第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後101~105】

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aちゃん(8歳、女児)は、両親と妹(3歳)の4人家族である。2歳時に気管支喘息と診断された。5歳までは喘息発作のため救急外来を受診することも多く、年に1回は入院していた。6歳から発作を起こすこともなくなり、定期受診はしなくなっていた。アレルゲンは、ダニとハウスダストである。

101 救急外来で気管支拡張薬の吸入が行われたが、吸入後も呼吸数32/分、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)94%であったため入院することになった。入院後、鼻カニューレによる酸素投与と点滴静脈内注射が開始され、1日3回のステロイド薬の静脈内注射と1日4回の気管支拡張薬の吸入が開始された。翌日、酸素投与は中止された。バイタルサインは、体温36.8 ℃、呼吸数22/分、心拍数94/分、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)97%。聴診で喘鳴が聴取された。Aちゃんは「楽になった」と話し、笑顔が見られるようになった。
 この時のAちゃんへの看護で適切なのはどれか。

1.排痰を促す。
2.胸式呼吸を促す。
3.水分摂取を控える。
4.ベッド上安静とする。

解答1

解説

1.〇 正しい。排痰を促す。なぜなら、気管支喘息の発作により粘度の高い気道分泌物を生じやすいため。気管支瑞息の発作時には気管支の収縮に加え、粘桐な気道分泌物(痰)が気道をさらに狭くしている。したがって、気管支拡張薬(短時間作用性β2刺激薬)を吸入させて排痰を促す。
2.× 胸式呼吸ではなく、腹式呼吸を促す。なぜなら、横隔膜と腹圧を利用した腹式呼吸は、より少ないエネルギーで効率的な呼吸ができるため。
3.× 水分摂取を控えるのではなく、促す。なぜなら、気管支瑞息の発作時、特に小児では呼吸数や咳が増加し、体内の水分が失われ脱水傾向になるため。
4.× ベッド上安静とする必要はない。なぜなら、臥位より起座位のほうが呼吸を楽に行えるため。起座位では横隔膜が重力にしたがって下がり、肺が拡張しやすくなる。病床では、座位でオーバーテーブルに腕をかけてやや前傾に寄りかかる姿勢をとる。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aちゃん(8歳、女児)は、両親と妹(3歳)の4人家族である。2歳時に気管支喘息と診断された。5歳までは喘息発作のため救急外来を受診することも多く、年に1回は入院していた。6歳から発作を起こすこともなくなり、定期受診はしなくなっていた。アレルゲンは、ダニとハウスダストである。

102 気管支喘息による発作は軽快して点滴静脈内注射が中止された。咳嗽が軽度あるが全身状態は良好であるため、退院が決定した。Aちゃんに学校での生活状況を確認すると「最近、喘息発作はなかったけど、体育の時は咳が出たり苦しくなったりすることが時々あった」と話した。そのため、Aちゃんと母親に、退院後も抗アレルギー薬の内服と副腎皮質ステロイド薬の吸入を続けるように医師から説明された。
 看護師のAちゃんに対する退院後の指導で適切なのはどれか。

1.「咳が出なくても体育の授業は見学しましょう」
2.「学校で咳が続くときは先生に伝えましょう」
3.「咳が出なくなったら薬はやめましょう」
4.「部屋の空気の入れ替えはやめましょう」

解答2

解説

1.× 体調に合わせて、体育の授業は参加する。なぜなら、運動は子どもの成長・発達にとってさまざまな効果をもたらすため。うまく発作予防薬を使い、運動で発作が誘発される場合には早めに休ませ、気管支拡張薬を頓用させることが重要である。
2.〇 正しい。学校で咳が続くときは先生に伝えるよう指導する。なぜなら、できるだけ学校での学習の機会を減らさないようにするためには、保護者や学校関係者との連携が重要であるため。また、学校の教員から同級生に対して、あらかじめ喘息児であることを紹介してもらい、同級生から誤解されないように説明しておくことが必要である。
3.× 咳が出なくなっても薬は継続する。気管支瑞息の治療薬は発作治療薬と長期管理薬に分けられる。退院後も内服・吸入を続けるよう説明された抗アレルギー薬と副腎皮質ステロイド薬は長期管理薬であり、症状消失後も継続する必要がある。
4.× 部屋の空気の入れ替えは控えるのではなく、こまめに行うよう指導する。なぜなら、空気中のハウスダストなどが気管支喘息の発作の原因になるため。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後10か月)は、それまで機嫌よく過ごしていたが、夕方から突然不機嫌になり、15〜20分ごとに激しく泣いては、泣き止むことを繰り返した。Aちゃんは夕食の離乳食を食べず哺乳もしなかったが、嘔吐したため21時に保護者と救急病院を受診した。担当医師は保護者に、腸重積症が疑われるためグリセリン浣腸を行って便性を確認する、と説明した。体温は37.1 ℃であった。

