第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前26~30】

26 三叉神経を求心路として起こるのはどれか。

1.瞬目反射
2.対光反射
3.追跡運動
4.輻輳反射

解答1

解説

1.〇 正しい。瞬目反射は、三叉神経を求心路として起こる。瞬目反射とは、結膜や角膜に異物が接触すると迅速に閉眼して眼球を防御する反射である。遠心路は顔面神経で眼輪筋が収縮して閉眼する。
2.× 対光反射とは、強い光に対して瞳孔が収縮してまぶしさを防ぐ反射である。【求心路】視神経、【遠心路】動眼神経である。
3.× 追跡運動とは、ゆっくりと動く視覚対象物の動きに合わせて視線を滑らかに動かす運動である。【求心路】視神経、【遠心路】動眼神経、滑車神経、外転神経である。
4.× 輻輳反射とは、瞳孔反射の一つで、近くの物を見る時に両眼が内転(輻輳運動)し、あわせて瞳孔が収縮する反射のことをいう。【求心路】視神経、【遠心路】動眼神経である。

 

 

 

 

27 人工弁置換術の術後合併症で早期離床による予防効果が高いのはどれか。

1.反回神経麻痺
2.術後出血
3.縦隔炎
4.肺炎

解答4

解説

1.× 反回神経麻痺は、早期離床で予防できるものではない。反回神経麻痺は、嗄声や呼吸困難などの症状がみられる。反回神経は声帯の動きをつかさどる脳神経のひとつである。迷走神経から分岐し、大動脈・食道・甲状腺などが隣接している。反回神経麻痺が起こる機序として、これらの臓器を手術した際、反回神経が傷つけられることで生じる合併症である。
2.× 術後出血は、早期離床で予防できるものではない。術後出血は、手術に伴う血管損傷によって生じる合併症である。
3.× 縦隔炎は、早期離床で予防できるものではない。縦隔炎は、心臓や大血管の手術後に感染が原因で起こる。
4.〇 正しい。肺炎は、手術後の免疫力低下と肺の感染によって生じやすい合併症のひとつである。早期離床で気道分泌物の排出を促進することによって、肺炎の予防効果が期待できる。他にも、早期離床や早期の積極的リハビリテーションを行うと、呼吸・嚥下・消化・排泄・免疫・認知の維持・回復が促進される。

 

 

 

 

 

28 成人の鼠径ヘルニアで正しいのはどれか。

1.内鼠径ヘルニアと外鼠径ヘルニアに分けられる。
2.患者の男女比は約1:3である。
3.やせている人に多い。
4.保存的治療を行う。

解答1

解説

 鼠径ヘルニアとは、鼠径部の脆弱化した筋膜・腿膜の裂隙(すき間)から、壁側腹膜に包まれた腹腔内臓器が脱出したものである。主に2種類に大別される。①外鼠径ヘルニア、②内鼠径ヘルニアである。①外鼠径ヘルニアは、内鼠径輪からもともと存在する通路である鼠径管を通って腸管が脱出するものである。乳幼児期男児や成人男性に多い。②内鼠径ヘルニアは、横筋筋膜の脆弱化により、もともと穴が開いていない筋膜を突き破って腸管が脱出するものである。壮年期以降の男性に多い。よって、選択肢1.内鼠径ヘルニアと外鼠径ヘルニアに分けられる。が正しい。

 

2.× 患者の男女比は約1:3ではなく、約8:1で男性に多い。
3.× やせている人に多いと一概にはいえない。ただ肥満者にリスクがあるといわれている。
4.× 保存的治療ではなく、手術的治療を行う。なぜなら、成人の場合は自然治癒が見込めないため。

 

 

 

 

 

29 Aさん(45歳、男性)は、10年ぶりに会った友人から顔貌の変化を指摘された。
 顔貌変化を図に示す。
 Aさんの顔貌変化を引き起こしたホルモンはどれか。

1.成長ホルモン
2.副甲状腺ホルモン
3.副腎皮質ホルモン
4.甲状腺刺激ホルモン

解答1

解説

 図は、先端巨大症様顔貌に特徴的な所見である。例えば、軟部組織(鼻部や口唇など)の肥大、下顎の前突、眉弓部の突出が認められる。これらの所見は、下垂体腫瘍からの成長ホルモンの過剰分泌により生じることが多い。よって、選択肢1.成長ホルモンが正しい。

2.× 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は、血中カルシウム濃度を高める作用をもつ。
3.× 副腎皮質ホルモンの過剰によって引き起こされるのは、クッシング症候群である。満月様顔貌となる。
4.× 甲状腺刺激ホルモンの過剰によって引き起こされるのは、バセドウ病である。眼球突出がみられ、甲状腺ホルモンの低下で生じる粘液水腫では、粘液水腫顔貌を呈する。

バセドウ病(メルゼブルグの三徴候)

眼球突出・甲状腺腫・頻脈

 

 

 

 

 

30 低血糖時の症状はどれか。

1.発疹
2.徐脈
3.冷汗
4.多幸感

解答3

解説

 低血糖は、副腎髄質ホルモンであるカテコールアミンの分泌が増加し、まず交感神経刺激症状が起こる。冷汗(発汗)、頻脈、手指振戦、顔面蒼白、血圧上昇、不安感などの症状がみられる。その後、重症例の場合では、中枢神経症状もみられる。よって、選択肢3.冷汗が正しい。

 

1.× 発疹は、感染症や薬物などにより生じる。
2.× 徐脈ではなく、頻脈が生じる。
4.× 多幸感ではなく、不安感が生じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。