のある物は片付ける。せん妄では壁やカーテンの模様などが虫などに見えてしまうことがしばしばある。このような幻視を誘発するような物を取り除いておく。
4.× 窓のカーテンは開けたままにするのは不適切である。睡眠-覚醒のリズムを整えるためには、夜間の光調整も重要で、カーテンを閉めることで病室内を暗くし、睡眠しやすい環境を作る。逆に朝にはカーテンを開けて日光を取り込むことで覚醒を促すことができる。

 

 

 

 

 

50 Aさん(70歳、女性)。夫(72歳)と2人暮らし。慢性腎不全のため腹膜透析を行うことになった。認知機能や身体機能の障害はない。腹膜透析について説明を受けた後、Aさんは「私のように高齢でも自分で腹膜透析をできるのか心配です。毎日続けられるでしょうか」と話した。
 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.「誰でも簡単にできます」
2.「ご家族に操作をしてもらいましょう」
3.「訪問看護師に毎日見守ってもらいましょう」
4.「同年代で腹膜透析をしている人の体験を聞いてみましょう」

解答4

解説

慢性腎臓病が著しく進行した末期腎不全の状態になると、腎機能を回復させる治療法は現時点では存在せず、腎代替療法を行う必要がある。腎代替療法には、血液透析腹膜透析腎移植があり、各治療法にはそれぞれに利点と欠点がある。Aさんが選択した腹膜透析は、透析膜として腹膜を利用するもので、腹腔内にカテーテルを留置し、そこから透析液の注液・排液を毎日行う必要がある。

1.× 「誰でも簡単にできます」と言うものではない。腹膜透析は、自身で腹膜透析カテーテルを通じて無菌的に透析液を交換する手技を習得する必要がある。Aさんは、認知機能や身体機能に障害はないが、高齢者ではしばしば手技の習得に時間がかかることもあり、誰でも簡単にできるものではない。
2.× 「ご家族に操作をしてもらいましょう」と言うものではない。腹膜透析は自身で行うことが原則である。Aさんは認知機能や身体機能に障害はないため、基本的には家族に操作してもらう必要はない。家族には介助者として知識などを共有してもらう。
3.× 訪問看護師に毎日見守ってもらうことはできない。一般論で訪問看護を毎日受けること自体はできるが、①厚生労働省が定める疾患、②厚生労働省が定める状態でなければ困難である。本症例は①、②ともに当てはまらず現実的には困難である。
4.〇 正しい。「同年代で腹膜透析をしている人の体験を聞いてみましょう。」透析導入前後では、患者の生活の変化や合併症に対する不安は非常に大きい。動画などを通じて説明することが多いが、同年代の患者の実体験を聞くことにより、患者の不安を大きく軽減させることができる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。