第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前21~25】

21 黄色のバイオハザードマークが表示された感染性廃棄物の廃棄容器に入れるのはどれか。

1.病理廃棄物
2.使用済み手袋
3.使用済み注射針
4.血液が付着したガーゼ

解答3

解説

1.× 病理廃棄物(血液や血清などの液状または泥状の物)は、赤色のバイオハザードマークが表示された容器に廃棄する。
2.× 使用済み手袋は、橙色(固形状)のバイオハザードマークが表示された容器に廃棄する。なぜなら、感染性物質の付着が否定できないため。
3.〇 正しい。使用済み注射針(鋭利な物)は、黄色のバイオハザードマークが表示された容器に廃棄する。
4.× 血液が付着したガーゼは、橙色(固形状)のバイオハザードマークが表示された容器に廃棄する。なぜなら、感染性物質の付着が否定できないため。

 

 

 

 

 

22 成人の採血検査で最も用いられるのはどれか。

1.外頸静脈
2.大腿静脈
3.大伏在静脈
4.肘正中皮静脈

解答4

解説

 静脈採血を行う場合には、弾力性があり、太くまっすぐな血管が適している。また、神経損傷の可能性があるため、深部にある血管は避け、表在性の静脈を選択する。よって、選択肢4.肘正中皮静脈が正しい。肘正中皮静脈は、上腕肘窩の中央付近に位置する表在性の血管であり、採血に最も用いられる。深層に上腕動脈や正中神経が通っているため、深く穿刺しないよう注意する。ほかにも橈骨側静脈尺側皮静脈が採血の穿刺部位として適している。

 

1.× 外頸静脈は、採血に適していない。なぜなら、頸部の浅層を走行する静脈ではあるが、血管が細く、駆血もできないため。
2.× 大腿静脈は、採決に適していない。なぜなら、大腿の深層を走行する静脈であるため。
3.× 大伏在静脈は、最も用いられる静脈に該当しないため不適切である。最も採血に用いられる静脈は、肘正中皮静脈であり、次いで多いのは橈骨側静脈尺側皮静脈、ついで、大伏在静脈が選ばれやすい。

 

 

 

 

 

23 感染を伴わない創傷の治癒を促進させる方法で適切なのはどれか。

1.乾燥
2.消毒
3.洗浄
4.ガーゼ保護

解答3

解説

1.× 乾燥は、創傷治癒を遅延する。なぜなら、乾燥すると表皮の基底細胞の遊走・移動が妨げられるため。創面を適度な湿潤環境に保つことができるドレッシング材で覆うことが推奨されている。
2.× 消毒は、創傷治癒を遅延する。なぜなら、消毒液には細胞毒性があり、創傷治癒に関わる細胞まで死滅させるため。感染を伴わない創傷では消毒の必要はない。
3.〇 正しい。洗浄は、創傷の治癒を促進する。創傷の清潔を保つために、生理食塩水または水道水を用いて洗浄することが推奨されている。
4.× ガーゼ保護は、創傷治癒を遅延する。なぜなら、惨出液が吸収され、創面が乾燥するため。創面を適度な湿潤環境に保つことができるドレッシング材で覆うことが推奨されている。

 

 

 

 

 

24 臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準で正しいのはどれか。

1.瞳孔径は左右とも3mm以上
2.脳波上徐波の出現
3.微弱な自発呼吸
4.脳幹反射の消失
5.浅昏睡

解答4

解説

 脳死とは、脳幹を含む全脳の機能が停止した状態である。

1.× 瞳孔径は、左右とも3mm以上ではなく、4mm以上(散大)となる。
2.× 脳波上徐波の出現ではなく、消失(平坦)である。
3.× 微弱な自発呼吸ではなく、自発呼吸の停止である。
4.〇 正しい。脳幹反射の消失である。脳幹反射とは、対光反射、角膜反射、毛様脊髄反射、眼球頭反射、前庭反射、咽頭反射、咳反射である。
5.× 浅昏睡ではなく、深昏睡である。深昏睡とは、JCSで300、GCSで3である。

脳死の判定基準

①深い昏睡にあること
②瞳孔が固定し一定以上開いていること
③刺激に対する脳幹の反射がないこと
④脳波が平坦であること
⑤自分の力で呼吸ができないこと

の5項目を行い、6時間以上経過した後に同じ一連の検査(2回目)をすることで、状態が変化せず、不可逆的であることの確認できた場合。

 

 

 

 

 

25 副腎皮質ステロイドの作用はどれか。

1.体重の減少
2.血糖の低下
3.血圧の低下
4.免疫の促進
5.炎症の抑制

解答5

解説

副腎皮質ステロイド薬は、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールと同様の働きをもつ。

1.× 体重の減少ではなく、増加する。中心性肥満となる。
2.× 血糖の低下ではなく、上昇する。ステロイド糖尿病となる。
3.× 血圧の低下ではなく、上昇する。なぜなら、副腎皮質ステロイドには鉱質(電解質)コルチコイド作用があるため。
4.× 免疫の促進ではなく、抑制する。易感染性となる。
5.〇 正しい。炎症の抑制である。そのため、自己免疫疾患やアレルギー性疾患の治療に広く用いられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。