第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前31~35】

31 手の写真を下図に示す。
 写真の斜線部分で、正中神経の圧迫によって知覚異常を生じる部位を示しているのはどれか。


1.A
2.B
3.C
4.D

解答3

解説

1.× A:小指側(尺側)の感覚支配は、尺骨神経である。運動麻痺により鷲手を生じる。
2.× B:手掌の真ん中の感覚を一本で支配する末梢神経は存在しない。手掌の感覚領域は、正中神経(母指から薬指の橈側半分まで)と尺骨神経(小指と薬指の橈側半分まで)による。
3.〇 正しい。C:手掌の母指半分と薬指の半分までの感覚支配は、正中神経である。運動障害により猿手を生じる.
4.× D:母指側(橈側)の外側の感覚支配は、橈骨神経である。運動障害により下垂手を生じる。

 

 

 

 

 

32 疫学的因果関係があると判断できるのはどれか。

1.要因と疾病の関係が生物学的研究で得られた事実と異なる。
2.特定の要因と疾病の関係に特異的な関連が存在する。
3.要因と疾病の関係でオッズ比が1である。
4.要因と疾病の関係が散発的である。

解答2

解説

1.× 要因と疾病の関係が生物学的研究で得られた事実と異なれば、関連の整合性から外れている。
2.〇 正しい。特定の要因と疾病の関係に特異的な関連が存在すれば、関連の特異性に該当する。ただ、この条件のみで因果関係ありとは判定できず、他の判定基準も考慮した総合的な判断が必要である。
3.× 要因と疾病の関係でオッズ比が1であるのは、関連の強固性から外れている。オッズ比が1ということは、要因と疾病に関連がないことを示している。
4.× 要因と疾病の関係が散発的であれば、関連の一致性から外れている。「散発的である」とは、結果が一貫していないことを表している。

疫学的因果関係の判定基準

①関連の時間性:暴露が疾患の発生よりも前に存在する。
②関連の一致性:複数の同様の関連性がみられる。
③関連の強固性:相対危険比が高い。
④関連の特異性:要因と結果に得意的な関係を認める。
⑤関連の整合性:生物学的に矛盾なく説明できる。

 

 

 

 

 

33 平成27年(2015年)の日本の結核対策で増加が問題とされているのはどれか。(※不適切問題:解答2つ)

1.新登録結核患者数
2.菌喀痰塗抹陽性の肺結核患者数
3.外国生まれの新登録結核患者数
4.新登録結核患者における20歳代の割合

解答3/4
理由:設問が不明確で複数の選択肢が正解と考えられるため。

解説

1~2.× 新登録結核患者数/菌喀痰塗抹陽性の肺結核患者数は、平成12年以降、減少し続けている。
3.〇 正しい。外国生まれの新登録結核患者数は、平成26年以降、増加し続けている。特に20歳代で外国生まれの新登録結核患者数の増加が目立つ。
4.〇 正しい。新登録結核患者における20歳代の割合は、平成26年以降、わずかに増加し続けている。新登録結核患者における20歳代の割合は、日本生まれの患者では減少しているが、外国生まれの患者で増加している。

 

 

 

 

 

34 トータル・ヘルスプロモーション・プラン(THP)で実施されるのはどれか。

1.がん検診
2.健康測定
3.一般健康診断
4.特定健康診査

解答2

解説

1.× がん検診は、『健康増進法』に基づく健康増進事業として、市町村が住民に対して行うがんの早期発見・早期治療のための検診である。
2.〇 正しい。健康測定は、トータル・ヘルスプロモーション・プラン(THP)実施の第1段階である。産業医が中心となって行う。
3.× 一般健康診断は、『労働安全衛生法』に規定され、事業主が実施するものである。
4.× 特定健康診査、『高齢者の医療の確保に関する法律』に規定され、医療保険者が40歳から74歳までの被保険者・被扶養者に対して行う生活習慣病の早期発見・予防のための健診である。

トータル・ヘルスプロモーション・プラン(THP)

 「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」に基づき、トータル・ヘルスプロモーション・プラン(THP)が推進されている。THPは、①健康測定→②健康指導→③実践活動→④生活習慣改善と職場の活性化→⑤健康づくり計画→①へ戻るというPlan→Do→Check→Act(PDCA)サイクルの形をとっている。

 

 

 

 

 

35 健康寿命の説明で適切なのはどれか。

1.生活習慣病の予防は健康寿命を伸ばす。
2.2013年の健康寿命は2011年よりも短い。
3.2013年の健康寿命は女性より男性のほうが長い。
4.平均寿命と健康寿命の差は健康上の問題なく日常生活ができる期間である。

解答1

解説

1.〇 正しい。生活習慣病の予防は、健康寿命を伸ばす。健康寿命の定義は、「健康で活動的に暮らせる期間、あるいは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」である。生活習慣病の予防、社会生活を営むために必要な機能の維持および向上等により、健康寿命の延伸がもたらされる。
2.× 2013年の健康寿命は、2011年よりも短いのではなく長い。厚生労働省によれば、健康寿命は、男性が70.42年(2010年)→71.19年(2013年)、女性が73.62年(2010年)→74.21年(2013年)である。健康寿命は、男女ともに2013年のほうが長い。
3.× 2013年の健康寿命は、女性より男性のほうが長いのではなく短い。2013年の健康寿命は、男性:71.19年女性:74.21年である。
4.× 平均寿命と健康寿命の差は、健康上の問題なく日常生活ができる期間であるではなく、日常生活に制限のある「不健康な期間」のことを示す。健康上の問題なく日常生活ができる期間であるのは、健康寿命の説明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。