第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前111~115】

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初産婦、会社員)は、夫と2人暮らし。妊娠38週6日で3,200g の児を正常分娩した。分娩後から母児同室を開始しており、母乳育児を希望している。

111 産褥4日。Aさんは乳頭を児にうまくくわえさせられず「上手におっぱいがあげられない。退院してからも続けていけるか心配です」と言う。Aさんの乳房からは移行乳の分泌がみられる。児の体重は3,040g、排尿は5回/日、排便は4回/日である。
 Aさんへの授乳時のアドバイスとして、適切なのはどれか。2つ選べ。

1.3時間ごとに授乳させる。
2.児が前屈姿勢になるように支える。
3.児が啼泣している時に授乳させる。
4.児の舌の上に乳頭がのるようにくわえさせる。
5.児が大きく口を開けたタイミングで乳頭をくわえさせる。

解答4/5

解説

1.× 3時間ごとに授乳させるのは、不適切である。なぜなら、Aさんの「上手におっぱいがあげられない」という訴えに対しては、時間間隔の助言で上達するとは考えにくいため。
2.× 児が前屈姿勢になるように支えるのは、不適切である。なぜなら、児の顎が上がる状態が授乳に適した姿勢であるため。児を前屈させると顎が下がる状態となる。
3.× 児が啼泣(ていきゅう)している時に授乳させるのは、不適切である。なぜなら、児が泣いているときは児がのけぞり、適切な姿勢保持が困難であるため。
4.〇 正しい。児の舌の上に乳頭がのるようにくわえさせる。なぜなら、児は舌の上に乳頭がのると吸畷反射を起こしやすくなるため。
5.〇 正しい。児が大きく口を開けたタイミングで乳頭をくわえさせる。なぜなら、児が大きく口を開けたタイミングでくわえさせることを意識すると、乳輪まで深くくわえさせることができるようになるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、女性、会社員)は、1人暮らし。11月に経理部へ異動となった。新しい人間関係と慣れない仕事で帰宅後も緊張が取れず、眠れない日が続いていた。異動から3週目の朝、会社のエレベーターに乗ると、息苦しさ、動悸からパニック発作を起こした。その後も不眠とパニック発作が出現したため、異動から2か月後、精神科クリニックを受診し、パニック障害と診断された。主治医からは、短時間型の睡眠薬と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が処方された。また、職場の協力を得て仕事量の調整をしてもらうことになった。受診から5日後、Aさんから「昨日の朝から気分が悪くなり、下痢をするようになった」と電話があった。

112 受診後のAさんの状況に対する看護師のアセスメントで適切なのはどれか。

1.ストレスの増大
2.うつ症状の悪化
3.睡眠薬の持ち越し効果
4.SSRIの副作用(有害事象)

解答4

解説

1.× ストレスの増大が原因とは考えにくい。なぜなら、職場の協力を得て仕事量が調整されているため。
2.× うつ症状の悪化が原因とは考えにくい。なぜなら、治療が開始され、職場環境の調整が行われているため。
3.× 睡眠薬の持ち越し効果が原因とは考えにくい。なぜなら、日中の眠気に関する訴えがないため。睡眠薬の持ち越し効果とは、睡眠薬の影響を受けて日中も眠気が残ることをいう。
4.〇 正しい。SSRIの副作用(有害事象)が考えれる。内服開始直後から出現することが多く、消化器症状(下痢など)が多くみられる.

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、女性、会社員)は、1人暮らし。11月に経理部へ異動となった。新しい人間関係と慣れない仕事で帰宅後も緊張が取れず、眠れない日が続いていた。異動から3週目の朝、会社のエレベーターに乗ると、息苦しさ、動悸からパニック発作を起こした。その後も不眠とパニック発作が出現したため、異動から2か月後、精神科クリニックを受診し、パニック障害と診断された。主治医からは、短時間型の睡眠薬と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が処方された。また、職場の協力を得て仕事量の調整をしてもらうことになった。受診から5日後、Aさんから「昨日の朝から気分が悪くなり、下痢をするようになった」と電話があった。

113 受診から1か月後、Aさんは11階の職場に向かう途中、エレベーターの中でパニック発作を再び起こした。その時は、息が止まってしまうように感じた。それ以来、エレベーターを見ると、また同じようになってしまうかもしれないと思うようになり、怖くて乗れなくなり、仕事にも支障が出るようになった。
 Aさんへの看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.「エレベーターの中で息が止まる」という認知による感情・行動を修正する。
2.同じ症状を持つ人々との話し合いを通じて症状の軽減を図る。
3.抗うつ薬の効果についての正しい知識を教育する。
4.ロールプレイを通じて社会生活技能を訓練する。

