第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後16~20】

16 緑内障患者への投与が禁忌なのはどれか。

1.コデイン
2.アスピリン
3.アトロピン
4.フェニトイン

解答3

解説

 緑内障は、眼圧の上昇があり、その原因は眼圧を保つ房水の吸収障害である。房水吸収を阻害する抗コリン作用の薬剤は禁忌である。

 

 

1.× コデインは、中枢性麻薬性の鎮痛薬である。鎮咳薬(せき止め)として使うこともある。主な副作用には、眠気、めまい、嘔気・嘔吐などである。
2.× アスピリンは、非ステロイド性消炎鎮痛剤で(NSAIDs)の一つである。血小板凝集抑制作用があり、抗血栓薬として使うこともある。副作用として胃腸炎や気管支喘息、低用量では出血傾向がある。
3.〇 正しい。アトロピンは、抗コリン作用があるため禁忌である。投与により散瞳する。閉塞隅角緑内障では急激に悪化する可能性がある。
4.× フェニトインは、抗てんかん薬である。副作用に、眼振、幻暈、嘔気、失調、振戦、小脳障害、歯肉増殖などがある。

 

 

 

 

 

17 看護師が行う看護過程で適切なのはどれか。

1.問題解決思考である。
2.医師の指示の下で計画を立てる。
3.看護師の価値に基づいてゴールを設定する。
4.アセスメント、計画立案、評価の3段階で構成される。

解答1

解説

1.〇 正しい。問題解決思考である。問題解決思考とは、客観的・批判的に判断し(クリティカルシンキング)、論理的に分析・考察したうえで問題解決していくことであり、看護過程において必要なプロセスである。
2.× 医師の指示の下ではなく、看護過程の計画は看護師が専門的に立てる。看護過程は、看護を実践するうえでの思考過程であり、医師の指示のもとに計画立案されるものではない。
3.× 看護師の価値ではなく、患者(対象者)に基づいてゴールを設定する。なぜなら、看護過程における看護計画では、明確化された問題の解決・緩和を目指し、対象者とともに目標と行動計画を決めるものであるため。
4.× アセスメント、計画立案、評価の3段階ではなく、アセスメント、看護診断、計画立案、実施、評価の5段階で構成される。

 

 

 

 

 

18 成人のグリセリン浣腸で肛門に挿入するチューブの深さはどれか。

1.2cm
2.5cm
3.12cm
4.15cm

解答2

解説

1.× 2cmでは浅すぎる。なぜなら、グリセリン液を注入した際に肛門から漏れ出てしまい直腸内に行き渡らないため。十分な薬効が得られない。
2.〇 正しい。5cm~6cm程度が適切である。肛門入口から4~5cmまでが肛門管(内肛門括約筋と外肛門括約筋が存在)であり、カテーテル先端が5cmより手前である場合、抜けや漏れが起こる。
3.4.× 12cm/15cmは、深すぎる。6cmを超えて深くチューブを挿入すると・チューブの先端が直腸壁に当たることで、直腸粘膜の損傷や穿孔を起こすおそれがある。

 

 

 

 

 

19 右前腕に持続点滴をしている患者の寝衣交換で適切なのはどれか。

1.左袖から脱ぎ、右袖から着る。
2.左袖から脱ぎ、左袖から着る。
3.右袖から脱ぎ、左袖から着る。
4.右袖から脱ぎ、右袖から着る。

解答1

解説

1.〇 正しい。左袖から脱ぎ、右袖から着る。片麻痺患者と同様の考え方である。右前腕に持続点滴ラインがあることから、自由に動く左袖から先に脱ぎ、慎重に袖を通したい右袖から着るようにする。
2.× 左袖から脱ぎ、左袖ではなく右袖から着る。なぜなら、右前腕に持続点滴をしているので、左袖から着ると次に右袖に右手を通しにくくなるため。
3~4.× 右袖から脱ぎ、左袖から着る。/右袖から脱ぎ、右袖から着る。右前腕に持続点滴をしているので右袖からは脱ぎにくいため謝っている。

 

 

 

 

 

20 転倒・転落の危険性が高い成人の入院患者に看護師が行う対応で正しいのはどれか。

1.夜間はおむつを使用する。
2.履物はスリッパを使用する。
3.離床センサーの使用は控える。
4.端坐位時に足底が床につくベッドの高さにする。

解答4

解説

1.× 安易に夜間のおむつ使用を推奨しない。なぜなら患者の自立を妨げるため。就寝前に排尿を促したり、ポータブルトイレの使用を考えるべきである。
2.× 履物はスリッパを使用しない。スリッパは、踵が覆われていないためすり足歩行になりやすく、また、脱げやすく、滑りやすいため。さらに転倒を助長することになる。
3.× 離床センサーの使用は慎重に判断し必要なら使用する。なぜなら、離床センサーを用いることで、転倒・転落の原因や対策へとつながるため。認知力低下を認める患者などでは、有効な対策となる。
4.〇 正しい。端坐位時に足底が床につくベッドの高さにする。なぜなら、立ち上がる際、立ち上がりやすくなり転倒を防ぐ対策となるため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。