第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後41~45】

41 Aさん(48歳、男性)は、仕事中に生じた胸部と右肩の違和感を主訴に来院した。バイタルサインは安定しているが、スタンフォード分類B型の急性大動脈解離と診断され、医師から手術を勧められた。
 治療の選択で迷っている様子のAさんへの対応で適切なのはどれか。

1.「医師からの治療のリスクや合併症の説明で、不明な点はありますか」
2.「手術を受けるか受けないか、すぐに決めたほうがよいです」
3.「医師の判断に任せるのが一番よいと思います」
4.「緊急度が高いので、話はあとにしましょう」

解答1

解説

インフォームドコンセントとは、患者・家族が病状や治療について十分に理解し、また、医療職も患者・家族の意向や様々な状況や説明内容をどのように受け止めたか、どのような医療を選択するか、患者・家族、医療職、ソーシャルワーカーやケアマネジャーなど関係者と互いに情報共有し、皆で合意するプロセスである。

 

1.〇 正しい。「医師からの治療のリスクや合併症の説明で、不明な点はありますか」・・・スタンフォード分類B型の急性大動脈解離には、薬物療法だけでなく手術療法も検討されることがあり、リスクや合併症も異なる。Aさんは治療の選択で迷っている様子であることから、医師からの説明でわからなかったことがないか聞くことは、インフォームド・コンセントの観点から重要である。
2.× 「手術を受けるか受けないか、すぐに決めたほうがよいです」・・・治療法の選択を急かせるのではなく、Aさんが納得のいく判断ができるよう援助するのが望ましい。
3.× 「医師の判断に任せるのが一番よいと思います」・・・患者自身が治療内容を理解し、患者自身が治療を選択することが重要である。看護師の一方的な意見を押し付けることは適切ではない。
4.× 「緊急度が高いので、話はあとにしましょう」・・・緊急度が高い場合でも、患者が理解しないままの状態で治療の選択をさせてはならない。緊急事態で時問的余裕がない場合、説明を省略する可能性もあるが、今回Aさんはコミュニケーションがとれており、バイタルサインも安定しているため、省略するのは適切ではない。

 

 

 

 

 

42 Aさん(64歳、男性)は、2年前に前立腺癌と診断され、内分泌療法を受けていた。1か月前から体動時に強い痛みが腰部に生じるようになり、外来を受診したところ腰椎転移と診断された。
 Aさんに生じている痛みで最も考えられるのはどれか。

1.関連痛
2.体性痛
3.中枢痛
4.内臓痛

解答2

解説

1.× 関連痛は、肝臓の病変により肩や背中に痛みを感じるなど、刺激が加わった部位とは異なる部位に出現する痛みのことである。内臓からの痛覚線維が、皮膚や骨格から入る痛覚線維と脊髄で合流しているために起こる。Aさんには腰椎転移があり、刺激が加わった部位と痛む部位とが一致しているため、これには該当しない。
2.〇 正しい。体性痛は、皮膚や骨、筋肉などの体性組織が炎症や損傷などのダメージを受けることにより生じる。損傷部位に限局したズキズキと持続する痛みや、動かしたり圧迫したりしたときに痛みが増強することが特徴である。
3.× 中枢痛は、中枢神経の損傷や機能障害による痛みのことである。脳卒中後疼痛、脊髄損傷後疼痛などがある。腰椎転移では中枢神経は損傷しないため、これには該当しない。
4.× 内臓痛は、内臓が何らかのダメージを受けることによって生じる。痛む部位がはっきりせず、鈍い痛みや押されるような痛みとして表現されることが特徴である。原因として、管腔臓器の腫瘍圧迫による閉塞、消化管内圧の上昇、固形臓器の被膜伸展により生じる。Aさんに内臓の損傷はなく、当てはまらない。

 

 

 

 

 

43 成人患者の気管支喘息の治療で正しいのはどれか。

1.テオフィリンの投与中は血中濃度の測定が必要である。
2.副腎皮質ステロイド薬吸入後の含嗽は必要ない。
3.インフルエンザワクチン接種は禁忌である。
4.発作時にはβ遮断薬を内服する。

解答1

解説

1.〇 正しい。テオフィリンの投与中は、血中濃度の測定が必要である。テオフィリンは気管支拡張薬であり、喘息の治療に用いられる。テオフィリンは、有効安全域が狭く個人差が大きいため、血中濃度5~15μg/mLを目標としたモニタリングが必要である。
2.× 副腎皮質ステロイド薬吸入後の含嗽は、必要である。なぜなら、口腔内や喉に付着したステロイドの影響により、口腔内カンジダや嗄声といった副作用が起こることがあるため。
3.× インフルエンザワクチン接種は、禁忌ではなく推奨される。なぜなら、気管支喘息の患者はインフルエンザによって喘息症状が悪化することがあるため。
4.× 発作時にはβ遮断薬ではなく、β2刺激薬を内服する。なぜなら、β2刺激薬には気管支拡張作用があり、吸入で使用すれば即効性が期待できるため。一方、β遮断薬には、気管支収縮作用があるため、喘息は悪化する。

 

 

 

 

 

 

44 経皮的腎生検を受ける患者への説明で適切なのはどれか。

1.検査中の体位は仰臥位とする。
2.穿刺時にくり返し深呼吸をする。
3.検査後はベッド上安静とする。
4.検査後2日間は禁食にする。

解答3

解説

1.× 検査中の体位は、仰臥位ではなく、腹臥位とする。なぜなら、仰臥位では、腸管ガスなどにより超音波で腎臓を確認しにくいことに加え、生検を行う際の穿刺で腸管などを損傷するおそれが強いため。
2.× 穿刺時に、くり返し深呼吸をするのではなく、呼吸を止めてもらう。なぜなら、腎臓の呼吸性移動を抑制するため。
3.〇 正しい。検査後は、ベッド上安静とする。なぜなら、穿刺による合併症として出血が多く、穿刺後の止血は必要不可欠であるため。腎臓は、心拍出量の約20%が濯流しており、脳の次に血流が豊富な臓器であり体動により出血が助長する可能性がある。生検後は、12~24時間程度ベッド上安静とする。
4.× 検査後2日間は、禁食にする必要はない。当日より飲食が可能である。全身麻酔で行うような開放腎生検や腸管損傷などの合併症がない限りは、禁食とする必要はない。

 

 

 

 

 

 

45 糖質コルチコイドの分泌が長期に過剰となった状態の身体所見で正しいのはどれか。

1.眼球突出
2.甲状腺腫大
3.頻脈
4.満月様顔貌

解答4

解説

 糖質コルチコイドとは、副腎皮質から分泌されるコルチゾールを指す。コルチゾールの過剰分泌によって起こる疾患はクッシング症候群と呼ばる。代表的なクッシング徴候は、①満月様顔貌、②中心性肥満、③水牛様肩、④赤色皮膚線条、⑤皮膚菲薄化などである。したがって、選択肢4.〇 正しい。満月様顔貌が正しい。

 

1~3.× 眼球突出/甲状腺腫大/頻脈/は、バセドウ病で認められるメルゼブルグの三徴候と呼ばれるものである。バセドウ病は、自己免疫異常により甲状腺機能が亢進し甲状腺ホルモンが過剰になることで生じる。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。