103 浣腸後に想定される反応便はどれか。

1.兎糞便
2.タール便
3.灰白色便
4.米のとぎ汁様便
5.イチゴゼリー様便

解答5

解説

1.× 兎糞便(とふべん)とは、痙攣性便秘の時にみられるものである。つまり、最も水分が吸収されきった便であり、便秘症を示唆する便性である。
2.× タール便は、胃潰瘍など上部消化管出血のときに排出される血便の一種である。
3.× 灰白色便は、胆道閉鎖症でみられる便である。
4.× 米のとぎ汁様便は、コレラ菌感染時の下痢の特徴である。
5.〇 正しい。イチゴゼリー様便は、腸重積症アメーバ赤痢でみられる便である。本症例は、腸重積が疑われるため正しい。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後10か月)は、それまで機嫌よく過ごしていたが、夕方から突然不機嫌になり、15〜20分ごとに激しく泣いては、泣き止むことを繰り返した。Aちゃんは夕食の離乳食を食べず哺乳もしなかったが、嘔吐したため21時に保護者と救急病院を受診した。担当医師は保護者に、腸重積症が疑われるためグリセリン浣腸を行って便性を確認する、と説明した。体温は37.1 ℃であった。

104 Aちゃんへの腹部超音波検査の結果、腸重積症の診断が確定し、静脈内注射による鎮静下で高圧浣腸が行われることになった。
 看護師が一連の処置の準備をするにあたり、最も重要な物品はどれか。

1.潤滑ゼリー
2.替えのおむつ
3.ガーグルベースン
4.経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)モニター

解答4

解説

1.× 潤滑ゼリーは、最も重要な物品とはいえない。なぜなら、Aちゃんには静脈内注射による鎮静がかかるため。潤滑ゼリーは、高圧浣腸のカテーテルを肛門に挿入するときに必要だが、選択肢の中から生命にかかわるより重要な物品がある。
2.× 替えのおむつは、最も重要な物品とはいえない。処置によりおむつが汚れるため、替えのおむつは必要だが、選択肢の中から生命にかかわるより重要な物品がある。
3.× ガーグルベースンは、最も重要な物品とはいえない。処置中に嘔吐のおそれがあるため、ガーグルベースンは必要だが、選択肢の中から生命にかかわるより重要な物品がある。
4.〇 正しい。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)モニターは、最も重要な物品である。なぜなら、静脈内注射による鎮静をかけ、呼吸状態の変化に注意が必要であるため。呼吸の観察に経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)モニターは必須であり、Aちゃんの生命の維持にかかわる最も重要な物品である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後10か月)は、それまで機嫌よく過ごしていたが、夕方から突然不機嫌になり、15〜20分ごとに激しく泣いては、泣き止むことを繰り返した。Aちゃんは夕食の離乳食を食べず哺乳もしなかったが、嘔吐したため21時に保護者と救急病院を受診した。担当医師は保護者に、腸重積症が疑われるためグリセリン浣腸を行って便性を確認する、と説明した。体温は37.1 ℃であった。

105 Aちゃんは、高圧浣腸により重積が整復され、経過観察のため入院した。翌朝、経口摂取が可能となり、状態も落ちついているため退院が決定した。保護者から「退院後に何か注意することはありますか」と看護師に質問があった。
 保護者への説明で適切なのはどれか。

1.「月1回の受診をしてください」
2.「3日間は入浴を控えてください」
3.「1週間は離乳食を1日1回にしてください」
4.「同じような症状が出たら受診してください」

解答4

解説

1.× 月1回の受診は必要ない。なぜなら、すでに腸重積は整復されているため。その後の経過に異常がなければ定期的な受診の必要性はない。
2.× 3日間、入浴を控える必要はない。腸重積の整復後に入浴を控える必要はない。
3.× 1週間、離乳食を1日1回に制限する必要はない。なぜなら、すでに腸重積は整復されているため。離乳食の回数を減らす必要はない。
4.〇 正しい。同じような症状が出たら受診を促すよう指導する。なぜなら、腸重積症の再発は約10%にみられるため。したがって、同症状の出現の有無に注意を払うことは重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。