第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後76~80】

 

76 感染症と保健所への届出期間の組合せで正しいのはどれか。

1.結核:診断7後日以内
2.梅毒:診断後直ちに
3.E型肝炎:診断後直ちに
4.腸管出血性大腸菌感染症:診断後7日以内
5.後天性免疫不全症候群(AIDS):診断後直ちに

解答3

解説

 『感染症法』の届け出基準が存在する。指定された疾患と診断した医師は。保健所長を経由して、都道府県知事に届け出なければならない。

 

1.× 結核(2類感染症):診断7後日以内ではなく、直ちに届け出なければならない。
2.× 梅毒(5類感染症):診断後直ちではなく、全数把握で7日以内に届け出なければならない。
3.〇 正しい。E型肝炎(4類感染症):診断後直ちに届け出なければならない。
4.× 腸管出血性大腸菌感染症(3類感染症):診断後7日以内ではなく、直ちに届け出なければならない。
5.× 後天性免疫不全症候群(AIDS)(5類感染症):診断後直ちにではなく、全数把握で7日以内に届け出なければならない。

 

 

 

 

 

77 平成24年(2012年)の医療法の改正によって、医療計画には①疾病・②事業及び在宅医療の医療体制に関する事項を定めることとされている。
 ①と②に入る数字の組合せで正しいのはどれか。

1.①4:②4
2.①4:②5
3.①5:②4
4.①5:②5
5.①6:②6

解答4

解説

 『医療法』は、病院等の医療提供施設の設置、設備等を定めるとともに、医療を提供する体制の設備について定めるものである。

 医療を提供する体制の確保に関する計画を医療計画といい、都道府県が定める。定めるべき内容として、5疾病5事業と在宅医療の医療体制がある。よって、選択肢4.①5(疾病):②5(事業と在宅医療)が正しい。

医療計画で定める5疾病5事業

【5疾病】
①がん、②脳卒中、③急性心筋梗塞、④糖尿病、⑤精神疾患

【5事業】
①救急医療、②災害医療、③へき地医療、④周産期医療、⑤小児医療(小児救急を含む)

 

 

 

 

 

78 筋骨格系の加齢に伴う変化が発症の一因となるのはどれか。

1.肺結核
2.骨盤臓器脱
3.前立腺肥大症
4.加齢黄斑変性
5.慢性閉塞性肺疾患(COPD)

解答2

解説

1.× 肺結核は、筋骨格系の加齢変化はあまり関連しない。なぜなら、肺に結核菌が感染することによって発症する感染症であるため。
2.〇 正しい。骨盤臓器脱である。加齢により骨盤底筋群や腱、膀胱が萎縮・弛緩すると、骨盤内臓器をけん引支持できなくなり、骨盤内臓器脱が生じる。骨盤内臓器脱には、膀胱瘤・子宮脱・小腸癌・直腸癌・直腸脱などがある。子宮脱では、排尿障害・下垂感・腰痛・失禁などの症状を呈する。
3.× 前立腺肥大症は、筋骨格系の加齢変化はあまり関連しない。なぜなら、前立腺が加齢とともに肥大化することで尿道や膀胱が圧迫され、排尿障害が生じる疾患である。男性ホルモンの関与が指摘されている。
4.× 加齢黄斑変性は、筋骨格系の加齢変化はあまり関連しない。なぜなら、眼底の一部である黄斑部の変性疾患であるため。
5.× 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、筋骨格系の加齢変化はあまり関連しない。なぜなら、肺の炎症性疾患であり、肺気腫や慢性気管支炎による気流閉塞を起こす疾患であるため、

 

 

 

 

 

79 平成25年度(2013年度)の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」における養介護施設従事者等による虐待で最も多いのはどれか。

1.性的虐待
2.介護等放棄
3.身体的虐待
4.心理的虐待
5.経済的虐待

解答3

解説

 『高齢者虐待防止法』における「養介護施設従事者等による高齢者虐待」とは、介護保険法や老人福祉法に規定されている介護老人福祉施設・介護老人保健施設・地域密着型介護療養型医療施設・有料老人ホーム・地域包括支援センターなどの業務に従事する職員が、それらの施設を利用する高齢者に対して、介護などの放棄および身体的・心理的・性的・経済的虐待を行う行為をいう。

 養介護施設従事者等による虐待の虐待判断件数と相談・通報件数は、年々増加しており、身体的虐待(59.8%)→心理的虐待(30.6%)→介護等放棄(16.9%)→経済的虐待(8.0%)→性的虐待(3.3%)の順で多い。よって、選択肢3.身体的虐待が正しい。

 

 

 

 

 

80 Aさん(66歳、女性)は、4年前に前頭側頭型認知症と診断され、介護老人福祉施設に入所している。時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある。
 この状況で考えられるAさんの症状はどれか。

1.脱抑制
2.記憶障害
3.常同行動
4.自発性の低下
5.物盗られ妄想

解答1

解説

 前頭側頭型認知症は、大脳の前頭葉や側頭葉を中心に変性が生じて起こる認知症である。

 

1.〇 正しい。脱抑制である。脱抑制とは、礼節や社会通念が欠如し、他の人からどう思われているかを気にしなくなり、自己本位的な行動や万引き・盗食などの反社会行動を引き起こすことをいう。前頭側頭型認知症の代表的な症状のひとつであり、本症例では、「隣の人のおやつを食べていること」からこれがみられているとみなす。
2.× 記憶障害は、不適切である。前頭側頭型認知症は、アルツハイマー型認知症と異なり、記憶は比較的保たれることが多い。アルツハイマー型認知症では、迷子になる・お金の支払いが困難・同じ質問を繰り返すなどといった記憶症状が出やすい。
3.× 常同行動は、不適切である。常同行動とは、毎日決まったコースを散歩する常同的周遊(周個)や、同じ時間に同じ行動を毎日行う時刻表的生活などの症状のことである。前頭側頭型認知症の代表的な症状のひとつであるが、本症例の「時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある」の症状ではない。
4.× 自発性の低下は、不適切である。自発性が低下する症状に伴い、常同行動や落ち着きのなさと共存してみられることが多い。また、自己や周囲に対して無関心となる。前頭側頭型認知症の初期から認められることが多いが、本症例の「時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある」の症状ではない。
5.× 物盗られ妄想は、不適切である。物盗られ妄想とは、所有物をどこにしまったかどうか思い出せなくなり、そこに誰かに盗まれたという妄想が加わって生じる症状である。盗まれるものは、お金・財布・通帳などの財産に関係するものが多い。アルツハイマー型認知症に多くみられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。