第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初産婦)は、夫(37歳、会社員)と2人暮らし。事務の仕事をしている。身長157cm、非妊時体重54kg。妊娠24週4日の妊婦健康診査時の体重58kgで4週前から1.5kg増加している。血圧128/88mmHg。尿蛋白(±)、尿糖(-)。浮腫(±)。Hb 10g/dL、Ht 30%。子宮底長22.5cm、腹囲84cm。胎児推定体重700g。非妊時より白色の腟分泌物は多いが、搔痒感はない。

106 Aさんの妊婦健康診査時のアセスメントで適切なのはどれか。

1.妊娠性貧血
2.腟カンジダ症
3.胎児発育不全(FGR)
4.妊娠高血圧症候群(HDP)

解答1

解説

1.〇 正しい。妊娠性貧血である。なぜなら、AさんはHb 10g/dL、Ht 30%であるため。妊娠性貧血とは、ヘモグロビン濃度(Hb値)が11g/dL未満、あるいはヘマトクリット値(Ht値)が33%未満である。妊娠中の貧血で、頻度が高いのは、鉄欠乏性貧血と葉酸欠乏性貧血がある。
2.× 腟カンジダ症とは、膣の常在菌の一種である。妊娠して高エストロゲン状態になるなど、環境の変化で異常増殖すると炎症となり、搔痒感がみられる。Aさんは、搔痒感を訴えてはいないため、膣カンジダ症の症状と一致しない。
3.× 胎児発育不全(FGR)とは、妊娠週数に対して胎児が明らかに小さい場合をいい、胎児発育曲線において「-1.5SD以下」の場合に診断される。各妊娠週数の胎児体重基準によると、妊娠24週0日の平均値が660g、「-1.5SD」が511gである。また妊娠25週0日の平均値が771g、「-1.5SD」が602gである。Aさんの場合では妊娠24週4日で、胎児推定体重は700gであるため、十分に発育しており、胎児発育不全と断言できない。
4.× 妊娠高血圧症候群(HDP)とは、妊娠時に高血圧を認めた場合をいう。高血圧とは収縮期血圧140mmHg以上、かつ/または、拡張期血圧90mmHg以上である。Aさんの血圧は、128/88mmHgであるため、妊娠高血圧症候群と断言できない。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初産婦)は、夫(37歳、会社員)と2人暮らし。事務の仕事をしている。身長157cm、非妊時体重54kg。妊娠24週4日の妊婦健康診査時の体重58kgで4週前から1.5kg増加している。血圧128/88mmHg。尿蛋白(±)、尿糖(-)。浮腫(±)。Hb 10g/dL、Ht 30%。子宮底長22.5cm、腹囲84cm。胎児推定体重700g。非妊時より白色の腟分泌物は多いが、搔痒感はない。

107 妊婦健康診査後、Aさんは看護師に「毎朝30分、電車内で立ち続けているので職場までの通勤がとても疲れます」と話した。看護師はAさんに、就労する妊娠中の女性に関する制度について説明した。
 Aさんがこの時点で取得できるのはどれか。

1.産前休業
2.時差出勤
3.就業の制限
4.所定労働時間の短縮

解答2

解説

1.× 産前休業は、『労働基準法』に定められている。産前休業は、産前6週間と定められている。本問における妊婦は、24週4日であるため適応外である。ちなみに、妊娠37週から41週までの出産を正期産といわれる。
2.〇 正しい。時差出勤は、『雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)』の「妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置」に規定されている。具体的には、妊娠中の通勤緩和(時差通勤、勤務時間の短縮等)が定められている。妊娠週数に関係なく、妊娠している女性が対象となり、通勤ラッシュを避けるなど身体への負担を減らすことが目的である。
3.× 就業の制限は、『労働基準法』に定められている。妊産婦の坑内業務(下にある鉱物を採掘する場所、当該場所に達するために作られる地下の通路等をいい、坑内労働には、鉱山におけるものとずい道工事等鉱山以外におけるもの)、危険有害業務の禁止、妊産婦の時間外労働、休日労働、深夜業の制限を指す。
4.× 所定労働時間の短縮は、『育児・介護休業法』で定められている。小学校就学までの子のいる労働者が対象であり、本問では該当しない。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初産婦)は、夫(37歳、会社員)と2人暮らし。事務の仕事をしている。身長157cm、非妊時体重54kg。妊娠24週4日の妊婦健康診査時の体重58kgで4週前から1.5kg増加している。血圧128/88mmHg。尿蛋白(±)、尿糖(-)。浮腫(±)。Hb 10g/dL、Ht 30%。子宮底長22.5cm、腹囲84cm。胎児推定体重700g。非妊時より白色の腟分泌物は多いが、搔痒感はない。

108 Aさんは夫に付き添われ、妊娠35週4日に妊婦健康診査を受けた。体重62kg、血圧126/76mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。浮腫(±)。子宮底長30cm、腹囲88cm。Aさんは看護師に「膝の裏の血管が膨らんで、青く浮き出てきました。夕方になると足がだるくなり、夕食の準備のため立っているとつらくなります」と言う。
 Aさんへの指導で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「水分を控えましょう」
2.「体重を減らしましょう」
3.「ガードルを着用しましょう」
4.「弾性ストッキングを着用しましょう」
5.「寝るときは足を高くして横になりましょう」

