第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後6~10】

 

6 スピリチュアルな苦痛はどれか。

1.手術後の創部痛がある。
2.社会的役割を遂行できない。
3.治療の副作用に心配がある。
4.人生の価値を見失い苦悩する。

解答4

解説

全人的苦痛(トータルペイン)とは、がん患者に対する緩和ケアの提供を考える際、がんに伴う身体とこころの痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方である。痛みには4つの側面、つまり1. 身体的、2. 心理的、3. 社会的、4. スピリチュアルな(霊的)的側面がある。

 

1.× 手術後の創部痛は、身体的苦痛である。身体的苦痛としては、痛みや倦怠感・呼吸困難感などの症状や日常生活動作の支障が挙げられる。
2.× 社会的役割を遂行できないのは、社会的苦痛である。社会的苦痛として、家庭の問題や経済的問題・人間関係、仕事上の問題などが挙げられる。
3.× 治療の副作用に心配は、精神的苦痛である。精神的苦痛として、不安やいらだち・うつ状態・孤独感などが挙げられる。
4.〇 正しい。人生の価値を見失い苦悩することは、スピリチュアル(霊的)的な苦悩である。スピリチュアルな苦悩として、人生の意味への問い・罪の意識・自責の念・死への恐怖・価値観の変化・死生観に対する悩みなどが挙げられる。

 

 

 

 

 

7 更年期の女性で増加するのはどれか。

1.卵胞刺激ホルモン(FSH)
2.テストステロン
3.プロラクチン
4.エストロゲン

解答1

解説

 更年期とは、生殖期から非生殖期への間の移行期のことである。卵巣機能が減退し消失するまでの時期をさす。したがって、日本人女性では45~55歳の時期をさす。

1.〇 正しい。卵胞刺激ホルモン(FSH)である。卵巣の機能低下により卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が低下し、下垂体前葉からの黄体形成ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)は反応性に上昇する。
2.× テストステロン(男性ホルモン)は上昇しない。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が低下するだけである。
3.× プロラクチンは、乳汁分泌作用をもつホルモンで、下垂体前葉で分泌される。通常、妊娠後期に分泌のピークを迎える。
4.× エストロゲンは低下する。

 

 

 

 

 

8 平成25年(2013年)の国民生活基礎調査で、要介護者からみた主な介護者の続柄で割合が最も多いのはどれか。

1.同居の父母
2.別居の家族
3.同居の配偶者
4.同居の子の配偶者

解答3

解説

 近年は、介護が必要な65歳以上の高齢者を、65歳以上の高齢者が介護する老老介護が増加している。

1.× 同居の父母である割合は、0.6%である。
2.× 別居の家族である割合は、12.2%である。
3.〇 正しい。同居の配偶者である割合は、25.2%である。ちなみに、同居の子は21.8%で2番目に多い。
4.× 同居の子の配偶者である割合は、9.7%である。

(※平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)調査より)

 

 

 

 

 

9 訪問看護ステーションの管理者になることができる職種はどれか。

1.医師
2.看護師
3.介護福祉士
4.理学療法士

解答2

解説

訪間看護ステーションの管理者になることができる職種は、看護師および保健師だけである。ただ、『健康保険法』のみで申請の場合は、助産師も管理者になれる。よって、選択肢2.看護師が正しい。

3.× 介護福祉士は、訪間介護事業所等の管理者になることはできる。
4.× 理学療法士は、訪問看護ステーションのスタッフとして、医師の指示のもとで機能訓練を行うことができるが、管理者にはなれない。

 

 

 

 

 

10 股関節の運動を図に示す。
内転はどれか。

解答3

解説

股関節の運動は、屈曲・伸展、内転・外転、内旋・外旋の6つである。

1.× 股関節の屈曲運動である。
2.× 股関節の外転運動である。
3.〇 正しい。股関節の内転運動である。
4.× 股関節の内旋運動である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。