第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第105回保健師国家試験、第102回助産師国家試験、第108回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 疾病や障害に対する二次予防はどれか。

1.早期治療
2.予防接種
3.生活習慣の改善
4.リハビリテーション

解答1

解説

1.〇 正しい。早期治療は、二次予防である。
2.× 予防接種は、一次予防(健康の増進・疾病予防)である。
3.× 生活習慣の改善は、一次予防(健康の増進・疾病予防)である。
4.× リハビリテーションは、三次予防(社会復帰など)である。

 

 

 

 

 

2 日本における平成28年(2016年)の部位別にみた悪性新生物の死亡数で、男性で最も多い部位はどれか。

1.胃
2.肝及び肝内胆管
3.気管、気管支及び肺
4.結腸と直腸S状結腸移行部及び直腸

解答3

解説

1.× 胃は、部位別の第2位である。平成29年における男性の胃の悪性新生物による死亡数は、29745人である。
2.× 肝及び肝内胆管は、部位別の第4位である。平成29年における男性の肝及び肝内胆管の悪性新生物による死亡数は、17822人である。
3.〇 正しい。気管、気管支及び肺は、部位別の第1位である。平成29年における男性の気管、気管支及び肺の悪性新生物による死亡数は53002人である。
4.× 結腸と直腸S状結腸移行部及び直腸は、部位別の第3位である。平成29年における男性の結腸と直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物による死亡数は、27334人である。

 

 

 

 

 

3 セリエ,H.が提唱した理論はどれか。

1.危機モデル
2.ケアリング
3.セルフケア
4.ストレス反応

解答4

解説

1.× 危機モデルは、フィンク,S.L.アギュララ,D.C.らが提唱した。
2.× ケアリングは、メイヤロフ.M.が提唱し、ワトソン,J.がヒューマン・ケアリング理論において看護におけるケアリングを論じた。
3.× セルフケアは、オレムが提唱した。
4.〇 正しい。ストレス反応は、セリエ,H.が提唱した。ストレス反応とは、物体に外部から加わる刺激(ストレッサー)に対し,内部に生じる歪みと元に戻ろうとする反作用をいう。

 

 

 

 

 

4 介護保険制度における保険者はどれか。

1.市町村及び特別区
2.都道府県
3.保健所
4.国

解答1

解説

介護保険の保険者は、市町村及び特別区である。よって、選択肢1.市町村及び特別区が正しい。

 

 

 

 

 

5 呼びかけに反応のない患者に対し、医療従事者が行う一次救命処置(BLS)で最も優先するのはどれか。(※不適切問題:解答なし)

1.気道確保
2.胸骨圧迫
3.人工呼吸
4.除細動

解答(解答なし)
理由:設問が不十分で正答が得られないため:採点対象外

解説

選択肢1.2.△ 気道確保/胸骨圧迫どちらを優先するか判断できない。呼びかけに反応がない=意識のない傷病者は、舌根沈下による気道閉塞のおそれがあり気道確保の考慮が必要である。しかし、もし呼吸がなく心停止と分かれば、胸骨圧迫のほうが優先である。設問文中には呼吸の有無についての記載がなく、現時点でどちらが優先かは判断できないため、不適切問題となったと考えられる。
3~4.× 人工呼吸/除細動より、まず気道確保や胸骨圧迫が優先される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。