解答4/5

解説

1.× 水分を控えるのではなく、促す。Aさんの「膝の裏の血管が膨らんで、青く浮き出てくる」という主張から、Aさんには下肢静脈瘤が生じている可能性が高い。妊娠中は、深部静脈血栓症のリスクが高く、この時に水分摂取を控えると、血栓ができやすくなる。そのため、水分摂取を促す。
2.× 体重を減らす必要はない。非妊娠時の静脈癌であれば体重コントロール(有酸素運動など)は有効である。しかし、原則的には妊娠期は体重を減少させるべきではない。加えて、Aさんの場合は、非妊娠時のBMIは約22で、体重増加も非妊娠時より+8kgであり、妊娠全期間を通しての推奨体重増加量の範囲である。3.× 「ガードル(腹帯)の着用は不要である。なぜなら、妊娠中のガードルは、妊娠の腰背痛の治療法であるため。
4.〇 正しい。弾性ストッキングを着用する。弾性ストッキングを使用することで、静脈を周囲から他動的に圧迫し、静脈血流を改善する。
5.〇 正しい。寝るときは足を高くして横になる。なぜなら、寝るときに足を高くして横になることによって、下肢の静脈血還流量を改善できるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初産婦、会社員)は、夫と2人暮らし。妊娠38週6日で3,200g の児を正常分娩した。分娩後から母児同室を開始しており、母乳育児を希望している。

109 産褥2日。乳房の緊満はなく、熱感がある。初乳から移行乳へと変化している。Aさんの児の抱き方はぎこちなく、乳頭をくわえさせるのに時間がかかっている。産褥1日から2日にかけた24時間で、14回の直接授乳をしている。児の体重は3,060gで、体重減少率は4.4 %、排尿は3回/日、排便は2回/日である。Aさんは「あまり母乳が出ていないようですが、人工乳を足した方がよいですか」と看護師に相談した。
 この時、看護師がアセスメントする項目で最も重要なのはどれか。

1.直接授乳の回数
2.母乳の分泌状態
3.児の体重減少率
4.児の排泄状況

解答3

解説

1.× 直接授乳の回数だけでは、児がどれだけ母乳を飲めているか判断できない。産褥2日目の授乳回数として、少なくとも24時間で8回必要である。Aさんは、24時間で14回授乳できており、回数は適切である。
2.× 母乳の分泌状態だけでは、児がどれだけ母乳を飲めているか判断できない。また、初産婦で産褥2日目であり、現時点で分泌状態が悪くても問題はない。なぜなら、一般的に初産婦では、産褥2~3日頃に乳汁分泌が始まるため。
3.〇 正しい。児の体重減少率は、看護師がアセスメントする項目で最も重要である。なぜなら、児がどれだけ母乳を飲めているか判断できるため。新生児では母乳をうまく飲めないことも多く、児の脱水を防ぐため。Aさんの児の場合では、生後2日で体重減少率4.4%なので生理的体重減少の範囲内(5〜6%ほど)である。したがって、現時点では人工乳を追加する必要はないと考えられる。
4.× 児の排泄状況だけでは、児がどれだけ母乳を飲めているか判断できない。また、Aさんの児の場合では、排尿は3回/日、排便は2回/日である。出生後2日では、排尿回数は3回以上/日,排便回数は2回以上/日が目安となる。したがって、生理的体重減少の範囲内である。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初産婦、会社員)は、夫と2人暮らし。妊娠38週6日で3,200g の児を正常分娩した。分娩後から母児同室を開始しており、母乳育児を希望している。

110 産褥3日。Aさんの子宮底は臍下3横指、硬度は硬い。悪露は血性少量であった。乳房は左右とも全体的に硬く触れ、熱感と発赤があり痛みを訴えている。乳汁分泌状態は、乳管口は開口数左右5本ずつ、移行乳の分泌を認める。Aさんのバイタルサインは体温37.9 ℃、脈拍72/分、血圧108/60mmHgであった。
 Aさんの状態として最も考えられるのはどれか。(※不適切問題:解答2つ)

1.産褥熱
2.子宮復古不全
3.乳腺炎
4.乳房緊満

解答3/4

解説

1.× 産褥熱とは、骨盤内感染によって分娩後24時間~産褥10日目に、2日以上にわたって38℃以上の発熱が続くことである。乳腺炎による発熱は含まれない。また、下腹痛・子宮傍組織への圧痛・悪臭を伴う悪露などを認める。
2.× 子宮復古不全は、子宮収縮が緩慢で血性悪露が続く時に疑う。産後の子宮収縮は、産褥3日目で、臍下3横指、子宮底長10cmが正常である。
3.〇 正しい。乳腺炎(うっ滞性乳腺炎)は、産後1週間以内にみられることが多く、うっ滞した乳汁が乳管内で炎症を起こすことで生じる。通常、症状は片側の乳房に生じ、乳頭を頂点としてくさび状に広がる炎症所見(発赤・腫脹・疼痛・熱感)を認める。発熱を伴うことも多い。Aさんの場合は、症状が両側性だが、乳房の炎症所見や発熱が認められることから、うっ滞性乳腺炎を発症している可能性が考えられる。
4.〇 正しい。乳房緊満とは、産褥1~5日目頃、生理的な乳房の腫脹と痛みを自覚することである。乳房のうっ血や浮腫が原因と考えられ、両側乳房が発赤、腫脹し、疼痛や軽度の発熱を伴うことがある。Aさんの場合、両側性に乳房の発赤や疾痛を認めることから、乳房緊満を発症している可能性が考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。