第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後36~40】

36 入浴時に全身の血液循環を促進する作用はどれか。

1.鎮静作用
2.浮力作用
3.抗酸化作用
4.静水圧作用

解答4

解説

1.× 鎮静作用は、全身の血液循環を促進する作用はない。鎮静作用とは、中枢神経に働きかけて興奮を抑える作用である。ぬるめの湯での入浴では副交感神経が刺激されるため、鎮静作用を得られる。
2.× 浮力作用は、全身の血液循環を促進する作用はない。浮力作用とは、水により重力が軽減される作用である。
3.× 抗酸化作用は、全身の血液循環を促進する作用はない。抗酸化作用とは、生体内でできる活性酸素を抑制する働きのことである。
4.〇 正しい。静水圧作用は、全身の血液循環を促進する。静水圧作用とは、体表にかかる水圧による作用である。入浴時に得られる効果のひとつであり、これによって静脈やリンパ管が圧迫されて血液循環が促進される。

 

 

 

 

 

37 1回換気量に関係なく吸入酸素濃度を調節できる器具はどれか。

1.鼻カニューレ
2.フェイスマスク
3.ベンチュリーマスク
4.リザーバー付酸素マスク

解答3

解説

(※写真:ベンチュリーマスク)

 

 ベンチュリーマスクは、ダイリューターと呼ばれる酸素濃度調整器具によってベンチュリー効果を生み出す酸素吸入器具である。ダイリューターの選択によって、24~50%に吸入酸素濃度を調整することができる。ほかの器具は、酸素の流量以外の空気は室内の空気を吸入しているため、1回換気量が変化すると吸入酸素濃度は変化する。よって、選択肢3.ベンチュリーマスクが正しい。

 

1.× 鼻カニューレは、供給される酸素量が1回換気量に達しない低流量システムである。そのため、患者の1回換気量によって吸入酸素濃度が変化する。
2.× フェイスマスク(酸素マスク)も低流量システムである。そのため、鼻カニューレ同様に患者の1回換気量によって吸入酸素濃度が変化する。
4.× リザーバー付酸素マスクは、吸気時にリザーバー内に貯めた酸素をチューブから送られた酸素と一緒に吸入する。そのため、患者の1回換気量によって吸入酸素濃度が変化する。

ベンチュリー効果

空気や水が狭い部分を通るときに流速が増加して、陰圧を生じることをいう。

ベンチュリーマスクのような高流量システムではこれを利用し、室内空気を取り込んで酸素濃度とトータルフローを調整している。

 

 

 

 

 

38 成人患者への薬剤の投与方法で正しいのはどれか。

1.筋肉内注射は大殿筋に行う。
2.点眼薬は結膜囊に滴下する。
3.皮下注射は前腕内側に行う。
4.食間の指示の経口薬は食事中に服用させる。

解答2

解説

1.× 筋肉内注射は、大殿筋ではなく、通常は三角筋大腿四頭筋中殿筋に行う。大殿筋下には、坐骨神経が走行しており、神経損傷の危険性があるため適さない。
2.〇 正しい。点眼薬は結膜囊に滴下する。点眼薬は、眼険結膜と眼球結膜の間に位置する結膜嚢に滴下し、貯留され、目の奥へと浸透していく。
3.× 皮下注射は、前腕内側ではなく、上腕伸側三角筋の上部(上腕後側部)に行う。前腕内側(屈側)に行うのは、皮内注射である,
4.× 食間の指示の経口薬は、食事中ではなく、食事の2~3時間後に服用させる。例、消化性潰瘍治療薬など。

 

 

 

 

 

39 永久的止血法に含まれるのはどれか。

1.止血帯法
2.タンポン法
3.血管結紮法
4.間接圧迫止血法

解答3

解説

止血法は、一次的止血法(緊急時の応急止血)と、永久的止血法(完全止血を期待できる)に大別される。

 

1.× 止血帯法は、一時的止血法である。止血帯法とは、止血帯を用いて、出血部より中枢側の動脈を圧迫して、出血部の血流を遮断し止血する方法である。
2.× タンポン法は、一時的止血法である。タンポン法とは、出血部位にガーゼなどを詰めて圧迫し止血する直接圧迫法のひとつである。
3.〇 正しい。血管結紮法は、永久止血法である。血管結紮法とは、糸を用いて血管を縛る外科的な止血法である。永久止血法はほかに、電気メスなどを用いた熱凝固による止血、局所止血剤による止血などが挙げられる。
4.× 間接圧迫止血法は、一時的止血法である。間接圧迫止血法とは、出血部より中枢側の動脈を圧迫して、出血部の血流を遮断し止血する方法である。

 

 

 

 

 

40 成人に行う頭部MRI検査で正しいのはどれか。

1.造影を伴わない場合は検査直前まで飲食してよい。
2.使い捨てカイロは装着したままでよい。
3.検査中は手足を自由に動かしてよい。
4.補聴器は装着したままでよい。

解答1

解説

1.〇 正しい。造影を伴わない場合は、検査直前まで飲食してよい。しかし、造影剤を使用する場合は、副作用である嘔吐により誤嚥する可能性があるため、検査前4時間程度飲食が制限される。
2.× 使い捨てカイロは、装着したままではなく、必ず外す必要がある。なぜなら、使い捨てカイロには鉄粉が含まれており、MRIの強力な磁力により発熱し、やけどする可能性や中身が飛び散る可能性があるため。
3.× 検査中は、手足を自由に動かしてはならない。なぜなら、撮像中に身体を動かすと正しい検査画像が得られないため。安静にしている必要がある。
4.× 補聴器は、装着したままではなく、必ず外す必要がある。なぜなら、MRIの発生する強力な磁力により、補聴器が破損する可能性があるため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。