第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後71~75】

 

71 無対の静脈はどれか。

1.鎖骨下静脈
2.総腸骨静脈
3.内頸静脈
4.腕頭静脈
5.門脈

解答5

解説

1.× 鎖骨下静脈は、上肢からの血液を運ぶ静脈であり、左右でをなす。
2.× 総腸骨静脈は、下肢と骨盤腔からの血液を運ぶ静脈であり、左右でをなす。合流して下大静脈となる。3.× 内頸静脈は、左右の脳からの血液を運ぶ静脈であり、左右でをなす。
4.× 腕頭脈は、左右でをなす。鎖骨下静脈と内頚静脈が合流して腕頭静脈となる。ちなみに、腕頭脈は、右だけの無対動脈である。
5.〇 正しい。門脈は、無対である。門脈とは、腹腔内の消化管と脾臓からの静脈血を肝臓へと運ぶ静脈である。

 

 

 

 

 

72 血液中の濃度の変化が膠質浸透圧に影響を与えるのはどれか。

1.血小板
2.赤血球
3.アルブミン
4.グルコース
5.ナトリウムイオン

解答3

解説

 膠質(コロイド)とは、液体中で粒子が沈殿することなく漂って定常状態を保っているものであり、生体内では生体高分子(蛋白質・核酸・多糖類など)が膠質(コロイド)として存在する。膠質浸透圧は、血漿中に溶けている血管壁を通過できない高分子によって生じる浸透圧のことである。

 

1~2.× 血小板・赤血球は、浸透圧には関与しない。なぜなら、血小板・赤血球ともに血液中の細胞成分であり、血液中に溶けているわけではないため。血小板は、出血の際の一次止血や血液凝固機能に関与する。赤血球は細胞内にヘモグロビンをたくさん含んでおり、主に酸素の運搬を行う。
3.〇 正しい。アルブミンが、浸透圧に関与する。なぜなら、アルブミンは血液中の主要な蛋白質であり、高分子なので血管壁を通過できないため。血液中の浸透圧の維持、pHの調節、脂溶性分子の運搬など多くの役割を担っている。
4.× グルコースは、浸透圧には関与しない。なぜなら、血液中に溶けている分子であるが、血糖値は厳密に調節されているため。また、グルコースやアミノ酸は高分子ではなく血管壁を通過できるので、そもそも膠質(コロイド)ではない。
5.× ナトリウムイオンは、膠質(コロイド)ではない。なぜなら、ナトリウムイオンは、低分子で血液中に溶けており、血管壁を通過できるため。血漿浸透圧を決める主要な成分である。

MEMO

 血液中の浸透圧は、イオンなどの低分子による血漿浸透圧と、血漿タンパク質による膠質浸透圧で決まる。膠質浸透圧が低下すると、毛細血管から組織液(間質)へ水が移動し浮腫が起こる。

 

 

 

 

 

73 院内感染の観点から、多剤耐性に注意すべきなのはどれか。

1.ジフテリア菌
2.破傷風菌
3.百日咳菌
4.コレラ菌
5.緑膿菌

解答5

解説

 院内感染とは、医療施設で患者医療従事者が新たに感染症に羅患することをいう。多剤耐性菌とは、多くの抗菌薬(抗生物質)に耐性を獲得した菌のこと。

1.× ジフテリア菌は、院内感染することはなく、耐性菌も問題とはならない。なぜなら、ジフテリアという上気道粘膜疾患を引き起こすが、ワクチンが普及しており、日本国内における発症はきわめてまれであるため。
2.× 破傷風菌は、院内感染することはなく、耐性菌も問題とはならない。なぜなら、破傷風菌は、外傷後に発症する可能性があり、破傷風菌が産生する神経毒素により、強直性けいれんを引きおこす病気であるため。
3.× 百日咳菌は、院内感染することはなく、耐性菌も問題とはならない。なぜなら、百日咳菌は、特有のけいれん性咳発作を特徴とする百日咳を引き起こす病気であるが、ワクチンが普及しており、日本国内における発症はきわめてまれであるため。
4.× コレラ菌は、院内感染することはなく、耐性菌も問題とはならない。なぜなら、コレラ菌は、コレラを引き起こす代表的な経口感染症の一つで、汚染された水や食物を摂取することによって感染するため。
5.〇 正しい。緑膿菌は、健常者に感染を起こすことはまれだが、抵抗力の低下した患者(易感染性宿主)には感染することがある。院内感染を生じうる代表的な病原体であり、治療に使用する抗菌薬に対して多剤耐性をもつことがあるため、注意が必要となる。

 

 

 

 

 

74 過換気でみられるのはどれか。

1.骨格筋の弛緩
2.血中酸素分圧の低下
3.体循環系の血管の収縮
4.代謝性アルカローシス
5.血中二酸化炭素分圧の上昇

解答3

解説

 過換気では、呼気中に二酸化炭素が過剰に排出されるため、酸塩基平衡に異常をきたし、手足のしびれ・動俸・めまいなどの症状がみられる。

 

1.× 骨格筋の弛緩ではなく収縮である。過換気では、手足や口周囲のしびれや筋肉のけいれん、収縮して固まるテタニー症状がみられることがある。
2.× 血中酸素分圧の低下ではなく、上昇である。なぜなら、肺胞内に酸素を含んだ新鮮な空気が絶えず供給されるため起こる。
3.〇 正しい。体循環系の血管の収縮である。なぜなら、血液がアルカリ性に傾く(アルカローシス)ことによりるため。この血管の収縮が、筋肉のけいれんや収縮を引き起こす。
4.× 代謝性アルカローシスは、胃酸が失われる頻回の嘔吐で起こる。血中二酸化炭素分圧が減少することにより、呼吸性アルカローシスとなる。
5.× 血中二酸化炭素分圧の上昇ではなく減少する。なぜなら、過換気により呼気から二酸化炭素が過剰に排出されるため。

 

 

 

 

 

75 乳癌の検査で侵襲性が高いのはどれか。

1.触診
2.細胞診
3.MRI検査
4.超音波検査
5.マンモグラフィ

解答2

解説

1.× 触診による侵襲性は低い。なぜなら、医師が直接乳房に触れて診察することで、しこりなどの異常をみつける検査であるため。
2.〇 正しい。細胞診は侵襲性が高い。なぜなら、細胞診とは、病変部に細い針を刺し、吸引した細胞を顕微鏡で観察する検査であるため。乳癌の場合、しこりに細い針を刺して細胞を採取する。
3.× MRI検査による侵襲性は低い。なぜなら、強力な磁石でできたドームの中に患者が入り、体内の構造を撮影する検査であるため。
4.× 超音波検査による侵襲性は低い。なぜなら、乳房に直接プローブを当てて超音波が跳ね返ってくる様子を画像にし、乳房の状態を調べる検査であるため。
5.× マンモグラフィによる侵襲性は低い。なぜなら、乳房を透明の圧迫板で挟み圧迫しながらレントゲン撮影する検査であるため。痛みを伴うこともあるが、少ない放射線量で行うことができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。