解答1

解説

1.〇 正しい。「エレベーターの中で息が止まる」という認知による感情・行動を修正する。認知行動療法に基づくかかわりにより、認知の歪みを解消し対処方法の獲得を目指す。一度エレべーターに乗って息が止まってしまうように感じたことがまた起こるのではないかという歪んだ認知から生じる予期不安を、患者とともに確認し、感情や行動の修正方法を話し合っていく。
2.× 同じ症状を持つ人々との話し合いを通じて、Aさんの苦しみを分かち合い、互いに励ましあうことで生きる力につながることが期待できるが、それが直接的に症状の軽減につながるとはいいにくい
3.× 抗うつ薬の効果についての正しい知識を教育する必要はない。なぜなら、エレべーターに怖くて乗れないことと抗うつ薬の正しい知識の有無の関連性は低いため。
4.× ロールプレイを通じて社会生活技能を訓練する必要はない。なぜなら、社会生活技能訓練は、患者の生活技能を高めるための訓練であるため。Aさんの仕事に支障が出ているのは、エレベーターに乗ることへの予期不安が原因である。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、女性、会社員)は、1人暮らし。11月に経理部へ異動となった。新しい人間関係と慣れない仕事で帰宅後も緊張が取れず、眠れない日が続いていた。異動から3週目の朝、会社のエレベーターに乗ると、息苦しさ、動悸からパニック発作を起こした。その後も不眠とパニック発作が出現したため、異動から2か月後、精神科クリニックを受診し、パニック障害と診断された。主治医からは、短時間型の睡眠薬と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が処方された。また、職場の協力を得て仕事量の調整をしてもらうことになった。受診から5日後、Aさんから「昨日の朝から気分が悪くなり、下痢をするようになった」と電話があった。

114 Aさんのパニック発作は消失し、不眠も改善したため、睡眠薬の処方は終了となった。Aさんは「もともと手足が冷えて寝つきが悪かったから、睡眠薬がなくなることが少し心配です。自分で工夫できることはあるでしょうか」と看護師に尋ねてきた。看護師が以前の睡眠状況を尋ねると、睡眠時間は23時から6時までの7時間であったこと、手足が冷えて眠れない時は熱いシャワーを浴びてから布団に入っていたことを話した。
 Aさんの睡眠へのセルフケアに対する看護師の指導で適切なのはどれか。

1.「休日は昼まで寝るようにしましょう」
2.「布団に入る時間を21時に早めましょう」
3.「ぬるい温度のお風呂にゆっくり入るようにしましょう」
4.「眠れるまで布団の中でじっとしているようにしましょう」

解答3

解説

1.× 休日は昼まで寝ると、かえって不規則な生活リズムとなる。
2.× 布団に入る時間を21時に早める必要はない。なぜなら、働いている成人に対して21時に布団に入るよう勧めるのは非現実的であるだけでなく、単に時間を早めたところで根本的な解決にはならない可能性が高いため。Aさんの普段の生活のリズムには大きな問題がない。
3.〇 正しい。「ぬるい温度のお風呂にゆっくり入るようにしましょう」と指導する。なぜなら、熱いシャワーでは末梢血管の拡張効果が得られにくく、冷えは解消しにくいため。また、熱いシャワーを浴びると交感神経が刺激されて覚醒しやすくなるため、入眠の妨げとなる。したがって、副交感神経を刺激しやすいぬるめのお風呂に入るよう指導する。
4.× 眠れるまで布団の中でじっとしている必要はない。なぜなら、睡眠に適した環境が整っていなければ、じっとしていても眠れるようにはならないため。また、じっとしていることで「眠れなかったらどうしよう」と考えてしまい、余計に不眠に陥ることになる。

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(75歳、女性)は、夫とは3年前に死別し、1人暮らし。喫煙歴があり、5年前に慢性閉塞性肺疾患と診断された。長女は隣県に住んでおり、時々様子を見に来ている。Aさんは受診を継続しながら、ほぼ自立して生活していた。今回、咳・痰の症状に加え呼吸困難が増強したため入院となった。入院後は酸素療法(鼻カニューレ:2L/分)と薬物療法を受け、症状が改善し、在宅酸素療法を導入し退院することになった。Aさんは初めて要介護認定を受けたところ、要支援2であった。

115 病棟看護師がAさんに行う在宅酸素療法に関する指導で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.電磁調理器の使用を勧める。
2.外出時にデマンドバルブの作動を確認する。
3.在宅酸素療法の機材が介護保険で給付される。
4.酸素濃縮器は日当たりのよいところに設置する。
5.呼吸困難時にAさんの判断で酸素流量を変更してよい。

解答1/2

解説

1.〇 正しい。電磁調理器の使用を勧める。なぜなら、在宅酸素療法中は火気厳禁であるため。ガスコンロの使用よりも安全である。
2.〇 正しい。外出時にデマンドバルブの作動を確認する。デマンドバルブ(呼吸同調器)は、患者の呼吸に合わせて酸素を吸う時のみ酸素ボンベから酸素を供給する。デマンドバルブを利用すると、酸素を節約でき、酸素ボンべの使用可能時間を2~3倍に増やすことができる。
3.× 在宅酸素療法の機材は、介護保険ではなく、医師の指示により医療保険で給付される。
4.× 酸素濃縮器は日当たりのよいところではなく、直射日光の当たらないところに設置する。
5.× 呼吸困難時でも、Aさんの判断で酸素流量を変更することはできない。医師の判断と指示が必要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。