第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前41~45】

41 右中葉領域で粗い断続性副雑音(水泡音)が聴取された場合の体位ドレナージの体位を図に示す。
適切なのはどれか。

解答2

解説

1.× 仰臥位は、背部の貯留した気道分泌物を排出しやすい。
2.〇 正しい。右中葉は右前胸部に位置する。したがって、右側が上になる左側臥位が適している。
3.× 右側臥位は、左肺などの貯留した気道分泌物を排出しやすい。
4.× 45°ギャッジアップ座位は、肺尖部の貯留した気道分泌物を排出しやすい。

 

 

 

 

 

42 20℃から24℃で保存するのはどれか。

1.全血製剤
2.血漿製剤
3.赤血球液
4.血小板製剤

解答4

解説

1.× 全血製剤は、2~6℃で保存する。有効期間は、採血後21日間である。全血製剤は、大量出血で赤血球と血葉を同時に補う必要がある場合に使用する。
2.× 血漿製剤は、-20℃以下の冷凍保存する。新鮮凍結血漿製剤は、主に凝固因子の補充を目的として使用される。
3.× 赤血球液は、2~6℃で保存する。その有効期間は採血後21日間である。
4.〇 正しい。血小板製剤は、20~24℃で保存する。有効期間は採血後4日間である。振とう器で、ゆっくり揺らしながらガス交換を促して乳酸の蓄積を防ぐ必要がある。

 

 

 

 

 

43 穿刺と穿刺部位の組合せで適切なのはどれか。

1.胸腔穿刺:胸骨体第2肋間
2.腹腔穿刺:剣状突起と臍窩を結ぶ直線の中間点
3.腰椎穿刺:第1・2腰椎間
4.骨髄穿刺:後腸骨稜

解答4

解説

1.× 胸腔穿刺は、胸骨体第2肋間ではなく、気胸の場合は、第2~3肋間鎖骨中線の肋骨上縁、胸水の場合は、背側の第6~8肋間である。
2.× 腹腔穿刺は、剣状突起と臍窩を結ぶ直線の中間点ではなく、腹直筋を包む筋膜である腹直筋鞘内の腹壁動静脈を損傷しないよう、それを避けた、①左右上腹部、②マックバーニー点(腹部右側)、③モンロー点(腹部左側)、④臍下2~3cmの部位いずれかである。
3.× 腰椎穿刺は、第1・2腰椎間ではなく、第3・4腰椎間あるいは第4・5腰椎間である。
4.〇 正しい。骨髄穿刺は、後腸骨稜である。胸骨を穿刺する場合もある。

 

 

 

 

 

44 作業と健康障害の組合せで正しいのはどれか。

1.VDT作業:栄養機能障害
2.有機溶剤を扱う作業:呼吸機能障害
3.電離放射線を扱う作業:造血機能障害
4.石綿(アスベスト)を扱う作業:排尿機能障害

解答3

解説

1.× VDT(Visual Display Terminals)作業とは、ディスプレイ画面を見続けることによって生じる眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの視機能障害や、キーボード操作・座位姿勢を保つことによって生じる頚肩腕症候群などの問題となることである。栄養機能障害との関係は低い
2.× 有機溶剤を扱う作業とは、粘膜・皮膚刺激症状、中枢神経・末梢神経障害、造血障害、肝障害、腎障害などがある。上気道刺激症状(鼻汁、咳、痰など)もあるが、呼吸機能障害(呼吸不全、低酸素血症状態)とは異なる。
3.〇 正しい。電離放射線を扱う作業は、造血機能障害が問題となる。早期障害として赤血球減少(貧血)、白血球減少(免疫機能低下)、血小板減少(出血傾向)がある。晩発障害として白血病の発生がある。
4.× 石綿(アスベスト)を扱う作業は、石綿肺、肺癌、悪性胸膜中皮腫など、呼吸器疾患やそれによる呼吸機能障害が問題となる。

 

 

 

 

 

45 救急外来を受診した成人患者で、治療の緊急度が最も高いのはどれか。

1.2時間ほど前から右上下肢に力が入らず、ろれつが回らない。
2.3日前にペットの葬儀が終わり、食欲がなく、夜眠れない。
3.プールでの日焼けによって背部全体が発赤している。
4.市販の風邪薬を通常の2倍量服用した。

解答1

解説

1.〇 正しい。2時間ほど前から右上下肢に力が入らず、ろれつが回らない場合、治療の緊急度が最も高い。上記症状は、急性発症の右半身の麻痺と構音障害であり、脳梗塞や脳出血を疑う所見である。至急、対応が必要である。
2.× 3日前にペットの葬儀が終わり、食欲がなく、夜眠れない場合、緊急度は高くないが患者の気持ちを聞いて共感することが大切となる。大切にしていたペットが亡くなり、意気消沈している状態である。
3.× プールでの日焼けによって背部全体が発赤している状態は、紫外線による皮膚の炎症である。日焼け(皮膚が発赤した状態)は、自然に改善するが、皮膚の状態によっては早期対応や入院が必要となることがある。
4.× 市販の風邪薬を通常の2倍量服用した場合でも、経過観察のみで問題はなく、具合が悪くなった際にはすぐに連絡をいれるように説明して、安心してもらうことが大切である。薬などを大量に服用した場合は、内容と服用量の確認が必要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。