第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後11~15】

11 運動性言語中枢はどれか。

1.中心後回
2.大脳基底核
3.Brocar(ブローカ)野
4.Wernicker(ウェルニッケ)野

解答3

解説

1.× 中心後回は、頭頂葉の最前方にある。ー次体性感覚野という身体の感覚情報を受ける機能がある.
2.× 大脳基底核は、大脳半球の内部にある尾状核・被殻・淡蒼球や中脳にある黒質などである。
3.〇 正しい。Brocar(ブローカ)野は、運動性言語中枢であり、左前頭葉に位置する。自分の考えていることを言葉として発するときに働く。
4.× Wernicker(ウェルニッケ)野は、感覚性言語中枢であり、左側頭葉の後方に位置する。言語を理解するときに働く。

 

 

 

 

 

12 ジャパン・コーマ・スケール(JCS)のⅢ(3桁)で表現される意識レベルはどれか。

1.意識清明の状態
2.刺激すると覚醒する状態
3.刺激しても覚醒しない状態
4.刺激しなくても覚醒している状態

解答3

解説

1.× 意識清明の状態は、「0」である.
2.× 刺激すると覚醒する状態は、「Ⅱ(2桁)」である。
3.〇 正しい。刺激しても覚醒しない状態刺激しても覚醒しない状態は、「Ⅲ(3桁)」である。
4.× 刺激しなくても覚醒している状態は、「Ⅰ(1桁)」である。

 

 

 

 

 

 

13 最も緊急性の高い不整脈はどれか。

1.心房細動
2.心室細動
3.心房性期外収縮
4.Ⅰ度房室ブロック

解答2

解説

1.× 心房細動より、緊急性の高い不整脈が選択肢の中にある。心房細動は、心房が無秩序に震えるように興奮する不整脈であり、心原性脳梗塞を発症することもあるため、予防的に抗凝固薬を投与する必要がある。
2.〇 正しい。心室細動は、きわめて緊急性の高い不整脈である。心室細動は、心室が無秩序に興奮している状態であり、放置すると死に至る可能性がきわめて高い。心室細動が自然停止することはまれであり、直ちに、電気的除細動が必要である。
3.× 心房性期外収縮は、一般的に治療を要さないことが多い。なぜなら、心房性期外収縮(心室期外収縮)は、心房から早期に生じる期外収縮であり、一般的に良性の不整脈であるため。
4.× Ⅰ度房室ブロックは、一般的に治療を要さないことが多い。なぜなら、Ⅰ度房室ブロックは、PQ間隔が0.2秒以上に延長している場合をいい、一般的に良性所見であるため。

 

 

 

 

 

 

14 浮腫の原因となるのはどれか。

1.膠質浸透圧の上昇
2.リンパ還流の不全
3.毛細血管内圧の低下
4.毛細血管透過性の低下

解答2

解説

1.× 膠質浸透圧の上昇ではなく、低下で起こる。膠質浸透圧が低下(血漿アルブミンの減少など)すると、血管内に水分を引き留めておく作用が低下し、組織液が増加して浮腫となる。
2.〇 正しい。リンパ還流の不全は、浮腫の原因となる。リンパ還流の不全(悪性腫瘍やリンパ節郭清など)が起こると、リンパ管への水分移動が低下し、組織液が増加して浮腫となる.
3.× 毛細血管内圧の低下ではなく、上昇で起こる。毛細血管内圧の上昇(心不全など)すると、血漿の間質への流出が増加し浮腫となる。
4.× 毛細血管透過性の低下ではなく、亢進で起こる。毛細血管透過性の亢進(炎症など)すると、血漿の間質への流出が増加し浮腫となる。

 

 

 

 

 

15 狭心症発作時に舌下投与するのはどれか。

1.ヘパリン
2.ジゴキシン
3.アドレナリン
4.ニトログリセリン

解答4

解説

1.× ヘパリンは、抗凝固薬である。血栓塞栓症や播種性血管内凝固症候群(DIC)の治療に用いられる。また、緊急心臓カテーテル検査時に経静脈的に投与されるものである。
2.× ジゴキシンは、強心薬である。うっ血性心不全の治療に用いられる。心筋の酸素需要を増やすため心筋虚血を増悪させる。
3.× アドレナリンアドレナリンは、交感神経作動薬である。強心や血圧上昇作用、気管支拡張作用があり、気管支喘息やショックの際の治療に用いる。
4.〇 正しい。ニトログリセリンは、狭心症発作時に舌下投与する。ニトログリセリンは血管平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる作用があり、狭心症発作時に用いられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。