第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後66~70】

 

66 A病院の組織図を図に示す。
 医療安全管理を担う部門が、組織横断的な活動をするのに適切な位置はどれか。

1.①
2.②
3.③
4.④

解答2

解説

 病院の医療安全管理部門は、報告された事故やヒヤリ・ハット事例の情報収集と分析・評価・再発防止措置のためのフィードバックなどを行う部門である。そして、病院の長の直轄下で部門・部署等の組織の壁を越え(横断的に)、安全で安心な医療・看護の提供のための積極的な取り組みが行われるよう活動している。

 

1.× ①は、病院の組織の長である病院長を示す。医療法において、病院長は医療安全管理者を設置することを定めており、病院長は兼務できないことも規定している。
2.〇 正しい。②は、医療安全管理を担う部門である。なぜなら、病院組織のなかで、各部門・部署に属さず、横断的に活動できる位置にあるため。
3.4.× ③/④は診療部門看護部門などの部門を示し、組織の長の下に位置している。特に④は、組織の最下層に位置するため、他の部署を管理するには最も困難がある。

 

 

 

 

 

67 高速道路で衝突事故が発生し、20人が受傷した。A病院は、5人の重症患者を受け入れ、あわただしい雰囲気となっている。
 医療を安全かつ円滑に行うために、救急外来のリーダー看護師に求められる役割として誤っているのはどれか。

1.チームで患者情報を共有する。
2.スタッフの役割分担を明確にする。
3.患者誤認が生じないように注意喚起する。
4.電話による安否の問い合わせに回答する。

解答4

解説

 災害医療における体系的アプローチは、医療マネジメント医療支援に分類される。医療マネジメントとは、指揮・統率、安全、情報伝達、評価を担う。一方、医療支援とは、トリアージ、治療、搬送をいう。

 

1.〇 正しい。チームで患者情報を共有する。なぜなら、救急外来のリーダー看護師として求められる役割の医療マネジメントである情報伝達にあたるため。患者情報をチームで共有することで、より人員を多く必要とする患者を検討などができる。
2.〇 正しい。スタッフの役割分担を明確にする。なぜなら、救急外来のリーダー看護師として求められる役割の医療マネジメントである指揮・統率にあたるため。役割が重複したり欠けないよう行っていく。
3.〇 正しい。患者誤認が生じないように注意喚起する。なぜなら、救急外来のリーダー看護師として求められる役割の医療マネジメントである安心にあたるため。慌ただしい状況であるためより必要である。
4.× 電話による安否の問い合わせに回答するのは不適切である。なぜなら、電話による安否の問い合わせに回答することは、医療マネジメントのどれにも該当しないため。他の事務職員に依頼することが望ましい。

 

 

 

 

 

68 紙カルテと比較したときの電子カルテの特徴として正しいのはどれか。

1.データ集計が困難である。
2.診療録の保存期間が短い。
3.多職種間の情報共有が容易になる。
4.個人情報漏えいの危険性がなくなる。

解答3

解説

 電子カルテシステムを含む医療情報システムは、患者情報やその病院に関するさまざまな情報を効率的に処理できる一方で、情報が電子化されるため、メリット・デメリットも存在する。

 

1.× データ集計が困難ではなく、容易である。なぜなら、患者の診療・看護等の情報が電子化されており、情報を瞬時に検索することが可能であるため。また、情報を加工し、数値入力されたバイタルサインなどのデータを自動的に集計することもできる。
2.× 診療録の保存期間において、電子・紙カルテでの違いは法律上ない。ただ、紙カルテに比較してパソコン内部で大量の記録を保存できるため、データの保存・管理は簡単である。
3.〇 正しい。多職種間の情報共有が容易になる。なぜなら、医師・看護師などを含めた多職種が記録した情報が電子カルテ上で常に・同時に閲覧できるため。
4.× 個人情報漏えいの危険性がなくなるわけではない。媒体に保存された患者の診療記録等の個人情報は、USBメモリによる情報漏洩サイバー攻撃などによって流出する危険性がある。

 

 

 

 

 

69 医療機関に勤務する看護師のうち、特殊健康診断の対象となるのはどれか。

1.内視鏡室で勤務する看護師
2.精神科病棟で勤務する看護師
3.血管造影室で勤務する看護師
4.一般病棟で勤務する夜勤専従の看護師

解答3

解説

 特殊健康診断は、有害物質の取り扱いなど人体に害のある業務に従事している労働者に対して行われる健康診断である。『労働安全衛生法』により実施が義務付けられている。

 

1.2.4.× 内視鏡室で勤務する看護師/精神科病棟で勤務する看護師/一般病棟で勤務する夜勤専従の看護師は、特殊健康診断の対象ではない。なぜなら、特に有害物質に曝露される状況にはないため。

3.〇 正しい。血管造影室で勤務する看護師は、特殊健康診断の対象となる。なぜなら、造影室にいる看護師は放射線に曝露されている可能性があるため。これは電離放射線業務にあたる。血管造影室で行う血管造影検査は、血管の形状や血流の様子を観察してどこに病変があるかを検査する。つまり、造影剤を血管に注入し、エックス線写真をとる検査である。

特殊健康診断実施を義務付けられている業種

①粉じん作業
②高圧室内業務と潜水業務
③電離放射線業務
④特定化学物質の製造・取り扱い業務
⑤鉛業務
⑥四アルキル鉛等業務
⑦有機溶剤業務
⑧石綿(アスベスト)取り扱い業務

 

 

 

 

 

70 神経伝達物質と効果器の組合せで正しいのはどれか。

1.γ-アミノ酪酸(GABA):気管
2.アセチルコリン:瞳孔散大筋
3.アドレナリン:血管
4.セロトニン:心筋
5.ドパミン:汗腺

解答3

解説

 効果器とは、動物体が刺激に応じて外界に向けて能動的に活動するときに働く器官( 筋肉・腺・線毛・鞭毛・発電器・発光器など)である。自律神経のうち、交感神経の神経伝達物質はノルアドレナリンであり、副交感神経の神経伝達物質はアセチルコリンである。

 

1.× γ-アミノ酪酸(GABA)は自律神経ではなく、大脳の神経伝達物質である。脳や脊髄で抑制性の神経伝達物質として働いている。
2.× アセチルコリンは、副交感神経の神経伝達物質である。したがって、瞳孔括約筋を収縮させ、縮瞳を起こさせる。瞳孔散大筋は、交感神経支配なのでノルアドレナリンが神経伝達物質である。
3.〇 正しい。アドレナリンは、動脈の平滑筋を収縮させるため、血圧上昇作用がある。交感神経緊張時に副腎髄質から放出される。
4.× セロトニンは、脳内の神経伝達物質である。感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっている。それに異常が起こるとうつ病に関連する。
5.× ドパミンは、主に中脳黒質で産生され運動に関わる神経伝達物質である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。