第107回(H30) 看護師国家試験 解説【午後81~85】

 

81 社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士が一定の条件を満たす場合に行うことができる医療行為はどれか。

1.摘便
2.創処置
3.血糖測定
4.喀痰吸引
5.インスリン注射

解答4

解説

 医療行為は、医師や医師の指示を受けた看護師等しかすることができない(業務独占)のが原則である。例外として、在宅患者のために一定の介護福祉士などが厚生労働省令で定める医療行為ができる。平成24年4月から『社会福祉士及び介護福祉士法』の一部改正によって、介護福祉士または喀痰吸引等研修を受けた介護職員等が医師の指示のもと、喀痰吸引等の医療行為を実施できることになった。よって、選択肢4.喀痰吸引が正しい。

1~3.5.× 摘便/創処置/血糖測定/インスリン注射は、医療行為であるため、介護福祉士が代わりに実施することは認められていない。ただ、患者本人が行う場合は良い。

MEMO

 介護福祉士については、平成27年度以降、資格取得者が対象である。しかし、それ以前であっても介護職員等と同様に喀痰吸引等研修を受けることにより、認定特定行為業務従事者として実施可能とされた。なお、この改正で認められた医療行為は、口腔内の喀痰吸引・鼻腔内の喀痰吸引・気管カニユーレ内部の喀痰吸引・胃痩または腸痩による経管栄養。経鼻経管栄養である。

 医療行為とみなされない医療補助行為については、腋窩・外耳道体温測定、自動血圧測定、パルスオキシメーターの装着、軽微な傷の手当などが挙げられている。

 

 

 

 

 

82 精神障害者のリカバリ(回復)について正しいのはどれか。

1.ストレングスモデルが適用される。
2.目標に向かう直線的な過程である。
3.精神疾患が寛解した時点から始まる。
4.精神障害者が1人で達成を目指すものである。
5.精神障害者が病識を獲得するまでの過程である。

解答1

解説

 リカバリ(回復)とは、精神障害者が、症状の有無に関わらず、自尊心を取り戻し希望をもって主体的に日常・社会生活が行えるように回復することである。リカバリを目指すにあたっては、患者の生きがい充実感などに焦点をあてたサポートを行っていくことが必要である。

 

1.〇 正しい。ストレングスモデルが適用される。ストレングスモデルとは、患者自身や取り巻く環境の強みに焦点を当てて患者の生活をサポートしていこうという考え方である。リカバリを目指していくにあたって、できないことや問題点のみに焦点をあててサポートを行うと、患者の生きる活力や自尊心を奪ってしまいリカバリの妨げとなりかねない。
2.× 目標に向かう直線的な過程ではなく、改善・増悪を繰り返したり患者によって異なる。精神疾患は、経過が長期に渡ることも多い。直線的に回復していくのは稀であり、適切な治療を行っていても改善・増悪を繰り返しながら徐々に安定していくのがー般的である。
3.× 精神疾患が寛解した時点からではなく、症状の有無で開始することはない。寛解とは、病気の症状が軽くなっている状態である。リカバリでは、症状の有無ではなく、患者が生きがい自尊心を取り戻して生活していけるかどうかが重要である。
4.× 精神障害者が1人ではなく、本人を中心に治療者や家族などが達成を目指すものである。なぜなら、リカバリを実現するには、本人の力だけでは難しいことも多いため。
5.× 精神障害者が病識を獲得するまでではなく、自尊心を取り戻し希望をもって主体的に日常・社会生活が行えるように回復する過程である。

 

 

 

 

 

83 健常な成人の心臓について、右心室と左心室で等しいのはどれか。2つ選べ。

1.単位時間当たりの収縮の回数
2.拡張時の内圧
3.収縮時の内圧
4.心室壁の厚さ
5.1回拍出量

解答1/5

解説

 心臓は、ポンプ作用を有する循環の中心的臓器である。右心室は肺循環を、左心室は体循環を形成する。全身に血液を循環させるため、左心室のポンプ作用は右心室と比べ強力である。

 

1.〇 正しい。単位時間当たりの収縮の回数である。なぜなら、右心室も左心室も同時に収縮するため。
2.× 拡張時の内圧は、連結している心房の内圧に等しいが、左心房圧は右心房圧に比べて高い。そのため、心房中隔欠損症では左心房の血液は右心房に流れ込む現象が起こる。
3.× 収縮時の内圧は、左心室の方が右心室より圧力が高い。なぜなら、左心室は肺以外の全身に血液を送り出すためである。
4.× 心室壁の厚さは、左心室の方が右心室より3倍程度厚い。なぜなら、左心室壁は強力なポンプ作用を生み出すため。
5.〇 正しい。1回拍出量は、拡張期に心室に流入する血液量と、収縮期に心室から拍出される血液量は等しい。なぜなら、右心系から拍出された血液が肺を経由して左心系に入り、左心室から全身へ拍出されるため。

 

 

 

 

 

84 難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)において国が行うとされているのはどれか。2つ選べ。

1.申請に基づく特定医療費の支給
2.難病の治療方法に関する調査及び研究の推進
3.指定難病に係る医療を実施する医療機関の指定
4.支給認定の申請に添付する診断書を作成する医師の指定
5.難病に関する施策の総合的な推進のための基本的な方針の策定

解答2/5

解説

1.× 申請に基づく特定医療費の支給支給は、国ではなく、都道府県が行う。
2.〇 正しい。難病の治療方法に関する調査及び研究の推進は国が行う。他にも国は、難病の発病の機構、診断及び治療方法に関する調査及び研究を推進するものとする。
3.× 指定難病に係る医療を実施する医療機関の指定は、国ではなく、都道府県知事が行う。
4.× 支給認定の申請に添付する診断書を作成する医師の指定は、国ではなく、都道府県知事が行う。
5.〇 正しい。難病に関する施策の総合的な推進のための基本的な方針の策定は、国(厚生労働大臣)が行う。国を行政主体、大臣を行政機関といい、法律上は区別されるべきものであるが、本問では本選択肢も正答と考える。

 

 

 

 

 

85 急性期の患者の特徴で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.症状の変化が乏しい。
2.エネルギー消費量が少ない。
3.身体の恒常性が崩れやすい。
4.生命の危機状態になりやすい。
5.セルフマネジメントが必要となる。

解答3/4

解説

1.× 症状の変化が乏しいのではなく、短時間のうちに大きく変化しやすい。なぜなら、急性期は、身体への侵襲により、痛みや発熱、呼吸困難感などのさまざまな症状が起こるため。
2.× エネルギー消費量が少ないのではなく、増加する。急性期は、侵襲に対して生体がさまざまな反応を起こすため、エネルギー消費量が増大する。
3.〇 正しい。身体の恒常性が崩れやすい。なぜなら、生体は限界を超えた侵襲によって、生命を維持するための恒常性が保てなくなるため。
4.〇 正しい。生命の危機状態になりやすい。なぜなら、生体は身体への侵襲により、循環機能や呼吸機能など生命の維持に必要な身体機能に支障をきたし、生命の危機状態に陥りやすいため。
5.× セルフマネジメントが必要となるのは急性期ではなく、慢性期である。急性期は、症状の変化が激しく生命の安全を優先する時期であり、セルフマネジメントよりも医療的介入や看護師による援助が特に必要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。